合コンでもビジネスでも使える!?

どうしても“間が持たない”時に盛り上がれるノーミーントーク術

2008.02.14 THU



イラスト:篠本634
合コンで女性陣は集まってるのに、自分以外の男が来ない! …そんなときって、どんな話をすればいいの? 誰とでもそこそこ盛り上がって、間がもつ会話術が知りたい! そこで、『間をもたせる王者』。サンデージャポンのコメンテーターでおなじみ、ホストクラブ『RyuguJo』の頼朝社長を直撃!

「ポイントは、その場で見えるモノを話題にすること。そして、相手に質問をして答えさせる。たとえば『この服、「似合わない」って言われたんだけど、どう?』って。『いいと思うよ』とか『ボタン一個外したら』ってすぐ答えられるでしょ。そういう質問は、話を始めるのに便利だからね」

で、答えてくれたら…どうするんです?

「答えはなんでもいいの。会話のキーワードを拾うためだから。服の話から、『金と銀ならどっちが好き?』って、どんどん脱線していく。一つの話題を掘り下げるのは難しいからね。1分に1回、話題を切り替えるくらいがいいんだよ。あと話すときは下から目線で。上から目線はNG」(同氏)

たしかに合コンで使えそう! じゃあ、ビジネスで、あまり親しくない相手との場合はどうしたら?『「できる人」の話し方&人間関係の作り方』(フォレスト出版)の著者、箱田忠昭先生にお聞きしました。

「一番のコツは、相手を褒めること。『御社のサイトは見やすくていいですね』『受付の方は、しっかりしていらっしゃいますね』と、なんでもいいから褒める。そのうえで『やっぱり、社内全体で気を使っていらっしゃるんですか?』と、質問して相手にしゃべらせるんです。さらに『この仕事を始めたきっかけは?』『休みのときはどうすごされてます?』という質問も効果的ですよ。そのあとは、ひたすらSOS(すごいですね・驚きました・さすがです、の頭文字)を繰り返す。これですね」

合コンでもビジネスでも、下から目線で質問して答えさせることが有効なんですね。これで明日から沈黙を恐れることはない?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト