宇宙旅行時代到来! そして…

いずれ、僕らも宇宙に行けるかもしれない!!

2007.05.31 THU

30億円。本格的な宇宙旅行のお値段です。夢も希望も抱けないというか、どだい庶民には縁のない話だとあきらめかけていたら、実は宇宙旅行もピンキリで様々なコースがあるみたいです! なかでも今もっとも注目されているという「宇宙体験旅行」は約1200万~2400万円だとか…。30億円よりはグッと親近感があるけど、はたしてどんな“体験”ができるのか?その内容を『宇宙の歩き方』(ランダムハウス講談社)の著者、林 公代さんに聞いてみた。

「宇宙体験旅行とは、宇宙船で高度100km以上まで上昇し、宇宙と地上の境界をふわりと超える旅です。飛行時間は約1時間から3時間。旅行というよりは“宇宙を体験できるアトラクション”というイメージですね。無重力状態を約5分間体験し、広大な宇宙空間と丸く弧を描く地球の稜線を眺めることができます。現在、アメリカやロシアなど世界中の航空・宇宙関連のベンチャー企業が開発を進めていて、早ければ再来年にも運行が開始されますよ」

さ、3時間!? 意外だけど、逆にリアル…。また、「月旅行」など本格的なコースの場合は、6カ月以上ロシアで暮らし、語学や飛行原理の講義、無重力訓練やサバイバル訓練などのハードな試練を乗り越える必要があるが、宇宙体験旅行なら事前に2~3日間の重力耐性訓練や健康診断を受けるだけ。基本的に健康な人なら誰でも参加可能で、特別な資格も必要ナシ! ひとたび乗ってしまえば、たった3時間のフライトだもの、食事やトイレなどのストレスを感じるひまはありません。普通の海外旅行よりも荷造りだってシンプル。意外にも心配することは少ないみたい。となると、残るは金額の問題だけだが…。

「今後数年の黎明期を過ぎれば、各社のサービス競争が始まります。いずれは一般人でも手を出せる価格になりますよ」(林氏)

いずれ、誰もが一度は描いた夢が現実に。…つか、いずれっていつのことなんですかー!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト