「人の怒りって、そんなに長くは続かないもんです」

「上司が怒ってる? とりあえず1週間空けましょ」ジミー大西に人生相談してみた

仕事・ビジネスby 新R25編集部

記事提供:20's type

失敗を反省するため、なんば花月の階段にヒモでチンチンを括り付けた男

吉本新喜劇の舞台で放送禁止用語を叫んだ男

病院で点滴を飲もうとした男

恩人・明石家さんまを救いたい一心で怪しげな占い師に大金を注ぎ込み、楽屋泥棒未遂までした男

…数え上げたらきりがない。これらはすべて、ジミー大西氏の経験談だ。

高卒ですぐに明石家さんまに見出され、その後、萩本欽一に「天才喜劇役者」と絶賛されたかと思えば、絵を描き始めたら岡本太郎に「画家になれ」とまで言われた伝説の男である。

【ジミー大西】1964年、大阪府八尾市生まれ。高校在学中からアルバイトとして吉本興業に入り、卒業後に入社。なんば花月の裏方などを務めていた時期に明石家さんまと出会い、以来、公私に渡る深い関係へとつながる。今や伝説とさえ言われる数々の大失敗の後、芸人として大ブレーク。一方、90年代後半には絵画の才能も高く評価され、一時は絵描きに専念した

天然ボケが際立つキャラクターで国民から愛される彼は、師匠であるさんまに何度も怒られ、何度挫折を経験してもくじけない、“失敗から這い上がるエキスパート”でもある。

彼の波乱万丈な人生経験をもとに、同じく「愛されてなんぼ」の世界で戦う若手ビジネスマンの悩みに一問一答形式で答えてもらった。

【Q1】「後輩の若手に営業成績で抜かれてしまいました。悔しさと焦りでいっぱいなんですが、どうすればいいでしょうか?」(26歳/メーカー営業)

そうですねぇ。とりあえず、パーティーを開きましょ

たくさん人を呼んで、みんなで後輩の成績を祝ってあげましょ。たくさんゴマすって、そいつに気に入ってもらって、後ろをついていけばいいと思います。

そいつにどんどん偉くなってもらって、引っ張っていってもらって、一緒に偉くなっていきましょ

僕なんか、何十人に抜かれたと思います? その度にプライドを持ち出して悔しがってても、何も始まりませんわ。

プライドを捨てて、喜んでおくのが一番です。

――パーティーまで開いてあげちゃうんですね(笑)。ダウンタウンの松本人志さんはジミーさんの後輩ですが、売れた時にはパーティを開いたのでしょうか?

いや、別に。そもそも、彼はすぐ「ジミーちゃんは先輩やのに、しょうもない」とかいうでしょ。

たしかに2カ月だけ僕が先輩ですけど、そんなん僕がアルバイトでちょっと先に入ってただけのことで、後輩っていう感覚はないんです。

けどまあ、今も言ったように、僕はプライドなんて最初から捨てていますし、ダウンタウンが売れたおかげで僕もいっぱい仕事できたんで(笑)

営業マンも、とにかくプライドを捨ててニコニコしてればいいんですよ。そうしたら面白い仕事が入ってくるから。

【Q2】「営業先で大失敗をしてしまい、上司がかんかんに怒っています。なんと言って謝ればいいでしょうか?」(24歳/医療系営業)

とりあえず時間空けましょ、1週間くらい

人が怒ってるのって、そんなに長くは続かないもんです。

1週間たって、なーんも言わなかったら、その上司は逆に君のことが気になり始めます。「なんでこんなに怒ってるのに、コイツは謝ってこないんだ?」って。

そもそも本気で怒ってるということは、上司もその人のこと気にかけてるからなんですわ。

だから、最初にかんかんになってる時は、軽く「すいませんでした」くらいは言っておいて、あとは顔も合わさんように逃げて、1週間くらい空ける。そしたら「あいつ、どないしたんやろ?」て心配してくれるかもしれへんし。

それでも怒ってたとしても、人間は連続で2時間以上は怒れない。1週間たってさらに怒られたら、その2時間だけガマンしましょ。

“反省してるフリ”も得意!?

――ジミーさんは怒られることに慣れてるような気がしますけど、時間を空ける、というのはどんな時に発想したんですか?

実はこれ、僕が見つけた方法ではないんですよ。さんまさんが教えてくれたんです。

僕がさんまさんを怒らせたとき、「今お前に何を言われても頭に血が上ってるから、悪いことは言わん。1週間くらい離れとき」って(笑)。

1週間も離れたら、お互い冷静になって話せる状態になっているわけです。

【Q3】「営業トークがどうも苦手でうまくいきません。トークがヘタでも売れる極意ってありますか?」(28歳/通信系営業)

まずニッコリ笑い続ける

気の利いたことを言おうとするよりも、相手の人に何を言われてもすべて「はい」で答える

それで話がつながったら、自分の悩みを聞いてもらう。それだけで大体はオッケーです。

――相手の悩みを聞くのではなく、自分の悩みを聞いてもらうんですか?

例えば、「友達にプレゼントあげたいんだけど、何がいいと思う?」とかでもいいんですよ。仕事の話じゃなくてもオッケーです。

人間って目の前に困ってる人がいたら、何かしてあげたいと思うはず。特に女の人が相手なら母性本能くすぐるかもしれないですしね

【Q4】「今、営業成績が絶好調なのですが、調子が良い時に注意すべきことってありますか?」(29歳/不動産営業)

気を付けることはただひとつ。お金に注意! 酒に注意! 

あと、調子にのらないことだね。

ただひとつ、と言いながら気を付けるべき3原則をあげるジミー氏のまなざしは真剣だ

とにかく、足もとに注意しないとあかんことになります。成績が上がったら、どうしても調子に乗ってしまうけど、それって必ず失敗すると思う。

僕も経験あるけど、本当に歯車、狂い始めます。

——ジミーさんは売れまくっていた頃に、調子にのってしまったんでしょうか?

いや、僕の場合は調子に乗ることが許されなかったから。いつもニコニコして、腰を低くしていればいいって教わったんですわ。

今思えば、それだからよかったんだと思いますけどね。

日々がんばっている若手ビジネスマンにメッセージ

仕事は、芸人と一緒で、とにかく「ニコニコ、ハイハイ」が基本ですよ。そうすれば、まわりも自分もハッピーですからね。

あとね、若手ビジネスマンなら、夢をもってなんぼだと思うんです。若いんだから、チャレンジ精神が大事。

もし自分がやりたいことが無謀だって周りに反対されたとしても、「3年で結果出すからやらせて!」って言って説得すればいいんですよ。

それが仮に、3年後の結果が出なくても、「でも、もうやっちゃったもんね!」で終わり。あとは自己責任、そんな感じで良いんじゃないですかね。

不安になることなんてありません。僕だって人生で、何度も失敗しまくってますが何とか生きてるし、気楽にやっていけばいいんじゃないかな。

「お前もがんばれよ!」

どの答えも、ジミーさんが口にするとなぜか「深い話」に聞こえてしまう。

それは持ち前のキャラクターゆえか、それとも‟アホみたいな”場数を踏んできた“伝説の男”ゆえか?

ジミー大西流の問題解決法を大いに参考にしてほしい。

〈取材・文=森川直樹/撮影=竹井俊晴〉

20's typeのおすすめ記事(外部サイトに遷移します)

普通の会社員が“早起き”で5000人を変えるまで「勢いに巻き込まれて絶体絶命の窮地に立ったら、道が拓けた」【朝渋 5時こーじ】

“個性で稼ぐ”これからの生き方って? スキルシェアサービス『REQU』プロダクトオーナーに聞く

CRAZY WEDDING創業者 山川咲「20代でかかった“がむしゃらの魔法”は、未来の自分へのプレゼントでした」

ライター・コラムニスト募集中!

商品や企業の魅力をPRしませんか?

App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
新R25アプリも登場