楽天最大級のビジネスカンファレンスが、まもなく開催!

超一流の知見が集結。ビジネス賢者に聞く「Rakuten Optimism 2022」を120%学び尽くす方法

PR

楽天グループ株式会社

トレンド
コロナウイルスの爆発的な蔓延をはじめ、さまざまな社会問題が続く昨今。私たちの日常も大きく変化してきました。

さらに「メタバース」「ビッグデータ」「NFT」など、聞き慣れない言葉を耳にする機会も急増。

目覚ましいテクノロジーの革新に、“新たな時代の到来”を感じている人もいる一方で、「自分の生活には関係なさそう」と距離をとってしまっている人もいるのでは。

そんな“未来の話”をいまいちリアルに捉えられずにいるビジネスパーソンにこそ知ってほしいのが、9月28日・29日に楽天が開催する無料オンラインビジネスカンファレンス「Rakuten Optimism 2022」
「テクノロジー」「サステナビリティ」「モバイル」「コマース」「フィンテック」「エンターテインメント」など、8つの領域の“これから”をテーマに、国内外から集結した各業界の一流ビジネスプレイヤーたちがセッションを繰り広げます。
28日には、楽天グループ株式会社 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史さん、株式会社LDH JAPAN代表取締役会長 EXILE HIROさん、クリエイティブディレクター佐藤可士和さんのスペシャル鼎談も! 豪華&意外な登壇者にも注目です
こういったビジネスカンファレンスが初めての人も馴染みがある人も、「どのセッションを観ればいいの?」「どうやったら身になるインプットができる?」などについての答えを事前に知っておけば、きっとより実りある機会になるはず。

そこで今回は、新R25でおなじみのビジネス賢者たちに、下記の質問にお答えいただくことに。

・若手ビジネスパーソンが観るべき「Rakuten Optimism 2022」の“必見テーマ”

・ビジネスカンファレンスを120%楽しむための“有益なインプット方法”

・「Rakuten Optimism 2022」に期待していること

これを読んだらビジネスカンファレンス初心者も経験者も、みんな参加したくなるはずですよ…!

澤円「“テクノロジーの進化”と“自然”は、共存できるはず」

【澤円(さわ・まどか)】生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年、マイクロソフト株式会社(現・日本マイクロソフト株式会社)に転職。2017年、株式会社「圓窓」を設立。琉球大学客員教授・武蔵野大学専任教員。プレゼンテーションに関する講演を多数行い「プレゼンの神」とも呼ばれている。著書に『マイクロソフト伝説マネジャーの世界No.1プレゼン術』(ダイヤモンド社)、『未来を創るプレゼン』(プレジデント社)

Q1. 澤円が選ぶ「若手ビジネスパーソンの必見テーマ」

澤さん

澤さん

テクノロジーが創るグリーンな社会」は、実に興味をそそられますね。

ボクは今、千葉県の山武市と長野県の軽井沢町に別宅を持ち、東京都と合わせて3拠点で生活をしています。

山武市も軽井沢町も自然豊かな場所なのですが…だからこそ、生活を支えてくれているのは“最新のテクノロジー”であると実感しています。

“テクノロジーの進化”と“自然”は、共存できるはず!」とボクは信じているひとりなのですが、きっとセッションのなかでもテクノロジーの第一人者たちがそれを証明する話をしてくれることでしょう。

Q2.澤円に聞く「ビジネスカンファレンスを120%楽しむための“有益なインプット方法”」

澤さん

澤さん

かのピーター・ドラッカーさんは、「学ぶために最も効果的な方法は、人に教えることだ」とおっしゃっています。

インプットして終わりではなく、「誰かに教える」ことを前提に聞いてみると、脳への染み込み方が変わってくると思います

できれば、あらかじめ「教える場」を用意してしまってから聞くというのもありですね。

職場で勉強会を開くために、オンラインミーティングを設定しちゃうのはどうでしょう?

Q3. 澤円が「Rakuten Optimism 2022に期待すること」

澤さん

澤さん

昨年のアーカイブを観ると、実にクオリティの高いオンライン配信が行われていますね!

セットも豪華ですし、カメラワークも効果的。飽きずに視聴できそうです。同時翻訳で字幕があるそうなので、言語の心配も無用ですね。

日本を代表するテックカンパニーである楽天が、未来を面白くするキーワードをたくさん共有してくれることを期待しています!

澤さんおすすめのテーマ&セッションはこちら!

〈Technology〉
テクノロジーが創るグリーンな社会
グリーン社会を目指して今すべきことや、カーボンニュートラル実現に向けたカギについて、有識者が熱い討論を繰り広げます。

① 9/29(木)10:00〜10:30「データとAIは世界にどのような変化をもたらすのか?」

② 9/29(木)12:00〜12:30 「グローバルにおける経済の成長をエンパワーメントするスーパーアプリの未来」

③ 9/29(木)15:30〜16:00 「LIFE with GREENを可能にするデータセンターと日本の未来像」

須藤憲司「ひと筋縄ではいかない未来像が出てくるかもしれない」

【須藤憲司(すどう・けんじ)】1980年生まれ。早稲田大学を卒業後、リクルート入社。史上最年少(当時)で、リクルートマーケティングパートナーズ執行役員に就任。2013年、アメリカでKaizen Platform社を起業。著書に『ハック思考』(幻冬舎)、『90日で成果をだす DX入門』(日本経済新聞出版社)、『総務部DX課 岬ましろ (日本経済新聞出版社)

Q1. 須藤憲司が選ぶ「若手ビジネスパーソンの必見テーマ」

須藤さん

須藤さん

個人的に、「新しい可能性を切り拓くECの進化」に最も注目しています。

ECセッションにおいて、ビジネスデザイナーの濱口さん、『ストーリーとしての競争戦略』の楠木先生、楽天の松村さん。

トラベルセッションにおいて、観光・文化の専門家のデービッド・アトキンソンさん、若手クリエイティブディレクターの辻さん、SHIBUYA109エンタテイメントの長田さん、楽天の髙野さん。

これだけ多彩な登壇者の方々が、どんなEC・トラベル事業の進化の話をしてくれるのか?

ワクワクしますし、ある意味ひと筋縄ではいかない未来像について、白熱する議論が聞けるかもしれないと期待しています。

Q2. 須藤憲司が考える「ビジネスカンファレンスを120%楽しむための“有益なインプット方法”」

須藤さん

須藤さん

ビジネスカンファレンスに行ったときは、いつもメモを取るようにしています。

そのメモのなかから社内向けのレポートを書いたり、自分の見解をまとめたりする時間を取るようにしています。

インプットからアウトプットに“再加工する工程”こそが、もっとも情報を消化しやすく、自分の血肉にしやすい時間だと思います。

Q3. 須藤憲司が「Rakuten Optimism 2022に期待すること」

須藤さん

須藤さん

ECとフィンテックを繋げて経済圏を創り出し、そこからキャリアとして通信サービスに参入しているいまの楽天の構想」を知ることができるというのが最大のポイントじゃないかと思っています。

これからDXを推進していこうと考えている金融・製造・サービス業の企業にとって、D2CやOMOなど先行しているプラットフォーム企業である楽天のビジョンや考え方、そのテクノロジーで実現できることを知れるのはとても価値があると思います。

そしてなによりも、その戦略のうえで「どのように自社がビジネスを連携していけるか?」を考えるのもひとつのDX戦略の在り方だと思います。

須藤さんおすすめのテーマ&セッションはこちら!

〈E-Commerce〉
新しい可能性を切り拓くECの進化
商品がどのように作られ、運ばれているかにも消費者の意識が向けられる時代。新たな可能性を切り拓く、ECのさらなる進化について学べます。

① 9/28(水)11:30〜12:10 「~イノベーションを起こす方法~ 日本企業が世界で勝つためには何が必要なのか」

② 9/28(水)12:50〜13:25「新観光立国論・世界一訪れたい国になるには?」

③ 9/28(水)13:25〜14:00 「Z世代の旅行トレンドについて」

④ 9/29(木)16:50〜17:20 「DX化、SDGs推進…なぜ多くの企業が声掛けだけで終わるのか?」

石倉秀明「求めているのは“ビジョンが見えるビジネスカンファレンス”」

【石倉秀明(いしくら・ひであき)】リクルート入社後、2009年に当時社員5人のリブセンスへ。「ジョブセンス」の事業責任者として入社から2年半で東証マザーズへの上場に貢献。その後、DeNAのEC事業本部で営業責任者を務めたのち、新規事業、採用責任者を歴任。2016年より株式会社キャスター取締役COOを務める。著書に『会社には行かない』(CCCメディアハウス)、『これからのマネジャーは邪魔をしない。』(フォレスト出版)

Q1. 石倉秀明が選ぶ「若手ビジネスパーソンの必見テーマ」

石倉さん

石倉さん

Innovation with Big Data」ですね。

ECは「ビジネスの総合格闘技」であり、データの宝庫でもあります。

また、楽天グループはECだけでなく国内トップクラスのクレジットカード会社であり、通信事業会社、国内で最大規模のデータ所有会社でもあります。

ただ、Amazonなどに比べると、楽天のデータ活用についての話が表に出ることは少ないのが実情。

そのなかで、「楽天がビッグデータを活用してどんな展開を考えているのか」を知れるのは、注目する価値があると思います。

Q2. 石倉秀明が考える「ビジネスカンファレンスを120%楽しむための“有益なインプット方法”」

石倉さん

石倉さん

こういったビジネスカンファレンスは、参加者がある程度の知識や情報を知っていることを前提として開催されていることが多いです。

だからこそ、楽天のことはもちろん、Amazonなどの競合他社の動きを徹底的に調べてからいくことをおすすめします

たとえばビッグデータの活用において楽天の特徴を明確に掴むためには、「Amazonはなにをやっていて、どんなことを考えているのか?」を知ったうえで参加するといいと思います。

Q3. 石倉秀明が「Rakuten Optimism 2022に期待すること」

石倉さん

石倉さん

ビジネスカンファレンスは「自社のサービス説明会」になってしまうことも少なくないのですが…

もちろんそれも必要だと思いつつ、「楽天が今のグループアセットを使ってどんなイノベーションを起こそうとしているのか」「それが我々の生活をどう豊かにするものになるのか」といった、“ビジョンが見えるビジネスカンファレンス”になることを期待しています。

石倉さんおすすめのテーマ&セッションはこちら!

〈Marketing〉
Innovation with Big Data
デジタル社会に貢献する、ビッグデータを駆使したイノベーションと“これからのマーケティング”について語ります。

① 9/29(木)10:30〜11:00「ムーンショットマインドセット:これまでの常識を覆すマーケティングとイノベーション」

② 9/29(木)14:15〜14:45 「みんなのDX ~デジタル変革はどう進む?政治と考える、社会の目指すべき姿~」

③ 9/29(木)14:45〜15:15 「データがもたらす広告の未来」

渡辺将基「チャレンジングなフェーズにいる“当事者”から学べることは多い」

【渡辺将基(わたなべ・まさき)】1983年生まれ、静岡県出身。2008年、モンスター・ラボに入社。カカクコムを経て、2012年、サイバーエージェントに入社し、社長室に配属される。2017年9月に若手ビジネスパーソン向けメディア『新R25』編集長に就任。株式会社CAM専務執行役員も務める

Q1. 渡辺将基が選ぶ「若手ビジネスパーソンの必見テーマ」

渡辺

渡辺

僕が注目しているのは「楽天が創造するエンターテインメントの未来像」です。

機能価値では差別化できない時代になり、これからのビジネスパーソンは人の心を動かすエンターテイメントやクリエイティブを学ぶべきだと思います。

そんな"ビジパの必修科目"とも呼ぶべきテーマについて、30年以上エンタメ業界で活躍しているEXILE HIROさん、スポーツに大規模投資をして実績を残している楽天・三木谷社長、そして楽天の事業をクリエイティブの面から支えている佐藤可士和さんが語り合う超豪華セッション…

これは見逃す理由がないのではないでしょうか

Q2. 渡辺将基が考える「ビジネスカンファレンスを120%楽しむための“有益なインプット方法”」

渡辺

渡辺

興味のあるセッションを観たら、ブログでもTwitterでも社内向けのレポートでもいいので、学びをアウトプットするとよいと思います。

アウトプットする前提で参加すると情報の吸収効率が上がりますし、要点を整理する過程で自分自身も内容の復習になります。

Q3. 渡辺将基が「Rakuten Optimism 2022に期待すること」

渡辺

渡辺

新R25でもこれまで何度か楽天のサービスや事業について取材させていただきましたが、ユーザーとしても楽天経済圏にどっぷり浸かっている僕としては、楽天のビジネスを最前線で牽引している三木谷社長事業責任者の方の話に興味があります。

特に楽天は現在携帯キャリア事業に大きく投資をしている最中なので、そういうチャレンジングなフェーズでは当事者から学べることがとても多いと思います。

ゲストスピーカーの方に遠慮せず、ぜひ楽天自身の話をたくさんしていただきたいです(笑)

新R25編集長おすすめのテーマ&セッションはこちら!

〈Entertainment〉
楽天が創造するエンターテインメントの未来像
スポーツ&エンターテインメント領域でイノベーションを追求する楽天。グローバル規模で目指す、その未来像に迫ります。

① 9/28(水)12:10〜12:50 「エンターテインメントが創る未来」

② 9/29(木)12:40〜13:10「ファンを中心としたエンタメとBTSの成功 〜HYBEアメリカ CEOとの対談〜」

ビジネスカンファレンスのコンセプトは「Tech&Green 未来、動く、ここから」。

さまざまなデジタル分野を通したセッションで、私たちの“明るい未来”のカギとなる、学び多き話がたくさん聞けそうです。

ビジネスカンファレンスの参加が初めての人もそうでない人も、プロが伝授してくれたインプット方法をぜひ実践しながら、楽天が描く“近未来”に触れてみてはいかがでしょう?

「Rakuten Optimism 2022」概要はこちら!

開催日時:9月28日(水)~ 9月29日(木)
開催形式:オンラインビジネスカンファレンス
参加費:無料 ※要事前申し込み