密着空間内の体臭や口臭…

電車内で気になるニオイと「液体」の深~い関係って!?

2007.08.23 THU

満員電車に乗っていて気になる嫌なニオイといったら何? というアンケート調査によると、電車内の嫌なニオイ界の2トップは「体臭」と「口臭」との結果が出た。

確かに、他人との密着を強要される空間でそれらに出くわすのはちょっとキビシイ…。しかも、ひょっとして自分もときどきこんなニオイを放っているんじゃ…という不安に駆られることもある。このテのニオイって自分じゃなかなか気づかないというのがまたやっかいなところですよね。

ところで「体臭」と「口臭」、この両者は、それぞれ人間の身体から出る別々の「液体」と深い関わりがある。それは何か?

「体臭」の場合は「汗」だ。ただし、エクリン腺という、全身に分布する汗腺から出る汗はサラサラ。なんと、この汗自体にはニオイがほとんどないらしい。一方、アポクリン腺という腋の下やへその周囲など身体の一部に分布する汗腺から出る汗には、ミネラル分などが多く含まれており、粘りがあってニオイもキツい。つまり「ドロドロ汗」だ。いつも「サラサラ汗」をかきたいなら、適度な運動をする、エアコンに頼る生活環境を変えるといったことで汗腺の機能をアップさせる必要があるという。

「口臭」については、以前にもランキンレビューで取り上げたことがある。日本診療外科研究会代表・五味クリニック院長の五味常明先生によれば、口臭の原因の多くは、「唾液の不足にあり」とのことだった。

「唾液には、リゾチームという酵素があって、食べ物の残りカスなどから出た口の中の細菌を殺してくれる、優秀な天然の消臭剤なんです」(同氏) そのため、よくしゃべったり、食事を摂って唾液を多く出すと、口臭の解消のために役立つとのこと。

ほかには、口呼吸ではなく鼻呼吸をすることもドライマウスを防ぐ効果があるといわれる。また、ガムを噛んで唾液を出すのも、手っ取り早い方法のひとつだ。ロッテからACUO(ブルーミント)が新発売とのこと。お試しあれ。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト