「au=携帯キャリア」の時代は終わり!?

保険や資産運用までできるってホント?おトクに使う方法は?auの“スマートマネー構想”にツッコんだ

PR

KDDI株式会社

ライフスタイル
各社からさまざまな新商品が登場する現在。

でも、その商品ってよく考えてみると、ちょっとツッコミどころもありませんか?

「新商品ポリス」では、新R25編集部が企業にお邪魔して、商品やサービスに読者目線(?)で切り込みます。はたして担当者はツッコミを見事跳ね返し、商品の良さをアピールできるのか…。

今回ツッコミにいくのは、みなさんご存じ「au」

携帯キャリアとしてのイメージが強いauですが、実は2019年から“auスマートマネー構想”を掲げ、金融・保険関連のサービスも充実させているそう。

とはいえ、auで資産運用? 保険…? あんまりピンこないですよね。

というわけで今回は、auが掲げるスマートマネー構想について、遠慮なくツッコミを入れてきました!

〈聞き手=いしかわゆき〉

ツッコミ①:なんで通信会社が金融サービスをやってるんですか?

取材に応えてくれるのは、KDDI株式会社 パーソナル事業本部 金融決済ビジネス部長の長野敦史さんです
いしかわ

いしかわ

失礼ながら、auが通信事業以外のことをやってらっしゃるのを知らなかったんですけど…
長野さん

長野さん

実はauは、「auじぶん銀行」というネット銀行など、ガラケーの時代から金融サービスに取り組んでいるんですよ

「auじぶん銀行」は、オンラインでの銀行口座の開設や、携帯電話番号を用いた送金など、当時から先進的なサービスを提供してきました。
ガラケーの時代から…。先駆者だったんですね
長野さん

長野さん

そこから発展して、私たちは2019年から“auスマートマネー構想”を掲げました。

簡単にいうと、スマホを通して決済や金融にまつわるサービスを総合的に提供しようという構想です。
長野さん

長野さん

電話やメールからはじまり、ゲーム、音楽、動画…と、スマホ1台でさまざまなコンテンツが楽しめるようになりましたよね。

でもお客さまの日常生活は、エンタメだけで成り立ってるわけじゃない。

我々はもっと広く、お客さまのライフスタイルも含めてサポートしていきたいと考えました。
いしかわ

いしかわ

でも、通信会社が金融サービスってけっこう遠いイメージが…
長野さん

長野さん

auスマートマネー構想は、単に「金融サービスを提供する」ことだけが目的じゃないんですよ。

真の目的は、「スマホを通じて、金融や決済を身近に感じてもらう」ことなんです。
長野さん

長野さん

特に若い方からすると、お金まわりのことって複雑で面倒なイメージがあるじゃないですか。

そもそも銀行の窓口は夜になると閉まっているし、保険を契約するにもわざわざ店舗に行って何時間も相談をして、何枚も書類を書いたりして…

一方で、スマホは日々持ち歩いている身近なもの。そんなスマホがお金にまつわる“すべての入り口”になったら、生活がもっと便利になるはずです。
長野さん

長野さん

“auスマートマネー構想”は、固定電話、ガラケー、スマホと、ずっとお客さまに寄り添いながら「使い心地の良さ」を追求してきたauならではの取り組みだと自負しています。

身近にある「スマホ」が入り口だと、始めるハードルもグッと下がりますよね?
いしかわ

いしかわ

なるほど…“auスマートマネー構想”の中身はどんなものがあるんですか?
長野さん

長野さん

銀行、スマホ決済、保険、資産運用、住宅ローン…「貯める」「支払う」「借りる」「備える」「増やす」にまつわるサービスはだいたいすべて網羅しています。
いしかわ

いしかわ

ローンまで? 多すぎません?
長野さん

長野さん

「お客さまのライフスタイルをサポートする」と考えるとどれも外せなくて…(笑)。
長野さん

長野さん

たとえば、バイトを始めるタイミングで銀行口座を作る。海外旅行のためにクレジットカードを作る。社会人になったら将来のために保険に入り、結婚したら家を買う…

そんなお客さまの生活にいつも寄り添いたいからこそ、必要なものは全部そろえています。
いしかわ

いしかわ

とはいえ、専門外の事業を立ち上げるのってけっこう大変じゃないですか…?
長野さん

長野さん

たしかに、私たちも当初は金融に関して素人でした。

なので、銀行は三菱UFJ銀行さん、保険はあいおいニッセイ同和損保さんなどといった、信頼できるパートナー企業に協力をお願いし、知見やノウハウを蓄積してきました。

専門的なところは知見を借りつつ、私たちは「お客さまに身近に感じてもらう」という得意分野で工夫を凝らす。

お互いの強みを活かした連携で、お客さまにわかりやすくサービスをお届けしています。

ツッコミ②:auユーザー以外メリットってあるんですか…?

いしかわ

いしかわ

最近は、ほかの通信会社もどんどんサービスを拡大してますよね。“auならでは”の強みはどこにあるんでしょう?
長野さん

長野さん

最大の強みは、さまざまなサービスをセットにすることで、さらに便利かつおトクに使っていただけることです。
長野さん

長野さん

たとえば、au回線と「じぶんでんき」をセットで利用すると、auじぶん銀行の住宅ローンの適用金利が最大年0.1%引き下げになる「au金利優遇割」があります。

ほかにも、「auじぶん銀行」と「au PAY」や「au PAY カード(クレジットカード)」などの関連サービスを連携すると、円普通預金の金利が最大年0.2%(税引後 年0.15%)*になる「auまとめて金利優遇」というのもありますよ。

年0.2%と言われてもピンとこないかもしれませんが、これは通常の200倍。業界最高水準**の金利です。
*2021年10月4日現在
**2021年8月25日時点・auじぶん銀行調べ
いしかわ

いしかわ

おトクなのはなんとなくわかったんですが、それってauユーザーに限った話ですよね?
長野さん

長野さん

いや、そんなことはないんですよ!

