「彼らのことを、絶対守りたい」

「それを言えるのは、今の芸能界には俺しかいない」手越祐也が企む“世界をポジティブにする方法”

仕事
説明不要のカリスマアーティスト、手越祐也

今年6月に自身のYouTubeチャンネルを開設し、今後の活動などについて語った「緊急記者会見」のライブ配信動画は1000万再生を突破。ほかにも時事ネタを斬る動画をアップするなど、その自由なスタイルにますます称賛が集まっています。
【手越祐也(てごし・ゆうや)】1987年生まれ、神奈川県出身。2003年デビュー。2020年6月には自身のYouTubeチャンネル、Twitterアカウントを開設
手越さんの魅力は、なんといってもその突き抜けたポジティブさ

いつでも明るく元気で、落ち込む瞬間なんて微塵もなさそうな手越さんですが…独立直後に公開した動画では、「俺だって怖いよ、正直。めちゃくちゃ怖い」と語る場面も。

そこで今回新R25は、「手越流・ポジティブに生きる秘訣」を本気で掘り下げました。

・「手越さんが企む、“世界をポジティブに変える方法”とは?」
・「苦しいときに自分をポジティブに持っていく方法とは?」
・「自分の未来をポジティブに信じる方法とは?」

スーパーポジティブ・手越祐也の真髄、新R25が全力でお届けします
〈聞き手=サノトモキ〉

「僕がお茶の間を、世界を、もっとポジティブに変えていきます」

サノ

サノ

今日は、手越さんの「ポジティブさの秘訣」を伺いにきました!

よろしくお願いします!
手越さん

手越さん

わかりました! よろしくお願いしまーす!
「よろしくお願いしまーす!」で手ぇ合わせてる…ダメだかわいい…
サノ

サノ

手越さん、記者会見で「活動を通して、人にポジティブなエネルギーを与えたい」と言ってましたよね。

具体的に、どういうイメージを持っているんですか?
手越さん

手越さん

まずは、俺ががむしゃらにチャレンジする姿を見て、一人でも「自分も前向きに挑戦してみよう」と思ってくれる人がいたらうれしいですね!

そのために、歌もYouTubeも全力でやってるんで。
今回の取材も明るく全力対応してくれる手越さん。筆者ちょっと光合成してる気がします
手越さん

手越さん

ただ、僕がポジティブにしていきたいのは、自分を応援してくれる人だけじゃないのね。

僕は、芸能界全体をポジティブに変えて、お茶の間を、世界をもっとポジティブに変えたいと思ってます。
サノ

サノ

規模が大きい話になってきた…。どういうことですか?
手越さん

手越さん

今って、いろんな人が何か問題を起こすと、その人が活動できなくなるまで叩いたりするじゃないですか。

僕はこれ、すごくネガティブな空気だなと思うんですよね。

人の不幸で、自分が幸せになんてなれないのに。
手越さん

手越さん

芸能人が活動自粛になることで、国民全員の懐にお金が入ったりするならわかりますよ?(笑)

でも、1円も入らないし、叩いてる人たちの人生は1mmも明るいものにならない。

だったら、「そのぶんもっと頑張っていいパフォーマンス見せなさいよ」って言ってやったほうが、圧倒的にポジティブな世の中になると思うんですよね。
サノ

サノ

なるほど…! 叩いて誰も得せず終わるより、そっちのほうがハッピーかも。
手越さん

手越さん

個人的には、「謝罪会見」もわざわざ開かなくていいじゃんって思う。

不倫してしまった方が「ご迷惑おかけしました」って謝ってますけど、実際俺らの生活には何のプラスもマイナスもないじゃないですか。

いやいや! ご迷惑こうむってないよ!」って思うんですよね。
「事務所、仕事の関係者、ファンのみなさん。そこにはしっかり謝るべきですけどね」
サノ

サノ

でも、この空気はなかなか変えらないですよね…
手越さん

手越さん

いや、僕は本気で変えていきたいし、変えられると思ってます。
!?
手越さん

手越さん

僕、芸能界を変えるのは「先輩」の立ち振る舞いだと思ってるんです。
サノ

サノ

先輩…?
手越さん

手越さん

最近、先輩たちが後輩を守ってやる、っていう動きが少ないなと思うんです。

今、大御所と呼ばれてるような人たちも、長い人生のなかでいろんな失敗経験があったと思うんですよ。

番組の大御所コメンテーターとかが不祥事にあれこれ言ったりしてますけど、「いやアンタがそこまで言うか!?」って思うこともありますもん(笑)。
サノ

サノ

か、書けるかわからないレベルの本音が炸裂している!
手越さん

手越さん

いや、もちろんダメよ!? 未成年飲酒も不倫も、ダメなのは大前提。

でもみんな、週刊誌やアンチと一緒になって叩くでしょ。

スポンサーやテレビ局の“人形”になっちゃって、「弱っている人を守る」という動きをできる人が少なすぎる。
サノ

サノ

でもそう思ってても、やっぱり「別にこの人そこまで悪くなくない?」って言えない空気があるというか…
手越さん

手越さん

そう。それが言える人って今の芸能界にいないと思うんですよ。地上波やってる人はまず無理。

でも、俺は言えるんですよ。フリーの、俺なら。
…!
サノ

サノ

つまり、手越さんがそういう存在になるってことですか?
手越さん

手越さん

そうです。僕が後輩を守る先輩」になって、芸能界を変えていく

芸能人が叩かれたり、自死のニュースがつづいてしまったりしたときに、本当に思います。

人生を棒に振るほど、追い込まなきゃいけなかったのか?」って。
サノ

サノ

…本当に、そうですよね。
手越さん

手越さん

頭下げてる人に、さらに石投げて…イヤな気持ちになるじゃないですか。そんなテレビ、観てらんないですよ。

そう思ってる人はたくさんいると思うんですけど、誰も止められないんですよね。

だからこそ、僕が動きたい
手越さん

手越さん

これから多くの人の前に立つ仕事を目指す子や、もともといた事務所の後輩たちが20歳、25歳となって世に出たとき…彼らのことを絶対守りたい

彼らが健全にパフォーマンスに集中できるような、生きやすい未来を実現したいんです。

その世界、誰も損しないんで。叩いてる人にとっても、人を叩く時間が減るって絶対プラスだと思うし。
サノ

サノ

叩いてる人にすら、ポジティブなエネルギーを与えようとしてるのか…

でも、手越さんがそういう存在になったら、後に続く人も増えそうですよね。
手越さん

手越さん

誰かが言っちゃえばね。

最初の一人が出れば、“僕も私も”ってなりますよ。

まあその「誰か」になれるのは僕くらいしかいないと思うので、頑張りたいっすね。
明るい語り口でしたが、とても強い覚悟を感じました

手越流・ポジティブに生きる秘訣は「普段通り過ごす」

サノ

サノ

ちなみに…

そんな手越さんにも、「ポジティブになれない瞬間」ってあるんですか?
手越さん

手越さん

僕も人間なんで、たまーにありますよ(笑)。

ただ、長続きはしないっすね。長くて1日、2日です。
サノ

サノ

はや! 引きずらないために何かされてるんですか?
手越さん

手越さん

僕ね、ネガティブな気持ちに飲まれそうなときほど、「普段通りに過ごす」が大事だと思うんですよ。
手越さん

手越さん

たとえば、入試の前日に不安だからって夜遅くまで勉強したり、ご馳走を食べて気合を入れたりしたら、余計ソワソワしちゃうじゃないですか。

落ち込んだときもそれと同じで、サッカーが趣味ならサッカーしに行って、お酒が好きなら仲間とぱーっとお酒を飲みにいったほうがいい。

家に閉じこもったりして、「普段と違う日常」を過ごしてしまうからこそ悩むんですよね。
サノ

サノ

なるほど…!

ちなみになんですが、手越さんが「人生で一番ネガティブになったとき」ってどんなときですか…?
手越さん

手越さん

うーん…それはやっぱり、「家族の死」かな。

犬や父親が亡くなったときね。

父親は、僕が『イッテQ』の収録をしているときに亡くなったんですよ。
手越さん

手越さん

前日に急に倒れて「危篤状態」と告げられたんですけど、仕事は空けられないから翌日も収録に行って。

途中でいったん抜けて病院に向かおうとしてるときに、母親から「お父さんが亡くなった」って電話があった。
サノ

サノ

そうだったんですね…
手越さん

手越さん

「え、ドッキリかな?」と思ったんだよね。何の予兆もなかったから。

正直、ダメージはめちゃくちゃ大きかったんだけど…でも、そこでも「普段通りでいよう」って思った。

泣かないように、普段通りテレビ局に行って、普段通りにイッテQの収録をしました
手越さん

手越さん

喪主をしたときも、「みなさんのお気持ちはうれしいんですけど、親父は本当に明るい人だったので、できれば泣きながらじゃなくて、笑って送り出してあげてほしいです」って話しましたね。

