倒産寸前のメガネチェーンを再生させた男

上司が「破天荒」だと部下は困ります! “破天荒フェニックス”田中社長を問い詰めた

仕事・ビジネス2018.09.20by 新R25編集部

破天荒フェニックス』(幻冬舎)という書籍が話題です。

ある青年が、負債14億円を抱えて「絶対に倒産する」といわれていたメガネチェーン・オンデーズを買収し、再生させるまでの物語。現代表取締役の田中修治氏がブログにつづった実話がもとになっていて、小説仕立てで楽しめるのです。

Amazonのランキングでも常に上位に! SNSで感想を見かけたという人も多いでしょう。

実際読ませていただいて、とても面白い本だったんですが…。

・会社が資金難なのに新店舗をオープン
・会社が資金難なのに雑貨チェーンを買収
・会社が資金難なのにシンガポールに進出

スリリングなエピソードの数々を読みながら、こういう「破天荒上司」って、周りの部下からしたらめっちゃ迷惑だよなという感想を抱いてしまいました。R25世代の皆さんも、「破天荒」を気取る上司のムチャ振りにうんざりすること、ありますよね?

自分の上司(編集長)もそんな破天荒タイプなだけに、他人事とは思えません!

そこで今回は、田中氏を直撃して「破天荒上司」な振る舞いを改めてもらおうと思います

〈聞き手:天野俊吉(新R25編集部)〉

【田中修治(たなか・しゅうじ)】株式会社オンデーズ代表取締役社長。2008年、同社を個人で買収し、2013年には海外進出するなど“再生”させる。アイウェアブランド「OWNDAYS」は現在11カ国、250店舗(2018年8月末現在)を展開している

会社は社長が破天荒だとヤバくない?「5000万足りない」危険すぎるエピソード

天野

天野

『破天荒フェニックス』拝読しました。面白かったんですが、これに憧れて「破天荒上司」が増えたら困ると思い、直撃しにきました。

田中さん

田中さん

そう言われても。思ったとおりの行動をしてるだけだよ。

天野

天野

社長の立場である人が「破天荒」だと、周りの部下や会社が巻き込まれてしまうじゃないですか。

実際、本のなかにもありましたが、何度も経営のピンチに陥ってますよね?

田中さん

田中さん

うーん、そうなんだけど、ピンチって不思議となんとかなるもんなんだよ。

たとえばある月、キャッシュが5000万円足りなかったのね

サラリと言う金額ではない

田中さん

田中さん

どうしよう…って思ってたら「社長、伊集院さまという方からお電話です」って。「伊集院って誰だよ?」って思いながら出たら、「まとまった金額を融資したいので一度お会いしましょう」と言うのね。

で、ホテルオークラのカフェに行ったら、「伊集院と申します」って、“見るからに伊集院”みたいなハットかぶったオッサンが来てさ。

天野

天野

見るからに伊集院みたいなハット。怪しい…

田中さん

田中さん

そいつが「5000万円融資します」「借用書もいりません」って言うの。

そんなうまい話あんのかな~って思ったんだけど、「振り込みます」って言ってた日が来てもやっぱり振り込まれないんだよ。

天野

天野

まあそうでしょうね…。何が目的だったんですかね。

田中さん

田中さん

意味わかんないでしょ? おれ、そのときホテルオークラでカレーもおごってもらってるから。2500円ぐらいの(笑)

知り合いの起業家にその話したら、「それハメられかけてたんですよ!」って。つまり、「5000万円融資してもらえる」と油断させて、資金をショートさせる。状況が悪くなったら、そこで買収すると。

意図的に資金繰りを悪くさせるための騙しだったんだって。

天野

天野

大丈夫だったんですか?

田中さん

田中さん

それが、そのときはなぜか変なカンが働いて、実は手を打っておいたんだよね。銀行への返済をズラすとかして、なんとか5000万円分折り合いを付けられた。

だから最悪の事態は回避できたと。

天野

天野

カン…。危なすぎる。

平然としている破天荒フェニックス

なぜ部下がついてくるの?「リーダーシップは結果によるバイアスだ」

天野

天野

危ない話がいくらでも出てきそうですが…。正直、社員の方はこんな社長のことをどう思っているんですか?

同席してくださった広報担当・重村さん

重村さん

重村さん

今年の年始に「1~3月の既存店舗の売上、1回でも昨年対比を割ったら社長辞める」って言い出したときは、さすがに焦りました(笑)。

でも「社長を辞めさせるわけにはいかない」ってみんな言っていたので、求心力を感じましたね

天野

天野

(求心力があるのか…)

破天荒な感じなのに周りから信頼されるって、秘訣があるんでしょうか?

