箕輪厚介・星井博文・松枝尚嗣著『マンガ 死ぬこと以外かすり傷』より

熱狂できなかった新卒時代を経て…普通の広告営業マンだった箕輪厚介が編集者になるまで

仕事by 新R25編集部
幻冬舎の編集者であり、ビジネス書のレーベル「NewsPicks Book」の編集長。1000人を超えるオンラインサロンを主宰し、さらには、ワイドショーのコメンテーターやアーティストとしても活動する箕輪厚介さん

この肩書きを見て「いったいどんな人生を送ってきたんだ…」と思っている方も多いのでは?

その答えは、箕輪さんの著書『死ぬこと以外かすり傷』にすべて描かれています。2018年8月に発売され、今なお売れつづける同書が、この度マンガとして発売されました。

新R25では『マンガ 死ぬこと以外かすり傷』より、箕輪さんが新卒社員時代の話を抜粋してお届けします。

双葉社の広告営業として入社した箕輪さん。その姿は、今の箕輪さんとは少し違って見えるかもしれません…!
マンガ 死ぬこと以外かすり傷

マンガ 死ぬこと以外かすり傷

「知こそ武器だ。バカになって飛べ!」

マンガ 死ぬこと以外かすり傷

マンガ 死ぬこと以外かすり傷

天才編集者とも呼ばれる箕輪さん。その原点は、自分を突き動かす「熱狂」に従ったことでした。

マンガ 死ぬこと以外かすり傷』では、「今くすぶっているな…」とモヤモヤする人に対して、自分が「熱狂」できることを見つけ、それを疑わずに没頭することで、“突き抜けた”ビジネスパーソンになれる、と教えてくれます。

ぜひご覧ください!

(C)KOUSUKE MINOWA, HIROFUMI HOSHII, NAOTSUGU MATSUEDA, GENTOSHA COMICS

Twitterをフォローしよう

新R25 × YouTube

2020年から動画公開予定
チャンネル登録よろしくお願いします!

この記事をシェア

新R25取材班を呼んでみませんか?

オプトアウト(Cookieの無効化)が完了いたしました

オプトアウト以降、「Cookie情報」を利用した行動ターゲティングは無効化されますが、Cookieの削除やPCの変更等により、お客様のオプトアウト情報が機能しない場合がありますので、再度「無効化(オプトアウト)」が必要になります。

引き続き「Cookie情報」を利用しない通常の広告配信は行われます。