ネガティブになりそうなときほど、「普段通り」を頑張る

僕がポジティブでいるために心がけてるのは、これに尽きます。

“後悔のない決断”についてきいたら「アメリカ大統領」の話が出てきた

サノ

サノ

人生の一大事ということで言うと…

少しお聞きしづらいんですが、“独立”のときもポジティブに、普段通りに決断されたんでしょうか?
手越さん

手越さん

うーん…やっぱり大きな決断だったんで、普段通りというのは難しかったかな

18年間やってきた事務所を32歳で退所するという決断は、並大抵のものではなかった
表には見せていない葛藤がたくさんあったんだろうな…
手越さん

手越さん

嫌いで辞めたなら清々してると思うんですけど、実際そうじゃない。

人生でやりたいことを後悔なく挑戦し尽くすために、最終的に今の道を選びましたけど…

俺は誇りを持ってやってたし、両方やれるなら両方やりたかった。でもそれはルール的に許されなかったから、出ざるを得なかったんですね。
サノ

サノ

記者会見でも、想いはすごく伝わってきました。

後ろ向きな迷いもたくさんあったなかで…どうやってポジティブに決断をしたんですか?
手越さん

手越さん

自分で選んだということが、責任につながると思ったからです。

なんて言えば伝わるかなあ~…

たとえば、「アメリカの大統領と日本の首相の選挙制度の違い」ってわかります?
サノ

サノ

手越さんからそんな「社会の授業」みたいな質問が来るとは…

これ答えられないと恥ずかしいけど、なんだっけ…
手越さん

手越さん

誰が選んでるか」が違うってやつですね。

アメリカの大統領は、国民の投票によって選ばれるでしょ。自分たちの1票でリーダーを選んでるから、国民にも少なからず責任感がある。
アメリカ大統領選は、「どちらの候補に投票するか明言している“選挙人”」に国民が投票するので、実質的な直接選挙制といわれています(調べた)
手越さん

手越さん

でも、日本の首相は国会で政治家によって選ばれますよね。

国民一人ひとりが投票して首相を選んでる実感がないから、何かちょっと問題があるとすぐ「ふざけんな」って声が上がってしまう。

何が言いたいかというと…自分で選んだほうが結果に責任を持てるし、責任を持てたほうが後悔がないと思うんですよ。
サノ

サノ

…!
手越さん

手越さん

僕の友人は基本、経営者とか歳上の先輩方ばっかりなんですけど、年を取ってから「やらない後悔」を引きずってる人ってすごく多いんですね。

いろんな人を見ていて、もしコロナが長引いて“2年後もライブできない”みたいなことになったとき、自分も「あのとき動いとけばよかった」って後悔するのが見えたんです。
手越さん

手越さん

何かを選べば必ず「いい結果」も「悪い結果」も生まれるけど、自分で選んだほうが「悪い結果」も“自分のもの”として納得して背負っていける

そう思ってるからこそ、自分が選びたい未来をポジティブに信じられたのかな。
サノ

サノ

なるほど…!

ポジティブでいる方法、ポジティブな未来を信じる方法、そして世界をポジティブに変える方法。

今日はとても大切なお話をしてくださって、ありがとうございました! これからも応援してます!!
手越さん

手越さん

僕も落ち込んだりしますけど…今まで通りついてきてくれたファンの方、「自分もチャレンジしたい」って新しくついてきてくれた方も、すごくたくさんいるんで。

もう、やるだけっすね

これからもがむしゃらにチャレンジしていくんで、見守ってもらえたら!
取材をしながら、手越さんのポジティブさは、“人柄”であると同時にひとつの“覚悟”であるようにも感じました。

いつでも強くいられるわけじゃないし、当然不安にもなる。

それでも、「お茶の間を、芸能界を、世界を明るくする」という信念を貫くために、「前を向いて、ポジティブに生きる」という生き様を見せつづけたい。そんな熱い覚悟を、僭越ながら筆者は(勝手に)感じてしまいました。

受け取ったエネルギー燃やして、これからも頑張るぞ!

〈取材・文=サノトモキ(@mlby_sns)/編集=天野俊吉(@amanop)/撮影=長谷英史(@hasehidephoto)〉
手越祐也チャンネル

手越祐也チャンネル

手越さんのYouTubeチャンネルはこちらから!