9月18日は中秋の名月

これを機に風流な月の呼び名を覚えよう!

2005.09.01 THU

9月18日は中秋の名月。一年でもっとも美しい満月が見られる日です。しかし、「きれいな月ね」とささやく彼女に「うん、丸いね」だけでは、「そのまんまかよ!」と三村ばりの突っこみが返ってきても文句は言えません。日本では古来より、その姿形に応じて様々な呼び名で月を愛でてきました。せっかくなので、この機会に覚えときましょう。

と、その前に「中秋ってどういう意味?」という素朴な疑問が。JAXA(宇宙航空研究開発機構)などが主催する月の情報サイト、「月探査情報ステーション」を管理・運営する寺薗淳也さんに聞きました。「旧暦では7月から9月が秋。ちょうど真ん中の8月15日(今年は新暦9月18日)を中秋といいます。空気が澄んでいるため、この日の満月は特に美しいと言われているんですよ」(寺薗さん)。

では、あらためて風流な月の呼び名を。何も見えない状態の「新月」以降、一日ごとに「三日月」、「七日月」と月齢を重ねるにつれて丸みを帯び、「十五夜」で満月に。さらに、「十六夜」(満月より出るのが少し遅れるところから[いざよい=ためらう]という意味)、「立待月」(月が出るのを立って待つ)、「居待月」(立って待つのに疲れて座った)、「寝待月」(もう寝て待つよ)、「更待月」(夜更けまで待たないと出てこない)と続きます。もう、月を待ちっぱなしですね、昔の日本人。

また、十六夜以降の明け方まで残る月を「有明の月」と呼び、平安時代には一夜をともにした男女が別れる切なさを詠んだ「有明のつれなく見えし別れより暁ばかり憂きものはなし」という艶っぽい和歌も。

9月18日は奇しくも3連休の真ん中。覚えた蘊蓄で彼女といい雰囲気になったら、丸い月を見上げてオオカミ男に変身するのもアリですよ!

念のため、中秋の月を眺める方角は「東から昇って深夜に南中、やがて西に沈みます」(寺薗さん)を参考に。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト