めくるめく女子生態学

第5回 女子はなんで占いが好きなの?

2009.09.10 THU

めくるめく女子生態学

---------
私はいつも「男性の裸の雑誌がないのはおかしい!!」と思ってましたよ。
ゲイ雑誌じゃなく、ストレートの男性の裸体が載っている
雑誌が見たいと今でも思っています。
この話をすると、旦那にもドン引きされますが。
私のような女性もいるので、早く女子用のエロ本が現実にならないかな。
その頃にはおばあちゃんかも?
---------
投稿者:ちゅすさん(静岡県/34歳/女性)

ほかにも、「男性の裸体は美しいと思う」というご意見や、
「ボーイズラブが大好き」など、
女性の皆さんからのエロ宣言、多数いただきました。

やっぱり、女性がエロ本に興味がないわけではなく、
現在巷に出回っているエロ本が女性に合っていないだけなんですね。

さて今回は、うってかわって女子が好きな占いについて。
多くの女性誌には占いページがあるし、
女子は血液型や星座から風水、四柱推命など、
男子がよく知らないような占いまで気にしたりしますよね。

どうしてあんなに占いが好きなのか、気になりませんか?
今回もガッチリ謎を解決しちゃいます。
ほとんどの女性誌には巻末に占いコーナーが。雑誌によっては星占いと血液型占いなど、種類の違う2種類の占いが掲載されている場合も。女子って本当に占い好きなんですね

占い好きな女子は聞き上手!?



朝、家でテレビを見ていると、占いコーナーの時間に。ふんふん、今日のAB型は「気になる異性と出会うかも」か。

なんて、占いに詳しくなくても、テレビや雑誌の占いコーナーは気になる、という私のような女子は多いよう。逆に男子は占い否定派が多く、彼女があまりにも占いにハマったためにケンカしたなんてカップルもいます。男子に比べて女子が占い好きなのは、何か理由があるんでしょうか?

「勝負や成功と直接関係のない占いは、現代の男性にとってそもそも無意味。多くの男性は、目的のために一直線に向かい、占いなど自分以外の存在の意見を聞かない傾向にあります。ところが女性は周囲の反応や評価を取り入れながら行動し、男性に比べ他者との相互的なコミュニケーション能力が高いのが特徴。もちろん、占いも意見のひとつとして取り入れます。女性のこういった行動パターンやコミュニケーション能力の高さが、女性が占い好きとされるゆえんです」

教えてくれたのは、慶應義塾大学文学部の山内志朗教授。専門の中世哲学・倫理学のほか占いについても研究し、ご自身も多くの人の手相を観るなど、実践も豊富なのだとか。

「女性は他者の意見だけでなく、状況や運命も判断要素として取り入れます。ところが、状況や運命は把握しにくく、特に人生の転換点では動揺して人の意見も聞いていられません。そこで女性は占いに耳を傾けることで、状況や運命を判断するための目安にしたり、心の中の願望を発見するきっかけ作りをするのです」

何かに迷ったとき、女子は少しでも他人の意見を取り入れるために、占いを利用するのね。でも、何でも占い師さんに占ってもらう女子の存在は疑問。あそこまでハマるのはなぜ?

「占いはストレス解消にもなるんです。他人の意見が聞きたいと思っても、残念ながら、プライベートな相談ができる相手が周りにいないこともあります。そんなとき占い師に見てもらえば、他人に言いにくい悩みも自然と打ち明けられ、ストレスによる衝動的な行動も抑えられるというわけです」

なるほど、占い師さんは身近な話し相手でもあるんですね。

「人の話をきちんと聞けるかどうかもポイントです。占いは常識や世間知の反映であり、誰にでも当てはまる一般的アドバイスの集積。かなりランダムに並べられた一般的な事柄の中から、占われている側が自分に関連する事柄を拾い出し、並べ替えて、筋の通ったストーリーを構築する作業なのです。だから、基本的に占いは当たります。でも、人の話を聞かない人は、その作業がうまくいかないために占いの結果を理解することすらできず、ハマることはありません」

私も占い結果に「意味がわかんない」と思ったことがあります。これって、話したいことだけ話して、ちゃんと聞けてなかったってこと!?

どうやら、占われる側の資質も問われる占い。人の話をきちんと聞いたり、他人の意見を取り入れたりと、日常生活でも「大切」とされるスタンスが必要なようです。信ぴょう性はさておき、男子の皆さんも一度耳を傾けてみてはいかが?
アカデメイア・カレッジの「西洋占星術」の講義風景。この日は15人ほどが受講していました。皆さんメモを取りながら真剣に講義を聴いています。うーん、イメージと違うなぁ…

霊感なんて必要ない!?占い専門学校に潜入!



多くの女性誌には占いページがあるし、血液型や星座から風水、四柱推命など、私を含め女子はとにかく占い好き。でも、占ってもらうばかりじゃつまらない。ここはひとつ、私も自分で自分を占える女になりたい!

ということで、東京・恵比寿にある占い学校「アカデメイア・カレッジ」に潜入! 数ある占術講座の中、「西洋占星術」(星占い)の講義に参加してきました。

「西洋思想の根底には、人間を含め万物は火・地・風・水の4元素(エレメント)から成り立っている、という考えがあります。12星座をこの4つに分類すると、牡羊座、しし座、射手座は火。火のキーワードは勇気、生命力、元気、感動、エネルギッシュなどです」

と始まった講義は、その後、精神分析の分野で有名なユングの名前も飛び出して、まるで大学の授業のような80分間。もっと怪しい雰囲気で、お香が焚かれていたりするのかと思っていたのに、教室も先生もいたって普通。受講生の皆さんはと観察してみると、圧倒的に女性の方が多いものの、男性の姿もチラホラ。平日だったため、大学生くらいの若い方から、かなり年配の方まで年齢層も様々です。

皆さん、占い師になれるんですか? 西洋占星術の担当でもある、関口シュン先生に聞きました。

「スクール独自のライセンス取得を目指し、約1~2年間占いに関する基礎知識を学んだあと、約1年間対面での占いの実践的な経験を積みます。その後は占い師として活動する人もいれば、占いライターになったり、本校の講師として勤める人も。もちろん、ライセンスは目指さず、純粋に趣味で占いを学ぶだけという方もいます」

さ、3年。やはり一朝一夕には無理なんですね。そもそも、私は霊感もないし。

「よくいわれますが、霊感はまったく必要ありません。たしかにそういう人もいますが、私自身、霊感はありません。占い師というとキワモノのように思われがちですが、講義で知識と技術を学び、実践で経験を積めばいいので、基本的には一般の仕事と同じなんです」

それは意外! もっと怪しげな世界かと。

「特に男性の中には『占いはなんとなく怪しい』『信ぴょう性がない』と、食わず嫌いの人が多いですが、本当にもったいない。占いで相手の特性がわかればビジネス上の人間関係もうまくいくし、何より女性へのアプローチもグッと簡単に。占いにまったく反応しない女性はほとんどいないので、何かひとつ占えるだけで、場の人気者になれることは間違いなし。ベタですが、手に触れられる手相や、顔を近くで見られる人相なんかはオススメですね。でも、占いは人の人生を左右する責任重大なもの。遊びと本気との区別をきちんとつけて、占いを活用してほしいですね」

男子はもともと凝り性なので、一度ハマれば女子より熱心な受講生も多いそう。皆さん、占いへの興味はなくても、女子への興味は旺盛なはず。女子目当てで占いを学んでみるのもアリかも!? 占いって、不思議。
今回調べてみて、本当にそう思いました。

信じる人にとっては人生を左右するほどのお言葉なのに、
信じない人にとってはただの気休め。
でも、占いとちょうどいい距離感が保てれば、ビジネスにも恋愛にも
いい影響が出たりするんですね。

皆さんは占いとどう付き合っているのか、ぜひぜひお便りください。

さて次回は、女子の永遠のテーマ「ダイエット」について調べますよ。
日本では、痩せている女子もそうでない女子も、年がら年中「ダイエット」と大合唱。
でも、男子はあまり興味がないみたい。
この差はどこから生まれるのか、女子はなぜあんなにダイエットが好きなのか、
ぜひ次の更新をお楽しみに!

ここで男子の皆さんにお願いです。
「この記事のこんな部分をもっと掘り下げてほしい」
「女子の持ってる○○が気に入らない」
などなど、皆さまからの疑問やご意見をお待ちしています。
今後、ガシガシ解決していくので、どうぞお楽しみに。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト