西野亮廣エンタメ研究所Voicyより

23歳で終わりの見えない休業を経験したキンコン西野が考える「うつにならない方法」

仕事
新型コロナウイルスの影響により、営業を自粛している企業も増えています。

緊急事態宣言の延長や不透明な見通しに対して、不安を覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キングコングの西野亮廣さんは、相方の梶原さんが仕事のプレッシャーから働けなくなってしまい、ある日突然活動を休止せざるを得なくなったときのことを振り返りながら、「この状況で一番気をつけなければならないのは『うつ』である」と語ります。

みなさん大変な時期だと思いますので、今回は、西野亮廣エンタメ研究所Voicyより「西野流・うつにならない方法」をご紹介します。

ある日突然働けなくなって、再開の目処も立たなかったら?

突然やってきたウイルスによって活動を止められてしまい、再開の目処が定かでないという状況の方も多いでしょう。

特に、実店舗を経営している方やそこで働かれている方たちは、大変だと思います。

もし「6月から通常運転に戻る」という確証があれば、少々の貧乏なんて屁でもないと思うんです。

頑張ってこの期間を乗り切ろう!」とか「よし、ちょっとの間は貧乏しちゃおうか」と、考えることもできますよね。

ただ、今回はそうではありません。

この状況がさらに1カ月以上続くかもしれないし、半年続くかもしれない

なかなかのストレスを感じるでしょう。

ボクには、その気持ちが本当によくわかります。

なぜなら23歳くらいのときに、相方の梶原くんが仕事のストレスとプレッシャーを爆発させて、失踪してしまったことがあるからです。

当時のボクらは、日本で1番売れっ子の若手芸人で、毎日朝から晩まで仕事が詰まっていました。

でもある朝、それが全部なくなってしまったんです。

テレビのレギュラー番組も、1日で7本くらいなくなったと思います。

あのとき、「梶原くんが3カ月後に戻ってくる」と決まっていたら「今はそういう時期なんだな」と、割り切って暮らすこともできたでしょう。

しかし、そのとき梶原くんがいなくなった理由は怪我ではなく、精神的な病気だったので、戻ってくる確証がありませんでした。

しかも症状がかなり深刻だったため「数年待ったところで、戻ってこないかもしれない」という状態です。

それでも待っていたのは、ボクがひとりで活動して下手に活躍したら、「俺なしでもいけるんや」と彼の帰ってくる気が失せてしまうかもしれないから。

マネージャーと話し合った結果、ボクは個人の活動も休止して、ずっと家にいました。

当然ですが、待っている間も、家賃は払い続けなければいけません。

終わりが見えないなかで、日々お金と時間が削られていく毎日でした。

気持ちを安定させるために、成長していることを確認する

今、実店舗で働かれている方たちも、当時のボクの状態に近いかと思います。

気をつけないといけないのは、うつに引き込まれないこと

気持ちを安定させ、冷静な判断ができる脳を維持するために、なんでもいいので「昨日より前に進んでいることを確認できるもの」を持っておきましょう。

たとえば、この時期にクラウドファンディングを開始したとします。

そうすると、昨日より支援者が3人増えているだけで、支援総額が4000円増えているだけで、精神が安定します。

4000円増えただけでは問題は解決しないかもしれません。

でも、進んでいることが確認できただけで、精神は安定するんです

たとえば、大切な判断を迫られる立場の人のなかには、毎日体を鍛えている人がいます。

あれは、体重を測ったり筋肉量を測ったりして、昨日より成長していることを確認し、精神を安定させているんです。

体を鍛えることで、心を整えているということ。

進んでいることを確認できると精神が安定する」というのは、「目標に届かないスピードで走っていても良しとしてしまう」というマイナスの側面もあります。

ただ、目的が「精神を安定させる」ことなら、この方法は有効でしょう

自分が頑張った量が、目に見えるようにしておくといいですよ。

人は「役割」があると、うつにならない

先日、バリトン歌手の池田ハッピーバースデーさんという方から相談を受けました。

彼はものすごい歌唱力で、その日誕生日の有名人へ勝手にハッピーバースデーを歌うという、非常にユニークな活動をしています。

一見すると、おバカな行為に思えるかもしれません。

でも、彼には毎日「その日祝う有名人を調べて、歌って、Twitterにアップする」という役割ができています。

この活動で1日5人フォロワー増えるだけでも、めちゃくちゃ精神が安定し、明日も頑張ろうと思えるでしょう。

今すぐ問題を解決してくれるわけではありませんが、こういった役割を持っていると、精神が安定して、いい判断をしやすくなると思います。

これが、ボクの考える「うつにならない方法」です。

大変な時期ですが、一緒に協力して乗り切っていきたいと思っています。

頑張りましょう!

キンコン西野さんの頭の中をのぞけるVoicyはこちら

西野さんが日々携わるエンタメビジネスの話だけではなく、「お金」や「集客」「時代」についても語ってくれる「西野亮廣エンタメ研究所」のVoicy

1つの放送は10分程度にまとめられているので、通勤時間やお昼休みなどちょっとした時間に、西野さんの思考に触れてみてはいかがでしょう?

オンラインサロンはこちら

西野さんのオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」では、毎日議論&実験&作品制作&Webサービスの開発&美術館建設を進めています。

さらに、ビジネス書に掲載するレベルの記事を毎朝投稿しています。

興味がある方はコチラ↓
〈撮影=長谷英史(@hasehidephoto)〉