与沢翼著『ブチ抜く力』より

ビジネスは“一石五鳥”が鉄則。ブチ抜きたいなら、ポジティブな職権乱用を使え

仕事

特集

2020年 ジブン改革

特集へ

新R25読者のみなさま、あけましておめでとうございます。

東京オリンピック開催年であり、日本経済にとっても大きな変化がおとずれそうな2020年が始まりました。

昨年を振り返ってみると、「人生を変えるような転機があった」「成長した実感がある」「なんとなく過ごしてしまった…」など、さまざまな思いがあるはず。

そこで、新R25では年末年始にかけて、これまでの自分の働き方を振り返ったり、心機一転してスタートダッシュをきったりできるような書籍をピックアップする特集を考えました。

その名も「2020年 ジブン改革」。
今回ご紹介するのは、実業家・与沢翼さんの著書『ブチ抜く力』。

秒速で1億円稼ぐ男」「ネオヒルズ族」と称され、一世を風靡した与沢さんですが、2014年に経営していた会社が解散。一文無しになり公の場から姿を消しました。

与沢翼はもう終わった

そう誰もが噂をするなか、与沢さんは持ち前のストイックさを発揮し、約4年の歳月を経て実業家・投資家として見事復活を遂げました

・仮想通貨に1億3500万円を投資。3か月で27億円にし、そのうち14億円を利益確定

・65日間で91.2kgから69kgまで22kgのダイエットに成功

・世界各地に計40戸、総額45億円分の不動産をすべてキャッシュで購入

驚くべきなのが、ただ復活を遂げただけではなく、最短・最速で結果を出しつづけていたこと。

一体なぜ、与沢さんはここまで結果を出せたのか?

成功の理由を、同書から3記事抜粋してお届けします!

稼ぐ事は1回ではなく、一生続けるもの

ビジネスで成功したいという人の大半が抱くのは「一発逆転」、つまりワンチャン当てたいという考え方です。

ヒットアイディアで一発当てて、人生遊んで暮らしたい

儲かるビジネスを掘り当てたい

これらの考えを持つ事自体は悪くはないと思いますが、一発逆転はごく一時的なものでしかなく、長期的に見ると失敗するケースも多いものです。

時と場合によっては、「一発逆転」は害悪にすらなり得ます。
 
なぜ「一発逆転」が害なのか。まず、一つの偶然を「全ての真理」だと誤解しやすくなるという点です。

一度の偶然による成功体験により植え付けられた誤った考えが、将来に渡ってあなたの足を引っ張り続けます。

さらに、その一発逆転で人生を甘く捉えてしまうのです。私自身は稼ぐ事は1回ではなく、一生続けるものという認識を持っています。

なぜなら、一発で稼ぐ金額よりも、持続的に稼ぎ続けて複利で増やしていく方が、得られる純資産は膨大なものになるとわかっているからです。

例えば、1回10億円を当てるビジネスよりも、コンスタントに10年間3億円を毎年稼ぎ続け、そのお金を元に初年度から複利で増やす方が、はるかに膨大な利益が手元に残ります。

つまり、「一発で儲かる仕事」を探すよりも、「儲かるようにした仕事を、長く続ける」のが最大の秘訣です。稼ぐなら、稼ぎ続けないと意味はないのです。

いかにビジネスを広げられるか考えよう

「稼ぐ」という事を単発的なものとして捉えている限り、突き抜けた成功を生む事は不可能です。

成功している人とは、誰も真似できないくらい10年、20年とそれを変化させつつも、持続できている人の事を指します。

では、突き抜けた存在になるためにはどうしたらいいのか。

一つの成功体験にあぐらをかくのではなく、いかにその成功体験を今後別の方向に拡げていけるのか

そのビジネスの「拡張性」(スケーラビリティ)を考えていきましょう。

例えば、年間5億円のビジネスに成長したら、その5億円に甘んじていてはいけません。

次の一手として、5億円のビジネスを生んだ成功体験を本にしたり、ブログに書いたりして世の中に伝える。

すると、その本をきっかけに、例えばノウハウを売るなどして10億円のビジネスにさらに成長するかもしれませんし、フランチャイズをやって年間50億円の新しいビジネスが生まれるかもしれません。

一つひとつの事を積み上げていくという発想を作らないと、せっかくの成功体験も全てがブツ切りになってしまいます。

これは非常にもったいない事です。伸びた時にさらに伸ばすのは定石です。

私の場合、仮想通貨で成功した事から、様々な仮想通貨会社から広告が入るようになり、先日も海外の仮想通貨会社から大きな広告を頂戴しました。

また、儲けて出金した14億円は1カ月も経たずに全額を別の資産に再投資しています。

さらに、仮想通貨でツイッターやLINE@の読者さんが増える中、65日間22㎏のダイエットを行って一層読者が増え、新たな広告収入を生む事にも成功しました。

一つの成功体験を糧に、次のアクションを直ちに起こす事が大切なのです。

注意点としては、拡張性がないビジネスを選ばないようにするという点です。

せっかくブチ抜いた存在になっても、拡張性のないビジネスだと拡がりが生まれません。

何かを成功させたらそれを元手に次に繋げるという発想が絶対に必要不可欠なのです。

Twitterでも「一石五鳥」は狙っていける

新しい事を始める時、そこに複数の実益や意味がないと動かない。私はいつもそう思っています。

人生のモットーは「一石二鳥」、できれば「一石五鳥」。ある事に対して、最低2つ、可能であれば5つくらいのリターンを得たいと常日頃から虎視眈々と狙っています。

たった一つのリターンしか得られない事は基本的にやりません。それでは少な過ぎるし、普通の結果しか生まないとわかっているからです。

一見、何気なくやっているように見える行為でも、私の場合、実は全ての行動に「」が絡んでいると言えます。

現在、私はツイッターを頻繁に更新していますが、優良なツイートをする事で自分の考えが整理できるだけでなく、フォロワーが増えるメリットもあります。

そして、ツイッターのフォロワー数が増えると「広告を出したい」というクライアントが増え、お金にもなります。

さらに言えば、影響力が高まり、何か始める時の仲間をすぐに見つける事もできるでしょう。つまり、私にとってツイッターで呟く事は、幾重もの意味を成しているわけです。

でも、多くの人は非常に控えめで、例えば「この会社で働いて労働の対価として、給与という一つのリターンがあればいいか」と思いがちです。

でも、それでは普通の人と同じ結果しか得られず、突き抜けた存在にはなれません。

会社で働くのは人脈作り、出資者集め、給与獲得、ノウハウ蓄積、恋人探しなど、一つの事をやるなら何個の利が取れるのか、と常々意識する貪欲さが大切です。

学生であれば、勉強の他に、創業メンバー探し、出資者探し、大人になってからは自由が制限されるからこそ暇な時間を活かした長期の海外渡航やインターン経験など、学生であるがゆえに幾重もの利を狙う事ができます。

実際、私は早稲田大学時代に大学主催のものだけでなく、上場企業主催のものも含めていくつものビジネスプランコンテストに出場しては人脈やノウハウ、情報を積んでいきました。

アパレル分野でサクッと創業し、すぐに年商10億にできたのも大学時代にインターン先のITベンチャーから学んでいたからですし、何より学生という「可愛いらしい身分」をふんだんに乱用し、銀座のクラブにタダで連れて行ってもらったり、上場企業の社長さんからシークレットな場面でお話を聞けるといった最高の環境を作り出していたからでもあります。

このように「一石二鳥以上」のメリットを常に考えないと、最短・最速の結果は出せないのです。

ポジティブな職権乱用で突き抜ける

ちなみに「職権乱用」という言葉がありますが、ポジティブな職権乱用であれば、 私はどんどんするべきだと思っています。

私がサラリーマンだったら、職権乱用ばかりしていただろうという確信があります。

例えば私が銀行の法人担当で企業のトップの方とお会いできる仕事だったら、全力で自分を覚えてもらい、好きになってもらい、そこから支援者を募ってでもして、会社とは別に自分のビジネスを立ち上げていくと思います。

「公私混同」と思われるかもしれませんが、そのくらい“したたか”でなければ、一石五鳥の人間にはなれません。

もしもあなた自身が「突き抜けたい」と思うのであれば、「正統派のままでいく」「常識の範囲で結果を出す」という考えを捨て、“一石五鳥”思考を持つよう心掛けてください。

思わず行動したくなる!結果に結びつく究極のストイック本

新年に立てた目標がいつも叶えられない

仕事で疲れて『明日でいいや』と思ってしまう

忙しい日々を過ごしていると、つい自分の夢や目標を忘れてしまいますよね…。

ブチ抜く力』は、そんな弱気になった心にガツンと刺激を与えてくれる一冊です。

思わず行動したくなる、アドレナリン全開の同書を読んで、目標達成を目指しましょう!

Twitterをフォローしよう

新R25 × YouTube

チャンネル登録よろしくお願いします!

この記事をシェア

新R25取材班を呼んでみませんか?

オプトアウト(Cookieの無効化)が完了いたしました

オプトアウト以降、「Cookie情報」を利用した行動ターゲティングは無効化されますが、Cookieの削除やPCの変更等により、お客様のオプトアウト情報が機能しない場合がありますので、再度「無効化(オプトアウト)」が必要になります。

引き続き「Cookie情報」を利用しない通常の広告配信は行われます。