実際に気温が2℃近く下がるって!?

キミにもできる温暖化対策「打ち水大作戦」が始まったぞ

2005.07.21 THU

いや~アツはナツいねぇ。なんて、日本古来のトラディショナル・ジョークを飛ばしてみても、涼しくなるのはオノレのココロだけ…。地球温暖化だかヒートアイランド現象だか知らないけど、誰かいい加減なんとかしてくれよぉ…って!

この暑さ、俺の力でなんとかできちゃうの?? と、キミの目からウロコが落ちること確実の画期的イベントが、今年も開催されるんですってよ。

その名もズバリ「打ち水大作戦」。

みんなで揃って“打ち水”をしよう! という実にシンプルな内容ながら、昨年は全国で800万人を超える参加者を集め、地域の気温を最大で約1・8℃も下げてしまったこのイベント。国や企業といったレベルでないと、どうにもならないかのように思えるヒートアイランド現象や地球温暖化に、個人の力で立ち向かえるとあって、2003年のスタート以来、その規模をドンドン拡大しているんです。

“打ち水”というと、和服姿のご婦人が、瀟洒なお宅の門前にチョロチョロとお水をまく、レトロチックな夏の“気休め”と思われがちだが、これがアナタ。瀟洒とはホド遠い、焼け付くアスファルトの上はもちろん、自宅やアパートの壁にでも、とにかく実際に打ち水をしてみなさいって。科学的に書けば「地面にまいた水の蒸発効果により地表面の温度が下がり、地表面からの熱放射を和らげることによって」、付近の気温が体感できるほど下がってしまうんだから、結構ビックリしますよ。

今年の実施期間は7月20日~8月31日まで。8月10日には「全国いっせい打ち水」と称して、正午の合図とともに全国の参加者で一斉に打ち水を行う予定です。単に、具体的な地球温暖化対策であるだけでなく、環境問題に対する意識をみんなで共有したい、という意図も込められている「打ち水大作戦」。こんなに手軽に実行できるエコ・イベントも珍しいので、ぜひ皆さんも参加してみてほしいものです。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト