正常なのか、異常なのか?

耳鳴りの“キーン音”意外な発信源を発見!?

2008.03.19 WED



イラスト:河合 寛
キーン。夜のしじまに聞こえてくる、この音。キーン。耳鳴りだ。キーいや、待てよ! この音は本当に聞こえているのか? 誰しも「キーン」と聞こえているのか?

まあ、ほとんど場合はストレスを感じるレベルではないけれど、実は耳鳴りのメカニズムはよくわかっていないところが多いそう。音を感じる耳そのものに原因がある場合や、耳から伝わってきた音を認識する脳に原因がある場合、さらにキーンと聞こえる人やジージーと聞こえる人など、症状も原因も千差万別。しかし、ここで意外な事実に遭遇。なんと、耳は自ら音を発することがあるらしいのだ!

「耳の中にある蝸牛といううずまき型の器官が音を発することを耳音響放射といいます。蝸牛は基本的に鼓膜から伝わってきた音を感じる役割を担っていますが、集音マイクを近づけるとわずかな音を発していることが確認できる。つまり、耳鳴りは決して主観的な現象とは言いきれないんですよ」(耳鼻咽喉科医の柳田雅治氏)

まさか自分の耳が発信源にもなるなんてしかし、なんで音が出るんでしょう?

「まず、蝸牛の中には外有毛細胞という音の伝わり方を調節する細胞がおよそ1万も並んでいます。役割は音の伝わり方を調節することですが、特徴は、音を感じるとまるで80年代に流行ったフラワーダンスのようにブルブルと振動すること。そして近年、この振動が耳音響放射の発信源であることがわかったんです」(同氏)

静かなところでは、わずかな音をキャッチして約1000倍に変換するという外有毛細胞。こいつが激しいダンスを踊った結果、くだんのキーン音が発生することがあるのだイライラの犯人、見つけたり! でも逆に、騒がしい場所では音の伝わり方を抑えるそう。たとえばパーティー会場でも会話がクリアに聞こえるのは外有毛細胞のおかげなんだとか。なんだか憎むに憎めない、オチャメなやつだ。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト