「世の中の誰もが、もう“投資家”なんですよ」

投資とAKB48、「仕組み」は同じ!? ひふみ若手アナリストが、松井咲子に投資の醍醐味を熱弁

PR

レオス・キャピタルワークス株式会社

お金
みなさん。投資、やってますか?

「老後2000万問題」「人生100年時代」といった怖めの言葉と合わせて、投資の重要性があちこちで語られている昨今。

そこまで言うなら始めてみようかと思いつつも、「難しい…めんどくさい…そして怖い…」 とさまざまな理由をつけて、未だチャレンジできずにいるR25世代も多いのでは。

今回お呼びしたゲスト・元AKB48の松井咲子さんもそのひとり。

投資にはかなり興味があるものの、自分ひとりでチャレンジするのは「まだちょっと勇気が足りない」とのことなので…

投資信託「ひふみ」シリーズを運用するレオス・キャピタルワークス株式会社の若手アナリスト・多田憲介さんをお呼びし、松井さんに“投資の醍醐味”をレクチャーしていただくことに!

“あと一歩”を踏み出せずにいる松井さんの心は、果たして動くのでしょうか…?
【松井咲子(まつい・さきこ)】2008年よりAKB48に所属し、2015年8月卒業。4歳からはじめたピアノのスキルに定評があり、『TEPPEN』(フジテレビ)などのテレビ番組にも多数出演。2017年に桐朋学園芸術短期大学芸術科音楽専攻を卒業し、現在はタレントのみならずピアニストとしても活躍中

今、投資の必要性が叫ばれている“本当の理由”

松井さん

松井さん

私はAKB48を卒業したあたりから、お金や投資に興味を持ちはじめて。

いろんな方にお話を伺ったり、自分でも勉強したりしているんですが…正直、まだちょっと怖いなというのが本音なんです。
多田さん

多田さん

じゃあ…今日はあえて、一番リアルな話からはじめましょうか(笑)。
弱冠27歳のひふみ若手アナリスト・多田さん。貫禄たっぷりの講義がスタートです!
多田さん

多田さん

最初にお伝えしたいのは「なぜ、今の時代に投資が必要なのか」

端的に言うと…このままいくと、日本人の賃金はこれ以上上がらない可能性があるんです
松井さん

松井さん

えっ!?
多田さん

多田さん

今の日本は、海外と比較するとまだまだ「デフレ」状態なんですよ。

アメリカの物価がどんどん上がっていくのに対し、日本は今、ほとんど物価が上がらない状況が続いています。

物価が上がらないから、企業の収益も上がらない。収益が上がらないから、もらえるお給料も上がらない。

年次と経験を積めばどんどんお給料が増える」というのは、もはや幻想になりつつあります。
松井さん

松井さん

そ、そうなんですか…!
多田さん

多田さん

だからこそ、お給料だけでなく「投資」という形で、将来を見据えた資産をつくっておくことが必須なんです。
本当に「一番リアルな話」からスタートしてしまいました

誰もが「投資家」!? 日常で起こる“あの行動”も投資の一部だった

松井さん

松井さん

未来のために「投資」が重要なのはわかったんですが…いざ投資をはじめるとなると、正直不安だらけなんです。
多田さん

多田さん

そうですか?

僕からすると、松井さんもすでに「投資家」だと思いますけどね
「松井さんに限らず、世の中の誰もが“投資家”なんですよ」どういうこと…?
松井さん

松井さん

私、1回も投資をやったことがないんですけど…!?
多田さん

多田さん

いや、じつはみなさんが普段当たり前のようにやっていることが、すでに投資の“第一歩”になっているんですよ。
松井さん

松井さん

当たり前のように…なんでしょう…?
多田さん

多田さん

「消費」です。つまり、いいモノにはきちんとお金を払うという姿勢ですね。

たとえば松井さんにも、ついついお金を使ってしまう趣味などはありませんか?
松井さん

松井さん

それならあります! 私は映画がすごく好きなんですけど…映画業界の方々は今、コロナ禍ですごく大変な思いをされているんですよ。

映画がこの世からなくなったら本当に悲しいし、好きなものはずっと続いてほしいなってことで…

映画業界の経済をぶん回す”ってポリシーで、映画にはどれだけお金を使ってもいいことにしてるんです(笑)。
多田さん

多田さん

まさに、投資の根本にあるのは「応援」なんですよ。

「投資」とは平たくいうと、意思を持って自分が好きな企業にエールを送ること。

そう考えると、松井さんの“経済をぶん回す”姿勢はまさに投資的な消費ですよね(笑)。
松井さん

松井さん

そういえば…以前お会いした投資の専門家の方が、「投資はAKB48と同じだよ」とおっしゃっていて。
多田さん

多田さん

ほう?
松井さん

松井さん

投資先を決めるのは、AKB48の“推し”を決めるのと同じ

AKB48のメンバーがファンの方の期待に応えようとするのと同じように、企業も投資家の応援を背負って頑張ってくれて、その結果が将来のリターンになる…というお話で。
多田さん

多田さん

ああ、まさにそうですね!

僕らもこれから上がりそうな銘柄を「推奨銘柄」と呼んだりするので、文字通り“推し”を応援するのが仕事なんですよ(笑)。
アナリスト≒アイドルファン説
多田さん

多田さん

つまり、「投資家」を名乗るのに資格なんて要らないし、専門的な知識を持ってる必要もない。投資額なんてぜんぜん関係ありません。

映画業界を“消費”という形で応援していて、AKB48の元メンバーとして“応援のパワー”も知っている松井さんは、もう立派な「投資家」です。

そう考えると、投資をはじめるハードルもグンと下がりませんか?
松井さん

松井さん

たしかに…! ある意味、もうすでに投資をはじめてるも同然ってことですもんね。
「今日から肩書きに「投資家」ってつけようかな(笑)」

ドキドキではなく、ワクワクを。投資初心者が知っておきたい「3原則」

松井さん

松井さん

投資について調べてると、何を読んでも誰に聞いても「投資は早くはじめるほどいい、1日でも早くはじめろ」と言われるんですが…

正直、「今日じゃなきゃダメ?」と思って後回しにしちゃってて(笑)。
多田さん

多田さん

気持ちはわかりますが、早くはじめるほどいいというのは本当です。
多田さん

多田さん

早くはじめればはじめるほど、「複利」の恩恵をたくさん受けられるんですよ。

複利とはざっくり言うと、利子(収益)にも利子がつく状態です。

運用で得た収益を、元本(もともとの投資額)と合わせた状態でさらに運用する。これを繰り返すことで、年月が経てば経つほど収益が大きくなっていきます。
※たとえば100万円を年利2%で運用すると、1年後には102万円になります。その102万円をまた年利2%で運用すると、2年後には104万400円に。この400円が「複利」にあたります
多田さん

多田さん

ですので投資においては、「年齢が若い」ことが大きなアドバンテージになります

「まだ早い」と思いとどまるのではなく、むしろ時間を味方につけられるうちにはじめるのがおトクです。
松井さん

松井さん

でも、いざ投資関連のサイトとかをのぞいても、難しいことがいろいろ書いてあるだけで…はじめての投資で何を選べばいいか、結局よくわからないんです。
多田さん

多田さん

はじめての場合は、「投資信託」で長期的に積み立てるのが圧倒的におすすめです。
※投資信託…運用の専門家である“ファンドマネージャー”が、お客さまからお預かりしたお金を株式や不動産、債券などに投資をする金融商品
多田さん

多田さん

さらに、投資信託の買い方にもポイントがあって。

「定額を」「毎月決まったタイミングで」「自動的に買い付ける」

これが、初心者のみなさんに知っていただきたい“投資信託の3原則”です。
多田さん

多田さん

まず、自動にすることで手間が省けます。毎月難しい解説とにらめっこしながら、銘柄を選ぶ手間もいらないんですよ。
松井さん

松井さん

たしかに…ほったらかしてもいいんですね。
多田さん

多田さん

もう1つのメリットは、毎月定額を投資することで、いちいち値動きを気にしなくてよくなること

購入金額を一定に保っていれば、価格が低いときは多めに買う/価格が高いときは買う量を減らす、という調整が勝手にされていきます。

そうすることで、長期的に見ると購入単価が均されていき、大きな損をするリスクも抑えられます。
「へぇ!」
松井さん

松井さん

投資にはリスクがつきものなのかと思ってたんですけど、そんなことないんですね。
多田さん

多田さん

無理にリスクを背負って「ドキドキ」する必要はまったくありません。

それよりは、たまに資産推移を見て「これだけ積み上がったんだ」とニンマリできるくらいのほうがうれしいですよね(笑)。

投資先の企業がどんなふうに成長していくのかをワクワクしながら見守って、応援していく。

そんなふうに、「ドキドキ」ではなく「ワクワク」を楽しんでいただけたらなと思います。

「ひふみ投信」が、投資ビギナーにおすすめできる3つの理由

多田さん

多田さん

松井さんのような投資ビギナーの方にも自信を持ってお勧めできるのが、私たちが運用している投資信託「ひふみ」シリーズです。
こちらが投資信託「ひふみ」シリーズのラインアップ。投資ビギナーでも選びやすいよう、シンプルな商品構成になっていて、投資対象によって商品が異なります

特徴①:“守りながらふやす運用”で、ドキドキを軽減

多田さん

多田さん

特徴は3つ。まず1つは“守りながらふやす運用”を心がけていることです。
松井さん

松井さん

守りながらふやす?
多田さん

多田さん

「勢いのある成長業界」に投資するのはもちろん大事なんですが、それだけに絞ってしまうと、もしなにかあったときにリスクが避けられなくなりますよね。

なので成長企業だけでなく、「市場規模は小さいけど安定感のある企業」や「トレンド性の強い企業」など…

多様な価値観をもつ投資先に分散させて、リスクを抑えながら高いリターンを得られるようにしているんです。
松井さん

松井さん

へぇ〜! 本当に「ドキドキ」を減らしてくれているんですね(笑)。

特徴②:“顔が見える運用”がモットー。プロと“議論”できる機会も

多田さん

多田さん

さらに、ひふみは「顔が見える運用」をモットーにしています。

私たち運用者の名前も顔写真ももちろん公開していますし、毎月YouTubeでお客さま向けの運用報告会をやっているんですよ。
出典Youtube
こちらが実際の報告会の様子。たとえ運用利益がマイナスだったとしても、隠さずに報告をおこなっているそう
多田さん

多田さん

ただの報告の場所ではなく、お客さまと議論する場所にしたいと思っているので、お客さまからの質問も積極的に受け付けています。
松井さん

松井さん

顔出しは安心感がすごい…! お金の知識ってどこから学べばいいか迷ってしまうので、直接教えていただけるのはすごくありがたいですね。
多田さん

多田さん

ほかにも、「お金のまなびば!」というYouTubeチャンネルで、初心者向けのお金・投資の知識も解説しています。

これから投資のこと、経済のことを学んでみたいという方にも役立つと思います。

特徴③:最低1000円から、手数料無料で投資にチャレンジ

多田さん

多田さん

最後の特徴は「はじめやすさ」。

最低1000円から誰でも投資できて、買付時・解約時の手数料も無料。「とりあえずどんなものなのか試してみたい」と言う方にもぴったりです。
松井さん

松井さん

1000円! ランチ代ぐらいの感覚ですね

投資と言うと、まとまったお金を用意しなきゃってイメージがあったんですが、こんなお手軽な商品もあるんですね。
多田さん

多田さん

投資は少額からはじめていただいてもまったく問題ありません。

むしろ手に汗を握らない程度の額をコツコツ積み立てることが、安定した資産運用のためには重要なんですよ。

すべての人生経験が“投資”になる。プロが語る「投資の醍醐味」

多田さん

多田さん

最初に「これからも賃金は上がらない」というイヤな話をしてしまったんですが(笑)。

逆に言えば、こんな時代だからこそ「人的資本」を伸ばすチャンスだと考えていて。
松井さん

松井さん

人的資本、というと…?
多田さん

多田さん

一言で言うと「人間が持つ能力」のこと。

お金だけじゃなくて、人生経験や自己投資も立派な資本になるという考え方なんです。
多田さん

多田さん

僕にとっての投資も、ただお金を増やす作業ではなくて、「人的資本を伸ばす」という側面が大きいんです。

この仕事をはじめたおかげで、世の中を捉える解像度が確実に上がった感覚があって。

「今この商品が売れてるんだ」とか「最近はこのタイヤがブームなのか」とか、世の中のいろんなことに気付けるようになって、毎日“目からウロコ”の連続なんです(笑)。
松井さん

松井さん

タイヤ?
ここにきて無類の車好きがバレてしまった多田さん
松井さん

松井さん

投資って「難しいしめんどくさいけどやらないとダメなもの」みたいに、どちらかというとネガティブに捉えてたんですけど…

今日お話を伺って、投資信託は「意外とシンプルで、手間もなく、安心して始められるもの」なんだなってイメージが変わりました。

私も将来の自分を応援する気持ちで、ついに始めて…みようかな!
「投資を始める勇気がない」という松井さんのお悩みに対し、「あなたはもう投資をやってます」というナナメ上の回答をくれた多田さん。

よく考えると、お金は私たちの人生と切っても切り離せない存在。投資もけっして縁遠いものではなく、日常の延長線上にある“当たり前”なのかもしれません。

一度でも“消費活動”を楽しんだことがあるあなたは、もう投資家になったも同然。

まずは1000円から、「ひふみ投信」で投資のワクワクを味わってみませんか
〈取材・文=石川みく(@newfang298)/編集=サノトモキ(@mlby_sns)/撮影=長谷英史(@hasehidephoto)〉
※投資信託のお取引は、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じることとなるおそれがあり、基準価額の下落により元本欠損が生じる可能性があります。信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。投資信託は、預金等や保険契約とは異なります。

投資信託のお申込みにあたっては、事前に販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

※当記事のコメント等は、掲載時点での個人の見解を示すものであり、市場動向や個別銘柄の将来の結果を保証するものではありません。ならびに、当社が運用する投資信託への組み入れ等をお約束するものではなく、また、金融商品等の売却・購入等の行為の推奨を目的とするものではありません。

※レオス・キャピタルワークスはセミナー等で金融商品の説明等をすることや、お客様からのご依頼がある場合に金融商品に関する追加の説明等をすることがあります。しかしながら、売買の推奨等を目的とした投資勧誘は行ないません。また、金融商品の案内、説明等はあくまで各お客様ご自身のご判断に資するための情報提供目的であり、金融商品の購入等を推奨するものでもありません。

※当資料は作成日における信頼できる情報に基づき作成しておりますが、内容の正確性・完全性を保証するものではなく、また記載されている内容は予告なく変更される場合があります。

投資信託のリスク

■価格変動リスク
国内外の株式や公社債を実質的な主要投資対象とする場合、一般に株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は発行体の信用力の変動、市場金利の変動等を受けて変動するため、その影響を受け損失を被るリスクがあります。

■流動性リスク
有価証券等を売却あるいは取得しようとする際に、市場に十分な需要や供給がない場合や取引規制等により十分な流動性のもとでの取引が行なえない、あるいは不利な条件で取引を強いられたり、または取引が不可能となる場合があります。これにより、当該有価証券等を期待する価格で売却あるいは取得できない可能性があり、この場合、不測の損失を被るリスクがあります。

■信用リスク
有価証券等の発行者や有価証券の貸付け等における取引先等の経営・財務状況が悪化した場合またはそれが予想される場合もしくはこれらに関する外部評価の悪化があった場合等に、当該有価証券等の価格が下落することやその価値がなくなること、または利払いや償還金の支払いが滞る等の債務が不履行となるおそれがあります。投資した企業等にこのような重大な危機が生じた場合には、大きな損失が生じるリスクがあります。また、実質的に投資した債券の発行体にデフォルト(債務不履行)が生じた場合またはそれが予想される場合には、債券価格が下落する可能性があり、損失を被るリスクがあります。
■為替変動リスク
外貨建資産を組み入れた場合、当該通貨と円との為替変動の影響を受け、損失が生じることがあります。また、一部の資産において、為替ヘッジを行なう場合に円の金利が為替ヘッジを行なう通貨の金利より低いとき、この金利差に相当するヘッジコストが発生します。

■カントリーリスク(エマージング市場に関わるリスク)
当該国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、有価証券等の価格が大きく変動するリスクがあります。エマージング市場(新興国市場)への投資においては、政治・経済的不確実性、決済システム等市場インフラの未発達、情報開示制度や監督当局による法制度の未整備、為替レートの大きな変動、外国への送金規制等の状況によって有価証券等の価格変動が大きくなる場合があります。また、新興国の公社債は先進国の公社債と比較して価格変動が大きく、債務不履行が生じるリスクがより高いものになる可能性があります。

したがって、お客様(受益者)の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。

お客様の負担となる費用について

■お客様に直接ご負担いただく費用
・購入時手数料  
上限 3.30%(税抜3.00%)※当社が直接販売している投資信託は購入時手数料はありませんが、「スポット購入」に際しての送金手数料はお客様負担となります。
※販売会社を通じて購入できる投資信託につきましては、購入時手数料は各販売会社ごとに定める料率となりますので、各販売会社までお問い合わせください。

・換金(解約)時手数料・信託財産留保額 
ありません。

■お客様に間接的にご負担いただく費用
•信託報酬   
信託財産の純資産総額に対して上限 年率1.6280%(税抜1.4800%)

•監査費用   
信託財産の純資産総額に対して 年率0.0055%(税抜0.005%) ※上限は最大年間99万円(税抜90万円)です。

•その他の費用 
組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料(それにかかる消費税)、先物取引・オプション取引等に要する費用、外貨建資産の保管等に要する費用、租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金の利息など 


※「その他の費用」については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を表示することができません。
■ご注意
•上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的な投資信託を想定しております。費用の料率につきましては、レオス・キャピタルワークスが運用するすべての公募投資信託のうち、ご負担いただくそれぞれの費用における最高の料率を記載しております。投資信託に係るリスクや費用は、それぞれの投資信託により異なりますので、ご投資をされる際には、事前によく投資信託説明書(交付目論見書)、目論見書補完書面等をご覧ください。
投資信託説明書(交付目論見書)のご請求・お申込みは各販売会社まで。

レオス・キャピタルワークス株式会社が直接販売する投資信託の詳細情報の照会先:
コミュニケーション・センター 
03-6266-0123(受付時間 営業日の9時~17時) 
https://hifumi.rheos.jp/  

レオス・キャピタルワークス株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1151号
加入協会:一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会