気になるアレを読んでみた!

女性誌のSEX特集には何が書かれているんだ!?

2007.05.17 THU



イラスト:つるけんたろう
“エロかわいい”なんて言葉が流行するくらいです。女性は性に対して積極的になったようで、女性誌でSEX特集が掲載された号はたいそう売れるとか…。あら、くしくも『MORE』(集英社)と『日経WOMAN』(日経ホーム出版社)の6月号、どちらもSEX特集ですよ! そこで、まずはSEX特集がウケる理由を、女性誌に詳しい社会心理学者の吉田宣義さんに聞いてみました。

「女性がSEXに対して積極的になっているとはいえ、情報源がたくさんある男性と違い、女性の場合は他人に聞くのも恥ずかしいし、実はわからないことが多い。だから雑誌の読者アンケートやハウツーは貴重な情報源になるんです」

確かに『MORE』は「MOREガール1000人のリアルSEX事情」、『日経WOMAN』は「働く女性1000人のセックスリポート」と、どちらも読者の声が中心の構成。やはり女性がまず知りたいのは「みんなはどうしてる?」のようだ。また、「パートナーに求めるもの」はどの雑誌のアンケートでも多いのはSEXの相性よりも気遣いや包容力という意見。やはり日本の女性はしおらしいスなぁ…と感心してたら、一方で「不満なこと」はテクニックや回数の少なさだとか。女性誌SEX特集のパイオニア『an・an』(マガジンハウス)の去年の特集に至っては“スクリュー”や “ハーモニカ”といった荒技から3Pやマスターベーション、果てはアナ…くっ!! 男性誌である本誌ですら書けないほど、ハウツーの内容は過激になってるんです。先生、女性の本音がわかんねッス…。

「女性ならではのSEX観が確立されてきているので、男性本位の妄想的な行為や、おざなりな言動は要注意です。男性もAVを観るよりも女性誌をチェックする方が勉強になるかもしれませんよ(笑)」(同氏)

よ~し、後学のためにこれからは女性誌を熟読します! なになに、女性はアレよりキスの方が大事!?…イチから出直してきます。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト