科学的に考えたら、“休む”に行き着くのは当然

「今は、余力がある人のほうが成功できる」ひろゆきが考える“チルに働く”メリット

PR

合同会社Endian

仕事
この1年で大きく変わった労働環境

リモートワークによって自由度の高い働き方ができるようになったことで、毎日オフィスで深夜まで残業する日々が減ったように感じます(筆者も)。

新たにトレンドになってきたのは、「無理せずに働く」「しっかり休息をとる」といった“肩の力を抜いた働き方”。

そんなトレンドを応援するのが、リラクゼーションドリンク「チルアウト」です。
今のビジネスパーソンに必要なのは、『エナジー』以上に『リラクゼーション』ではないか?」というメッセージからわかる通り、“逆エナジードリンク”を謳う同商品。

僕らビジネスパーソンに、「チル(=心身のリラックスした状態)」が必要だと提唱しています。

ただ、ほかの人が頑張っているときに「チル」するのは気が引ける…というのも本音

そこで今回は、このトレンドが生み出される前から「肩の力を抜いた働き方」を実践し、最近ではYouTubeでも大人気なひろゆきさんに、「これからの日本の働き方はどうあるべきか?」について意見を聞いてきました。
【西村博之(にしむら・ひろゆき)】1976年、神奈川県生まれ。中央大学卒。アメリカのアーカンソー州に留学。1999年にインターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。2015年には英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に
〈聞き手=渡辺将基(新R25編集長)/文=福田啄也(新R25編集部)〉

ひろゆきさん、「チルアウト」ってご存じでしたか?

渡辺

渡辺

今日は“チルインフルエンサー”であるひろゆきさんに、「これからの日本に必要な働き方」についてお話を伺いたいです。

…ちなみにひろゆきさん、この「チルアウト」というドリンクはご存じですか?
ひろゆきさん

ひろゆきさん

見たことないですね。
広告だろうが一切忖度のないひろゆきさん。まぁ、まだフランスには上陸していないので…
渡辺

渡辺

この商品はエナジードリンクとは真逆のコンセプトの「瞬間リラクゼーションドリンク」なんですよね。

特長としては、GABAなど4つのリラクゼーションをサポートする成分を配合していたり、AIが導き出したリラックスに最適なフレーバーを使っていたり、人工甘味料や保存料を使っていなかったり…

カフェインも入ってないので、仕事中で「ちょっと脳を休めたいな…」というタイミングに飲むといい気がします。
ひろゆきさん

ひろゆきさん

へー。味はどんな感じなんですか?
渡辺

渡辺

え、味!?

そうですね…心地よい微炭酸でリフレッシュできるんだけど、落ち着く感じがするというか…

「エネルギー」と「やさしさ」が同居している味がしましたね。

ぶどうやオレンジの果汁が入っているので、フルーツ感もあって飲みやすい気がします。
渡辺、戸惑いながらも渾身の(?)食レポ
チルアウトの特長

・GABA、テアニン、ヘンプシードエキス、ホップエキスなど4つのリラクゼーションサポート成分を配合

・AIが導き出したオリジナルのリラクゼーションフレーバー

・じんわりと口に広がる、飲みやすい微炭酸

・カロリーカットでスッキリした甘さ

出典https://rd.amca.jp

「科学的に考えたら、“休む”という結論になるのが当然」

渡辺

渡辺

今回は「チル」がテーマなのですが、最近日本のビジネスパーソンにも「睡眠や休みを重視する」という価値観が広まってきている気がしてまして。

それってどうしてだと思いますか?
ひろゆきさん

ひろゆきさん

効率よく働くには、休むことが大事だよね」っていう科学的な結論に行きついただけだと思いますけどね。
ひろゆきさん

ひろゆきさん

何かのニュースで見たんですけど、日本のボクシング選手って、過酷なトレーニングをしていた時代よりも、短時間で集中的に練習して、あとは休むようにしている今のほうが、オリンピックでいい結果を残しているみたいなんですよね。
渡辺

渡辺

柔道とかもそうだったらしいですね。

科学的根拠に基づいて結果を出そうとすると、根性論ではなくなるというか。
ひろゆきさん

ひろゆきさん

外国の強い選手たちのトレーニングを見てたら、昭和の「ひたすらやる」っていうトレーニングと全然違うじゃんって気づいたんでしょうね。

筋肉って休ませないといけないし、メンタルのコンディションも整えないといけないので、休みを重視するようになるのは当然の流れだと思います
ずっと気になってたんですけど、それってどこ見てるんですか?
渡辺

渡辺

その考え方って、スポーツじゃなくても適応できるんですかね?
ひろゆきさん

ひろゆきさん

ビジネスでも、僕は余力を残しておいたほうがいいと思うんですよね。

昔はみんな儲かり方がわかっていたので、それをモーレツに頑張っていれば伸びたんですけど、今は新しい金脈を探し当てられた人が勝つ時代なので。

普段は低空飛行でうまく飛びながら、余力でほかの金脈を掘る働き方が、これから主流になるんじゃないかなと。
渡辺

渡辺

たしかに最近は経営者も、モーレツ系が少なくなって余裕を持って働いている人が増えているような気がしますね。

堀江さんも仕事を詰めこんでいるように見えますけど、心には余裕があるというか…
ひろゆきさん

ひろゆきさん

あの人は、日本中飛び回って遊んでますから(笑)。

これからは、“休むこと”がポジティブに映る時代になる!?

渡辺

渡辺

ただ、自分もですけど、休んだり遊んだりすることに対して罪悪感がある人も多いと思うんですよね…
ひろゆきさん

ひろゆきさん

でも、今の仕事のほとんどは頭脳戦なので、寝ないで頑張るより、頭を回すためにちゃんと寝ている人のほうが成果を発揮できるんじゃないですか?
ゼロ秒論破
ひろゆきさん

ひろゆきさん

それに、今って“遊んでいること”を見せるのが悪いことじゃない時代になったんですよね。

たとえば、従業員が遊んでる姿をSNSでアピールしたら、逆にその会社の志望者が増えると思うんですよ。

楽しそうに働いて、自分の時間も確保できる会社なんだ」って伝わりますから。
渡辺

渡辺

なるほど。
ひろゆきさん

ひろゆきさん

むしろ、がむしゃらに働きつづけている人がロールモデルになっている会社はほとんどなくなっている気がします。

最近の若い人たちから見たら、“ヤバい会社”に見えますから。
ひろゆきさん

ひろゆきさん

さらに言うと、多分これからはYouTuberとか個人事業主の人口が増えていくと思うんですよね。

今って1次産業や2次産業から、エンタメを中心とした3次産業の割合が増えているんですけど、そのなかからさらに、個人で稼ぐ人が増えてるので。
渡辺

渡辺

たしかに、コロナ禍になってからフリーランスになる人がかなり増えてるらしいですね。
ひろゆきさん

ひろゆきさん

地方だと、登録者数万人くらいのYouTubeチャンネルにたまに動画あげて、月20万円くらいの収入で生きてる人って結構いるんですよ。

そんな人たちの動画を見ている人がたくさんいるので、自分も自由に楽しく暮らしたいって思う人が自然と増えていくと思います。
渡辺

渡辺

ひろゆきさんみたいな人がどんどん増えていくのか…!?

バカンスを中心に形成されるフランス人の働き方

ひろゆきさん

ひろゆきさん

ちなみに、ちょうど今フランスはバカンス中なので、みんな休んでますね。
渡辺

渡辺

「フランスはバカンスが長い」って聞きますけど、みんな休んでたらどんな感じになるんですか?
ひろゆきさん

ひろゆきさん

7月にうちの暖房が壊れちゃったんですけど、「これって直るのにどのくらいかかりますか?」って聞いたら「早くて1カ月後かな」って言われましたね。
渡辺

渡辺

日本だとまったくイメージできませんね…
ひろゆきさん

ひろゆきさん

日本だと、どんなときでも「ごめんなさい」って謝る真面目な人がたくさんいますからね。

でも、フランスだとみんな「バカンスだからしょうがないよね」って受け入れちゃってるんですよ(笑)。
実はこの取材も、ひろゆきさんのバカンスの都合で2週間ほどリスケになりました。でも、しょうがないよね!
渡辺

渡辺

ひろゆきさんにピッタリな国ですね(笑)。

ちなみに、全員一斉に休むわけにはいけないような会社はどうしているんですか?
ひろゆきさん

ひろゆきさん

担当者のバカンス中に何かトラブルが発生しても、変わりの人が対応できるようになってますね。

社員がバカンスを取ることが前提になってるので、自然と個人に依存しないような組織ができてます
渡辺

渡辺

なるほどなぁ…「バカンス」という仕組みによって国民性や働き方が形成されてる面があるんですね。

ひろゆきさん、実は「チル」な時間が足りてない!?

渡辺

渡辺

ちなみに、ひろゆきさんってフランスに移住する前後で働き方は変わってるんですか?
ひろゆきさん

ひろゆきさん

いや、昔から働きたいときに働いて、寝るときに寝るっていう感じなんですよねー。
渡辺

渡辺

寝る時間とか、特に決めてないんですか?
ひろゆきさん

ひろゆきさん

眠くなったら寝てるので、ほぼ毎日寝落ちみたいな状態ですね。
渡辺

渡辺

それ、体おかしくなりますよ…

でも、睡眠時間はちゃんと確保してるし、起きてる間もリラックスしてるからいいのか。
ひろゆきさん

ひろゆきさん

いや、起きてるときにリラックスしてる感覚はないんですよね

僕、何かに集中している時間が好きなんですよ。ゲームやっているときも、めちゃくちゃ集中していますし。

むしろ、ぼーっとしている時間が快適ではないというか。
渡辺

渡辺

あ、そうなんですか!?

じゃあひろゆきさん、絶対「チルアウト」飲んだほうがいいですよ。休みましょう。
ひろゆきさん

ひろゆきさん

新R25の取材は特に仕事だと思ってないので、チルな状態で受けてますけどね(笑)
渡辺

渡辺

最後にひどいこと言わないでくださいよ!
ひろゆきさんによると、これからますます増えていくであろう「チル」な働き方。

毎度ながらひろゆきさんの話を聞いていると、がむしゃらに働いている自分が時代遅れに感じるんですよね…。

その波に取り残されないよう、まずは休み方から見直していきます。

チルアウト」は、そんな働きすぎるビジネスパーソンのために、9月3日の「睡眠の日」にちなんで「寝てない自慢度診断」キャンペーンを実施中。

寝てない自慢度が高い人にはなんと、「チル」が足りてないということで「チルアウト」を最大120本プレゼントしてくれるそうです!

9月12日までなので、ぜひすぐに診断を受けてみてください!
〈取材・編集=渡辺将基(@mw19830720)/文=福田啄也(@fkd1111)〉