「人工オーロラ発生装置」が実演開始

世界初の試み!江の島でオーロラが発生!?

2006.08.17 THU

神秘的な光を放ちながらゆらめく、オーロラ。…今までは、極寒の極地に行かないと目にできない、とても遠い存在だと思っていました。それが最近、ごく身近な場所で見ることができるようになったんです。

その場所は、なんと江の島にある「江の島アイランドスパ」。8月からプールサイドにオーロラの人工発生装置を設置、毎日、夕方6時と夜8時からオーロラショーを開催しています。このオーロラは、世界で初めて自然界のオーロラと同じ仕組みで発生させることに成功したんだそう。でも、そもそもオーロラってどうして発生するの? 開発に携わった南教授に聞きました。

「太陽の表面を離れた粒子が地球に到達し、大気中の原子と衝突、その結果放電発光するのがオーロラです」(大阪市立大学・南教授)
というわけで、早速オーロラを初体験。オーロラが発生してるのは、縦2.2m×横2.8m×奥行き1.4mの空間の中。その神秘的な色と揺らめきに、なんだか癒やされるような不思議な感覚。感動です…。

これまでも、真空放電現象を利用したオーロラ発生装置は存在していたようですが、この新しい装置とは大きな違いがあり、天然のオーロラの仕組みを再現するには、さまざまな苦労もあったようです。
「これまでのオーロラ発生装置は、『オーロラは宇宙から見たらどうなるか?』を演示したものだといえます。今回は、地上でみるオーロラをそのままの形で再現するため、カーテン状に揺れ動く姿として作り出した点が大きな違いです。オーロラの発生原理に忠実に従い、我々が極地で見たときと形や雰囲気まで同じに見せるため、新しい工夫をたくさん盛り込んだ点が、苦労した部分でもありました」(同)

この技術を利用すれば、原理的にはもっと大きなオーロラを出すことも可能なんですって。ただ、かなりの費用がかかるとか。お金があれば、巨大オーロラ付きの庭なんてのも夢じゃない!? 

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト