『パギャル!』でブレイク(?)中

ギャル漫画家・浜田ブリトニーにギャル語を教えてもらった!

2007.11.08 THU

男にとって女の子はいつだって謎に満ちているが、なかでもその話す言語といい、ファッションやメイクといい、まるで異星人のように謎の存在なのが「ギャル」という生き物だ。

じつはいま、そのギャルたちの生態を描いた漫画が巷を騒然とさせている。現役ギャル漫画家・浜田ブリトニーが『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の『パギャル!』がそれ。実際、漫画にでてくる3人の渋谷ギャルのおバカでビッチな日々は、まるで「シートン動物記」か「ファーブル昆虫記」を読んでいるかのよう。とくにパネエやとりまとか、その独特のギャル語は欄外にあふれる注釈を読まないとまったく意味がわからないのだ。

ならばギャルを知る第一歩として、まずはギャル語を正しく理解する必要がある。いや、べつに知る必要もないのだが、とにかく作者の浜田ブリトニーさん(自称20歳)に最新のギャル語を聞いてみた――。

「ギャル語っスか? すごい有名ですけど、やっぱ今だと俄然っスね。俄然こっちだべみたいな感じで使うんですよ」

それは普通に日本語なんじゃないの?

「まぢで! じゃあ盛り(別表参照)にも最近種類があるの知ってます? 盛りガン盛りガツ盛りっていうふうに、どんどん上がっていく。あとメチやべえ!とかのメチやメタも進化系。メチは弱いほうなんスけどメタは普通に強い。メチやべえとメチャやばいじゃ全然違うんス!」

ところで、ギャルと仲良くなる方法は?

「話しかけないほうがいいと思う」

いや、そりゃそうだけど(笑)。20~30代の男子になにか的確なアドバイスを。

「オトナはお金持ってないとダメ。で、あいさつはティース!。だから、財布みせてティース!みたいな。これなら絶対ついてく。まぢで。モテモテっスよ(笑)。ワンセクなら全然OKっス」

ちなみにワンセクというのは1回セックスすること。援交か!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト