リモート時代のビジネスPCに必要な要素とは?

「経営陣は知らないと恥ずかしい」小柳津林太郎と石倉秀明も納得した“ビジネスPC”の守り方

PR

インテル株式会社

仕事
リモートワークが当たり前になり、“PCが職場”になる時代。

使うPCのスペックでパフォーマンスが左右される今、企業に本当に必要なPCとはなんなのでしょうか…?

そこでインテル株式会社の社員さんをお迎えして、リモート時代のビジネスPCに必要な要素を教えていただくことに。

…とその前に、こちらのお二人に「ビジネスPCに求めるもの」を聞いてみました。
【左:小柳津林太郎(おやいづ・りんたろう)】京都府出身、6~14歳はNYで過ごした帰国子女。婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』に出演し、日本をにぎわせた“ハイブリッドサラリーマン”。新卒でサイバーエージェントに入社し、同社幹部として活躍後2019年に独立。株式会社GHOSTを設立、同社CEO
【右:石倉秀明(いしくら・ひであき)】2009年6月に当時社員5人のリブセンスに中途入社し、ジョブセンスの事業責任者として入社から2年半で東証マザーズへの上場に貢献。その後、DeNAのEC事業本部で営業責任者を務めたのち、新規事業、採用責任者を歴任し、2016年より株式会社キャスター取締役
サイバーエージェント出身で現在は株式会社GHOSTを経営する“ハイブリットサラリーマン”・小柳津林太郎さんと、2014年の創業からほぼ全員がフルリモートで働く株式会社キャスターのCROを務める“Mr.リモートワーク”・石倉秀明さん

ITビジネスのリアルと最前線を知る経営陣は、ビジネスPCに何を求めるのでしょうか。

そして、そんなお二人ですら見落としていた、ビジネスPC選びで本当に見るべきポイントとは一体…?

〈聞き手=福田啄也(新R25編集部)〉

“PCが職場”の経営陣が、ビジネスPCに求めるもの

石倉さん

石倉さん

う〜ん…僕自身は、仕事で使うPCは何でもいいんですよね。
Mr.リモートワークなのに
石倉さん

石倉さん

今の僕の役割って、そこまでPCを使った重たい作業がないんで。

ただ、キャスターの現場で働くメンバーが使うPCってことでいうと、容量」とか「CPU」みたいなスペックは見ますね。
株式会社キャスター

株式会社キャスター

キャスターは、「秘書」「人事」「経理」などの業務をリモートで企業から請け負う会社。全国各地に800人ほどいる社員全員にPCを支給しているそう
石倉さん

石倉さん

現場のメンバーは1人で8社とか担当しているので、お客さんといろいろなオンラインツールを使って業務しなきゃいけないわけで。

スペックの低いPCを使うと、ツールを全部立ちあげただけで動作が遅くなっちゃうじゃないですか。

僕たちはPCそのものが職場だから、動作が遅くなったら仕事も遅くなるんですよね
小柳津さん

小柳津さん

僕も同じく、CPUは見るようにしてます。

こないだもオンラインミーティングのときに会話が途切れて「これ誰のせい?…え、俺!?」みたいになって…急いで使っていないアプリを落としましたね。
石倉さん

石倉さん

めっちゃちゃんとしてますね。

僕は大体、通信が悪いときは人のせいにしてますから。「Mr.リモートワークの僕が悪いわけないでしょ」って(笑)。
「Mr.リモートワーク」の悪用
石倉さん

石倉さん

あと僕たちの場合はお客さんの個人情報とかも扱うので、セキュリティーは大事にしてますね。

会社で取得している「ISMS認証」とか「Pマーク」に準拠してオペレーションを組んだり、全社で共通のセキュリティーソフトを入れたり。
小柳津さん

小柳津さん

大事ですよね。

じつは僕、以前にPCをなくしたことがあって。のちに発見したんですけど、死ぬかと思って…
石倉さん

石倉さん

すげえヤバいやつだ
本当にあったIT怖い話
石倉さん

石倉さん

PCをなくすのも怖いけど…カフェの無料Wi-Fi使ってめちゃ普通にミーティングしてる人とか見ると、すごい怖いなって。

どこから情報が流出するかわからないんで、僕たちは外出先でPCを使うときは「どこどこでやります」って必ず伝えてもらうし、Wi-Fiも支給するようにしてます。
小柳津さん

小柳津さん

徹底してますね。

たしかに、PCだけじゃなくて「メンバーがどんな環境でリモート会議してるか」みたいな目に見えないところまで注意を払わないといけないんですよね。
経営陣はビジネスPCに多くを求めているようです

経営陣が知っておきたい、ビジネスPCに必要な3つの要素

ーー(編集部)ここからはインテルの​​矢嶋さんを迎えて、「ビジネスPCに必要な要素」を教えていただきます。
矢嶋さん

矢嶋さん

インテルの矢嶋です。よろしくお願いします。
インテル株式会社マーケティング本部・矢嶋哲郎さん。よろしくお願いします!
矢嶋さん

矢嶋さん

突然ですが、お二人は「ビジネスPC」と「個人PC」の違いってご存知ですか?
小柳津さん

小柳津さん

違い…なんだろう。大きさ?
ずっとちょっと天然な小柳津さん
矢嶋さん

矢嶋さん

持ち運びやすい薄さや軽さも大事なんですが…

ビジネスPCというのは、CPU・性能セキュリティー管理・ヘルプデスクといった機能が備わっていて、なおかつシステムの安定性を保証するための検証も済んだPCのことなんですね。
みなさんが今、仕事中に使っているPCはすべて検証済みなんです
矢嶋さん

矢嶋さん

インテルが提供しているインテル® vPro® プラットフォーム(以下、vPro® プラットフォーム)もこれらの機能をすべて盛り込んだ、ハードウェア検証済みのテクノロジーになっています。

各PCメーカーさんから、vPro® プラットフォームに独自の機能を上乗せした“プロ向けのビジネスPC”が出ていまして…

今日はひとつのモデルとして、LenovoさんのThinkPad X1 Carbon Gen 10をお持ちしました。
ThinkPad X1 Carbon Gen 10

ThinkPad X1 Carbon Gen 10

第12世代インテル® vPro® プラットフォーム搭載のノートPC。ディスプレイには鮮やかな14.0型 IPS液晶を搭載。一画面で閲覧できる情報量が多い縦比率16:10パネルを採用し、生産性向上をサポート。さらに5Gや高画質なMIPIカメラも搭載で、快適なオンライン会議を実現できる
矢嶋さん

矢嶋さん

お二人は、vPro® プラットフォームって聞いたことありましたか?
小柳津さん

小柳津さん

あります。

ずっとインテル内蔵のPCを使ってたので、なじみがありますね。
石倉さん

石倉さん

すみません、僕は知らなかったんですけど…

このロゴを見て、「あ、見たことあるな」って。
このロゴ、見たことある人もいるのでは?
矢嶋さん

矢嶋さん

ありがとうございます。

vPro® プラットフォーム搭載PCは、長期間にわたって導入できる点でも法人におすすめです。

各PCメーカーさんに同じ型のPCへのハードウェア検証を最大15カ月間保証していただいているので、「半年経ったら同じドライバーソフトウェアの構成で動作するPCがもう買えない」という心配がないんですよね。
石倉さん