…正確に言うと、au回線も合わせて使っていただくのが一番おトクなので、ぜひスマホもauにしていただきたいところなんですが(笑)。
まあそうですよね
長野さん

長野さん

とはいえ、他キャリアのユーザーさんでもおトクに使っていただけるよう、さまざまな工夫を凝らしています。

特に、多くの方にメリットを感じていただけるのは「Pontaポイント」ではないでしょうか。
いしかわ

いしかわ

あの、ローソンとかいろんなお店でつかえるやつですよね?
長野さん

長野さん

そうです!auは2020年からポイントをPontaポイントに統合したため、au以外のお客さまもさまざまなサービスでPontaポイントがためられます

まず、日々のお買い物を「au PAY」や「au PAY カード」でお支払いいただくとたまります。

ほかにも「auのiDeCo」なら、auの投資信託の保有残高に応じて毎月Pontaポイントがもらえますし、「auカブコム証券」なら、対象の投資信託を2万4000円以上保有しているだけで毎月Pontaポイントがもらえるんですよ。
いしかわ

いしかわ

ただ、ポイントってつかい道が限られませんか…?
長野さん

長野さん

いや、実はものすごく幅広くご利用いただけるんですよ

au PAY 残高にチャージいただければ、au PAYが使えるお店でのお買い物にご利用いただけます。

また、auのネットショッピングサイト「au PAYマーケット」もおすすめ。たまったポイントを1.5倍に交換して、お買い物にご利用いただけるんですよ。

ツッコミ③:こんなにいろんなサービスがあるのに、あまり知られてなくないですか?

いしかわ

いしかわ

純粋な疑問なんですけど…こんなにいろんなサービスがあるのに、まだあんまり知られていないですよね?
長野さん

長野さん

いやぁ、まさにそこが課題なんですよね…

だから今回、新R25さんに私たちの取り組みを広めてもらおうと思いまして(笑)。
長野さん

長野さん

もちろん我々のほうでも、もっと多くの方に知ってもらうために努力しています。

たとえば、幅広い方に気軽に投資に触れていただくために注力しているのが「au PAY ポイント運用」。

たまったPontaポイントを運用すれば、さらにポイントを増やせる可能性が高まります。
いしかわ

いしかわ

へぇ、そんなこともできるんですか…!
長野さん

長野さん

ポイントってもともと「気づいたらたまっているもの」なので、運用との相性がいいんですよ。

増えたらラッキーという感覚で、気軽に運用を楽しめますので、本格的な資産運用をはじめる前の“擬似体験”としてもおすすめです。

さらに、たまったPontaポイントで本物の投資信託の購入もできますよ。
長野さん

長野さん

「au PAY ポイント運用」は、スマホ決済の「au PAY」アプリから利用いただけます。

au PAYには、ほかにもおトクなキャンペーンやクーポンがたくさんあります。

これまでauに馴染みがなかった方にも魅力を感じていただけると思いますので、auユーザー以外の方も、まずはau PAYから私たちの金融サービスに触れてみていただきたいですね
長野さん

長野さん

ほかにも、幅広い方に私たちの取り組みを知っていただく工夫として、一部のauStyle/auショップやauフィナンシャルサポートセンター*で予約受付をおこなっている「家計見直し相談があります。

ファイナンシャルプランナーが、保険や老後の資金などのお悩みを直接お聞きしながら、お客さまのご希望に沿ったプランを提案します。
*金融サービスのコールセンター
いしかわ

いしかわ

へぇ、auStyle/auショップでお金の相談予約ができるんですね…!
長野さん

長野さん

スマホだけで完結できるのが強みとはいえ、お金のことは人生を左右する重大な決断ですからね。

だからこそauStyle/auショップでも、手厚いコミュニケーションでサポートさせていただきたいと思っています。
長野さん

長野さん

あとは、おもに若い世代に向けた、金融知識などの情報発信にも注力していきたいと考えています。

私たちはガラケー時代から歴史を重ねてきていますから、若い世代とのコミュニケーションには自信があるんです。
いしかわ

いしかわ

お話を聞いていると、単なる「スマホで完結する金融サービス」を提供しているわけじゃないんですね。
長野さん

長野さん

はい、auが目指しているのは「通信とライフデザインの融合」です。

お客さまの人生に長く寄り添いつづける存在になるべく、今後もさまざまなライフデザインサービスを提供していくつもりです。

ぜひ、今後のauにもご期待ください!
auユーザーだけでなく、他キャリアでもおトクに使えると判明した今回の取材。auさんの懐の深さに感服です…!

「スマホを通じて人生をサポートする」というauの構想は、未来に不安を抱える若者にとって、とても心強い存在となるはず。

まずはコンビニで使える「au PAY」から、“スマートマネー構想”を覗き見してみませんか?

〈取材・文=いしかわゆき(@milkprincess17)/編集=石川みく(@newfang298)/撮影=中澤真央(@_maonakazawa_)〉
LN-RT-31785