田中さん

田中さん

リーダーシップってバイアスなんですよ。結局、結果を出してる人はどんな振る舞いをしても評価される。むしろヒドイ振る舞いをしてるほど「さすがだ」とか言われるんです

だから、結果を出すことに集中する。

田中さん

田中さん

たとえば、田中角栄っていまだにすごい人気じゃないですか。いろんな経営者にきいても、「尊敬する人」と名前が挙がりますよね。

でも、冷静に見たらいろいろとんでもないこともやってるでしょ。ロッキード事件で逮捕されてるわけだし。

天野

天野

今だったら信じられないほど、お金にまつわるブラックな逸話がたくさんありますね。

田中さん

田中さん

なのに、悪く言う人より、圧倒的に評価する人のほうが多い。

なぜかといえば、やっぱり彼の政権のときに日本が大きく成長して、みんなが恩恵にあずかったからですよ。

天野

天野

説得力がある…

田中さん

田中さん

もしおれが遊び呆けてようが、会社が成長して給料がアップしてれば、「さすが破天荒社長!」って誉められるんです

逆に、おれが毎朝早く来て会社のトイレ掃除とかやってても、赤字で給料カットなんて状況になったら、多分みんな辞めてくよ(笑)。

「人生の選択はウルトラクイズじゃない」行動だけを重視すれば、失敗しても後悔しない

天野

天野

本を読んでて「これは周りの人困っただろうな」と思ったのが、会社の赤字が止まらない状況なのに、田中さんが「新規店舗をつくる」と言いはじめるくだりです。

財務担当者も「社員をリストラしてでも赤字を止めるのが最優先!」とキレてますよね

田中さん

田中さん

そのときはそれがベストだと思ったんですよ。

天野

天野

でもですね、実際そのお店は「全然人が来なくて大失敗」という結果に終わってますよね。

さすがにこれは「破天荒」の典型的な失敗なのでは?「あんなムチャ言わなきゃよかった」って後悔したんじゃないですか?

田中さん

田中さん

おれはどんなときでも、後悔なんてまったくしないです

「If」を考えはじめちゃうとキリがないから。

天野

天野

本当ですか? 自分のせいで苦しい状況になってしまったら、普通自分の選択を後悔すると思うんですが…

田中さん

田中さん

あのね。みんなそうなんだけど、人生の選択を、まるで『ウルトラクイズ』の泥んこクイズみたいなもんだと思ってる人が多いんだよね。

天野

天野

ウルトラクイズ…。あの、パネルがふたつあって、飛び込むとどっちかが泥になってるやつですか?

田中さん

田中さん

そう。それで「どっちを選んだら泥か?」って、う~んとか言ってって悩んでる。

でも本当は違うんだよ。どっちも泥じゃないの

天野

天野

どういう意味ですか?

田中さん

田中さん

飛び込んでみたら、実際にはどっちも泥なんかじゃなくて、ただ人生が続くだけ

でも、その後どう行動するかによって、その選択が正解にもなるしドロドロの不正解にもなる

だからおれは“選択”を重要視してないわけ。その後の“行動”しか重視してない。破天荒って言われるかもしれないけど、そう考えてるだけなんだよね。

天野

天野

そこまでのお考えがあったとは…お見それしました!

「破天荒」とは、行動力を重視したポジティブな姿勢だったんですね。

田中さん

田中さん

ポジティブな姿勢! その通り。

天野

天野

ちなみにですが、田中さんは私生活でもそんな破天荒スタイルなんでしょうか?

田中さん

田中さん

ちょっと去年プライベートで破天荒しすぎてしまいまして

今年1年は禊の年なんで、酒も夜遊びもやめて、22時には家庭に帰るようにしてますね。

天野

天野

なんてオチだ!

破天荒フェニックスは、私生活も破天荒でした

しかし、倒産寸前の会社を立ち直らせた「破天荒」の真髄は、「選択する前に悩むのではなく、決断したあとの行動にコミットする」というシンプルなもの。

破天荒上司は迷惑…とばかり考えていましたが、むしろチームを率いる立場の人間には、必要な資質なのかもしれません。

ちなみに、次なる目標は「本が売れたら長野で蕎麦屋でも開きたい」とのこと

〈取材・文=天野俊吉(@amanop)/撮影=池田博美(@southsidehiro)〉

ライター・コラムニスト募集中!

商品や企業の魅力をPRしませんか?

App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
新R25アプリも登場