週末に振り返るYouTubeの話題

オリンピック金メダリストの“KOパンチ”をカメラ目線で体感! 今週話題のYouTubeまとめ

PR

おもしろ企画センター

トレンド

連載

週末、何みる?〜今週話題のYouTubeまとめ〜

連載へ

ビジネスパーソンなら、最新のYouTubeトレンドには敏感でいたいもの。

そんなYouTubeトレンドをお届けするのが、100組以上ものタレントYouTubeチャンネルをサポートする、サイバーエージェントのおもしろ企画センターとの共同連載「週末、何みる?〜今週話題のYouTubeまとめ〜」です。

おもしろ企画センターが運用するチャンネルのなかから、週明けに話したくなる話題のYouTube動画を、毎週5本ピックアップしてご紹介します。

ボクシング金メダリスト・村田諒太のKOパンチを体感せよ

出典Youtube
ロンドンオリンピックで金メダルを獲ったプロボクサー・村田諒太さんのチャンネル「村田諒太channel VILLAGE FIELD」で、世界レベルの“ミット打ち”を体感できる目線カメラとともに、トレーナー・葛西裕一さんと技術解説をする対談動画がアップされました。

村田さんは「猿の脳味噌は、丸と楕円の見分けがつかない。ただその前に、丸と三角を見分けさせると、丸と楕円の差がわかるようになる」という話を聞いてから、あえてNGな動作を取り入れて“正解”にたどりつく練習方法をしているのだとか。

ほかにも「積み立てるだけ積み立てて、最後はシンプルになるのがボクシング」など、ボクシングに対するアツい持論を展開します。

貪欲に技術を磨く姿勢には、何かビジネスにも共通するヒントが隠れているかも…?

May J.「冬の名曲歌ってみた」で、鳥肌ものの歌声を披露

出典Youtube
カヴァー動画やカラオケ採点動画など、歌手・May J.さんの歌声を存分に楽しめるYouTubeチャンネル「May J.のはしもっちゃんねる」では、冬に聞きたいウィンターソングメドレーを披露。

レミオロメン「粉雪」SPEED「WHITE LOVE」MISIA「Everything」など“冬の名曲”を、圧巻の高音ボイスで歌いあげました。

「May J.さんの流石の歌声に鳥肌が立つくらい感動しました」「無敵な歌声ありがとう(泣)」「アルバム出して欲しいです。4季シリーズで4枚組」など、May J.さんの歌声にコメント欄からも賛辞が。

これから先、春夏の名曲も聴けるかも…?次の“歌ってみた動画”のお知らせがくるように、この機会にチャンネル登録をお忘れなく。

大自然で「まいう〜」石ちゃんの面白ツーリング旅

出典Youtube
「まいう〜」でおなじみ、石ちゃんことお笑い芸人の石塚英彦さん。自身のYouTubeチャンネル「石ちゃんねる|石塚英彦」で愛娘のバイクを借りてツーリング旅にでかけ、オーバーオールの石ちゃんとは一味違ったバイク姿を見せました。

ツーリングのあとは川でマス釣りを体験。「マスを釣って食べマス」のダジャレも飛びだしました。
出典Youtube
マスが焼けるまでの間に網でお肉を焼き、ポケットからおもむろに取り出した“焼肉のタレ”をつけて一口。マスよりも先にお肉で「まいう~」をいただいてしまいました。

休日でも気軽に遠出できない状況が続いていますが、大自然のツーリング旅を追体験することで、リフレッシュ気分を味わえるはずです。

肩こり必見!おうちでできるAYA直伝の“肩トレ”

出典Youtube
フィットネスプロデューサー・AYAさんのチャンネル「AYA'sファンクショナルLIFE」では、肩こりにアプローチするトレーニング動画を公開しました。

マッチョな企画満載のチャンネルなので、さぞストイックな指導をされるのかと思いきや、椅子ペットボトルを使えば誰でもトライできる簡単なトレーニングとなっているのでご安心を。

寒い時期に悪くなりやすい姿勢を正して肩甲骨を動かすことで、肩がストンと落ちて首まわりもスッキリ見えるのだとか。

実際に試してみたところ、肩甲骨がゴリゴリいっていましたが(!)結構ラクになりました。肩こりにお悩みの方は、ぜひお試しあれ。

閲覧注意。まるでVシネマな、小沢兄弟のヤバい喧嘩TOP3

出典Youtube
“顔面凶器”や"Vシネマの帝王”の異名を持つ俳優・小沢仁志さんのYouTubeチャンネル「笑う小沢と怒れる仁志 / 小沢仁志」に、弟の小沢和義さんが登場。

バーカウンターでお酒を飲みながら、過去のヤバかった3つの兄弟喧嘩について語り、不運にも兄弟喧嘩に巻き込まれた遠藤憲一さんのエピソードも暴露しました。

流血・骨折・警察沙汰…プライベートでもVシネマのような喧嘩を繰り広げる小沢兄弟に「喧嘩するほど仲が良いと言うレベルではない」「マンガみたいなエピソードすごいwww」とコメント欄も困惑ぎみ。
「純悪」のTikTokや「悪い顔選手権」など、強面と渋いカッコよさを武器にバズりつづける小沢兄弟から、今後も目が離せません。

では、また来週!