鴨頭嘉人YouTubeチャンネルより

「いつも暇だ」と言えない人は出世できない。出世スピードを格段に上げる2つの条件

仕事
若手ビジネスパーソンのなかには、「まわりよりも早く出世したい!」と、社内で活躍するキャリアを思い描きながら、熱心に仕事に取り組んでいる人も多いでしょう。

日本マクドナルドで“伝説の店長”と呼ばれ、自身の講演を発信している“炎の講演家”・鴨頭嘉人さんも、会社員時代にスピード出世を果たしたビジネスマンのひとり。

今回は、鴨頭さんのYouTubeチャンネルより、彼が実践していたという「出世のスピードが格段に早まる方法」をご紹介します。
【鴨頭嘉人(かもがしら・よしひと)】高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社。30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、お客様満足度日本一、従業員満足度日本一、セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。その後も最優秀コンサルタント。米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマクドナルド表彰もすべて受賞する功績を残す。2010年に独立。現在は組織構築・人材育成・セールス獲得についての講演・研修を行う「炎の講演家」として活躍している

「いつも暇だ」と言えない人は出世する資格がない

ほとんどの人が勘違いしている気がしますが、組織論でいうと部下は「暇」です

でも、会社で働いてる人の多くは「忙しくて勉強する暇がない」と言っています。

正直、今のポジションにいる時点で、忙しくて勉強する暇がないのであれば、その人は出世する資格がありません

下のレイヤーにいる時点で仕事をこなすのが精一杯なら、上に行っちゃダメ。そんな人が出世したら、会社のパフォーマンスが下がってしまいます。

今のポジションで暇で仕方ないという人が、次のポジションに行くべきです。

「いつも暇だ」と言えない人は、出世を諦めてください

常に2タイトル上の人の視点で働く

僕は、マクドナルドで比較的早く出世しました。

その理由は、いつも2タイトル上の人の視点で仕事をしていたから。

たとえば、自分が店長のときには、1タイトル上のスーパーバイザーの視点ではなく、そのスーパーバイザーの上司の視点を考えていました。

これを考えられると、組織で働くのがとっても楽になります。

マクドナルドって、1日のうちに4000人のお客様を接客するので、ものすごく忙しいんです。

まあ僕は店長で終わる気がなかったので、「ハッハッハッ、みんな忙しそうだな。俺は暇だけど」と、思っていたんですけどね。

そんな、みんなが忙しく働いているときに、直属の上司がやってきて「鴨ちゃん、もっと人件費削れないの?」と、言いました。

「目一杯やってるやんけ!」と、思うじゃないですか。

だから、ほとんどの人は「無理っす」と言うんですよ。

でも僕は、そうは言いません。

なぜかというと、「この人は、どうしてこのセリフを言っているのか」を考えるから。

スーパーバイザーはなぜ「もっと人件費削れないの?」と、店長に言いに来たんでしょう?

上司に言われたからですよね。

だから僕は、その直属の上司に「どういう指示が来ましたか?」と聞きました。

すると「全社的に、エリア全体の人件費を0.1%下げなきゃいけなくなったんだ。うちのエリアはほかのエリアよりも人件費が高いから、本当は0.2%下げなきゃいけないんだけど、一応コミットメントは0.1%にしておいた」と、教えてもらえたんです。

僕はそこで「ありがとうございます。じゃあ、うちの店は0.2%下げます!」と言います。

そうしたら、スーパーバイザーは俺のことをどう思うでしょう?

こいつイケてるな」って、思われるんです。

言葉の背景を理解すれば、出世のスピードが格段に早まる

実践すれば、出世のスピードが格段に早まりますよ。僕は「人件費0.2%削減」を達成するために、部下とコミュニケーションとりました。

部下にはこう言います。

「実は今、全社的に人件費を0.1%下げなきゃいけないらしい。うちは本来なら0.2%下げなきゃいけないエリアなんだが、直属のスーパーバイザーが『ここのお店は本当に頑張ってるから』と上を説得してくれて、0.1%でいいことになったんだ。すごいと思わないか?」

「でも俺はな、人件費を0.2%下げてみようと思う。そしたらスーパーバイザーはどう思うかな?俺たちのことを、もっといい環境で働かせようと思うんじゃない?

すると、みんなが頑張ってくれて「人件費0.2%削減」を達成できるんです。

当然、スーパーバイザーは僕の評価を上げますよね。

だから出世します。

これは能力の違いというよりも、視点の違いです。

ほとんどの人は、できるかできないかよりも前に「ふざけるな」と感情的になって、チャレンジしようともしない。

だから、コミュニケーションがうまく取れないし、結果も出せない。

情報が少ないから、部下に「上が『とりあえず0.1%下げろ』って言ってるんだけど」なんて言っちゃう。

それじゃあ、みんなのやる気って上がらないですよね。

2タイトル上の人の視点で仕事をするようになると、直属の上司が言っている言葉の背景を理解できるようになります。
出典Youtube

鴨頭さんのYouTubeチャンネルには、仕事に役立つ話が満載です!

鴨頭さんのYouTubeチャンネルでは、今回の動画のような「日々の仕事に役立つ情報」が毎日更新されています。

「人間関係を円滑にするコミュニケーション」や「人生をよりよくする習慣」など、幸せに働くためのノウハウが詰まった鴨頭さんのYouTubeチャンネルを、ぜひチェックしてみてください!

Twitterをフォローしよう

新R25 × YouTube

チャンネル登録よろしくお願いします!

この記事をシェア

新R25取材班を呼んでみませんか?

オプトアウト(Cookieの無効化)が完了いたしました

オプトアウト以降、「Cookie情報」を利用した行動ターゲティングは無効化されますが、Cookieの削除やPCの変更等により、お客様のオプトアウト情報が機能しない場合がありますので、再度「無効化(オプトアウト)」が必要になります。

引き続き「Cookie情報」を利用しない通常の広告配信は行われます。