石倉さん

同じ型の在庫がたくさんあるかどうかって、結構大事なんですよ。

PCが壊れたときに「在庫が少ない」とか「型が変わった」とかで代わりのPCを使うと、慣れないから生産性が落ちるじゃないですか。
小柳津さん

小柳津さん

そうなんですよね…
石倉さん

石倉さん

すぐカスタマーサポートに繋がれて、同じ型の在庫があってキッティングできて、なるべく早く自宅に送れるメーカーさんじゃないとちょっと厳しい。

とくに僕たちって全国各地に社員がいるし、毎月のように誰かのPCが壊れるんで(笑)。
たしかにIT業界っていつも誰かのPCが壊れてる気がする
矢嶋さん

矢嶋さん

このほかにも、リモートワークが快適になる機能がたっぷり詰まっています。

今日はvPro® プラットフォームを通して、ビジネスPCに必要な要素「CPU・性能」「セキュリティー」「管理・ヘルプデスク」について詳しくお伝えしますね。

ビジネスPCに必要な要素① CPU・性能

矢嶋さん

矢嶋さん

まずは快適に使える性能と、高い計算能力を持つCPUが必要です。

たとえばオンラインミーティングのときって、音声の性能がよくなきゃいけないと思うんですけど…

最新モデルのvPro® プラットフォーム搭載PCには、ノイズキャンセリング機能が搭載されています。
石倉さん

石倉さん

PCにですか?
矢嶋さん

矢嶋さん

はい。

会議中に後ろで掃除機をかけていても、ノイズのないクリアな音声で話すことができるんですよね。
小柳津さん

小柳津さん

イヤホンを使わなくても、PCが勝手にノイズ除去してくれるってことか。

それすごいな…
矢嶋さん

矢嶋さん

これを実現させたのが、2種類の「P-コア」「E-コア」という「ハイブリッド・アーキテクチャー」を採用した最新のCPUでして…
小柳津さん

小柳津さん

ハイブリッド…!!
「ハイブリッドサラリーマン」が顔を上げました
矢嶋さん

矢嶋さん

簡単に言うと、動画など重ための処理には「性能のいいコア」を、コミュニケーションツールなど軽めの処理には「効率のいいコア」を使う。

この2つのコアを使い分けて動かすことによって、より処理スピードが速くなっているんですね。
小柳津さん

小柳津さん

なるほど…

僕、「ハイブリッドサラリーマンズクラブ」っていうオンラインサロンを4年くらいやらせていただいているんですけど…
小柳津さん

小柳津さん

「ふだんは効率を重視して体力を温存しつつ、ここぞで勝負する」というハイブリッドテクノロジーが、まさに“働き方そのもの”だなと思って…

ここは刺さりましたね。

ビジネスPCに必要な要素② 高度なセキュリティー

矢嶋さん

矢嶋さん

次にセキュリティー

社外でも安全にPCを使うためには、PCそのものが高度なセキュリティー機能を持っている必要があります。

というのも、最近はサイバー攻撃の手口がさらに巧妙になってきていまして…
怪談の話し方
矢嶋さん

矢嶋さん

OS下層のBIOS領域(PCの根幹となるプログラム)を攻撃して、そこに長期間潜んでいるタイプなどもあります。

始業のときにPCを起動しようと電源を入れたら、いきなり活動を開始するケースがあるんですよね。

これは、セキュリティーソフトだけでは防げません。
まじか…
矢嶋さん

矢嶋さん

vPro® プラットフォームにはそういった巧妙な手口にもできるだけ対処できるような、おそらくビジネス向けPCのなかで最上位のセキュリティー機能を搭載しています。

インテルでこれまで培ってきたたくさんのセキュリティー技術が、ほとんど入ってると思っていただいて大丈夫です。
石倉さん

石倉さん

ウイルスってどこにでも潜んでいるのが怖いんですよね。

どれだけ自分の会社がセキュリティーを守っていても、クライアントのPCが感染してしまって、気づかないまま感染してしまうこともあると思っていて。

もう、ビジネスで使う全部のPCにvPro® プラットフォームを入れといてほしい…

ビジネスPCに必要な要素③ ヘルプデスク・管理

矢嶋さん

矢嶋さん

あとはリモートワークをするなら、遠隔からでもPCの運用管理をしやすくしなきゃいけないですよね。

vPro® プラットフォーム最大の特長は、ネットにつながっているPCであれば、電源の立ち上げから遠隔で操作ができることです
矢嶋さん

矢嶋さん

たとえば「PCにエラーが出て固まった」のようなトラブルがあったときって、社内の情報システム部に連絡すると思うんですけど…

「このコマンド打ってみて」って言われてコマンドを打って「ダメでした」って返して…って何度もやりとりすることがあるじゃないですか。
石倉さん

石倉さん

ありますね〜
矢嶋さん

矢嶋さん

vPro® プラットフォーム搭載PCであれば、情報システム部に遠隔からの操作を任せられるので、「画面を20分ほど預けたら直っている」というようなことも可能なんですよね。
小柳津さん

小柳津さん

すごいな…

素人だと「多分ここが問題で壊れたと思います」みたいな現状分析しかできないし、説明するだけでも結構時間をとられちゃうんで。

それを専門家にまるっと任せられるのは安心ですよね。
矢嶋さん

矢嶋さん

ほかにも、遠隔から電源を立ち上げて、ソフトウェアを更新して電源を落とすこともできます。

仕事終わりにAC電源コードをPCにさして置いといてもらえば夜のうちにメンテナンスができるので、昼の営業時間中に更新してもらう必要がなくなるんですよね。
石倉さん

石倉さん

それめっちゃ便利ですね。

ソフトウェアの更新をしたかどうかをメンバーに確認して回らなきゃいけないのって、本当に時間の無駄だと思うんですよ。

これって社内でシステム管理している人にとっては、一番うれしい機能なんじゃないかな。

「働き方まで変わるかも」ビジパのPCは“vPro® プラットフォーム搭載”が最適解

石倉さん

石倉さん

ここまでの話を聞いていて気づいたのが…このコロナ禍で、社内のシステム担当の働き方やニーズが激変したんでしょうね。

突然社員が社外で仕事をすることになったことで、セキュリティーの整備をもっとしないといけなくなったので。

このvPro® プラットフォームは、そんな彼らを救うシステムなんだなと思います。
石倉さん

石倉さん

ふだん彼らがどういうことを考えて仕事をしているのかってあんまり見えないし…

「困ったときに助けてくれる」くらいのイメージしかなかったんですけど。
小柳津さん

小柳津さん

「問題を起こさないことが成果」みたいなところから、会社全体のパフォーマンスを左右するところまで、役割がより高まってきてますよね。

そんな情報システム部の重要性を、経営陣は知っておかないとやばい
石倉さん

石倉さん

そういうのも知らずに、「なんで大企業はリモート化しないんだ」みたいなことをコメンテーターとして言っている自分が恥ずかしくなってきました。
心が折れるMr.リモートワーク
石倉さん

石倉さん

でも、vPro® プラットフォームを通じて彼らの働き方がすごく変わるんじゃないかという可能性も感じたんですよね

無駄なコミュニケーションや作業が減ったら、労働時間がもっと短くなるかもしれないとか。

経営陣として、社内の情報システム部のためにも、すぐにvPro® プラットフォームを搭載しなきゃなと思わされましたね。
CPU・セキュリティー・情報システム部の働き方…

毎日PCを使っているのに意識を向けてこなかったことが浮き彫りになって、改めてその重要性を考えさせられました。

今回矢嶋さんに教えてもらった、「ビジネスPC選びで本当に見るべき3つのポイント」はこちら。

① CPU・性能
② セキュリティー
③ 管理・ヘルプデスク

これらの機能をフルで使えるvPro® プラットフォーム搭載のPCは、“PCが職場”になっている人にとって強い味方になりそうです…!
〈取材・編集=福田啄也(@fkd1111)/文=山田三奈(@l_okbj)/撮影=中澤真央(@_maonakazawa_)〉