鴨頭嘉人YouTubeチャンネルより

マクドナルド社長が新入社員に「キャリアプランなんかいらない」と言い切った理由

仕事・ビジネスby 新R25編集部

社会人なら誰しも一度は、こんなことを聞かれたことがあるはず。

将来のキャリアプランは決まってる?

うまく答えられずに悩んだり、「自分は将来が見えてないからダメなんだ…」と自己嫌悪に陥ったりしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

かつて日本マクドナルドで“伝説の店長”と呼ばれ、自身の講演を発信しているYouTubeチャンネルは登録者数78万人(2019/10/9現在)を誇る“炎の講演家”・鴨頭嘉人さんも、以前はマクドナルドの採用担当として学生たちに「キャリアプラン」を問いかけた経験があるそう。

しかしあることがきっかけで、「キャリアプランなんてなくたっていい」と強く思うようになったんだとか。

そのきっかけは、当時のマクドナルド社長が披露した“名スピーチ”にありました。

【鴨頭嘉人(かもがしら・よしひと)】高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社。30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、お客様満足度日本一、従業員満足度日本一、セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。その後も最優秀コンサルタント。米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマクドナルド表彰もすべて受賞する功績を残す。2010年に独立。現在は組織構築・人材育成・セールス獲得についての講演・研修を行う「炎の講演家」として活躍している

全力を注げば、キャリアは向こうからやってくる

マクドナルドの人事部で働いていたころ、当時社長だった原田泳幸さんが入社式で披露したスピーチが今でも忘れられない。

原田さんはズラーっと並んだ新入社員を相手に、

「うちも含めて、世の会社の大半が君たちに『将来のキャリアプランは?』って何度も聞いてきたと思う。

でも、キャリアプランなんていらない。だって将来のことなんかわかるわけないだろ。俺だってわかんなかったよ」って言ったんですよ。


原田さんはマクドナルドの社長になるほど優秀な経営者だけど、ちょっと変わった経歴の持ち主で。

取り立てて高学歴なわけでもなく、経営とはほど遠い「電気技工士」としてキャリアをスタートしたんです。

そのあとAppleに転職して、数年後に突然マクドナルドに引き抜かれて社長になった。そんなのは、原田さんからすると「自分のキャリアプランにはなかった」と言うわけ。

原田さんはこう続けた。

「本当のキャリアプランというのは、目の前のやりたいことにすべてを捧げることだ。そうすれば、キャリアは向こうからやってくる」って。

俺はそれを聞いて、感動しちゃいました。

俺だって、数年前は今のようなキャリアになるなんて想像もしていなかったし、まわりの誰もそんな期待をしていなかったと思う。

昔、Webメディアの取材を受けたときの記事のタイトルが『「マクドナルドの厨房で死ぬ」と言い切った男』なんだよね(笑)。

そんな俺が、今ではどうなってると思う? 3つの株式会社と、NPO法人1つの社長をやっている。

「マックの厨房で死ぬ」って言ってた人間がだよ? もちろん、厨房で死ぬのだって悪くない。でも、今の俺だって悪くないよね。

「キャリアプラン」なんて、あとから変わって当然なんです。

新しいものに全力投球する以外の戦術なんてない

俺は講演家としても経営者としてもまだまだ若いし、自分は最後発だと思っている。

だからまわりになんと言われても、新しいものに飛びつくって決めてるわけ。

Twitterが流行ればTwitter、YouTubeが流行ればYouTubeをやるし、今ではInstagramで自撮りをバンバンあげて、TikTokまでやってる。

普通に考えたらイタいオヤジです。でも、最後発からトップを狙うんだったら、新しいものに全力投球する以外の戦術なんかない

「優先順位をこう変えて…」とかややこしく戦術を練るのは、もっと能力が高まって、資産もあり余るほど増えてからすればいい。

生まれてはじめて野球のマウンドに上がって、いきなりチェンジアップを投げる人がいますか?

全力で投げれるようになったあとにチェンジアップを練習するのはアリかもしれないけど、はじめはとにかく全力投球するしかない

ビジネスの世界でも同じ。難しい戦術なんか、ジジイが考えればいいんです。

原田さんの言うとおり、常に自分が一番燃えるものに全力投球していれば、ちょうどいいキャリアが向こうからやってくる。

その時々でエネルギーを注ぐ対象が変わったって、まったく問題ない。

だって、世の中は刻一刻と変わっていくのに自分が変わっていないということは、今の世の中からズレてるってことじゃん。それってダサくない?

戦術なんて、いつでも変わって当然。もっと言うなら、その根底にある「」だって変わっていいんです。

よく考えてみてください。「志」って、決めたらどこかに申請を出して、気持ちが変わったら変更届を出さなきゃいけないものですか?

違うよね。「志」は、自分の心の中にしかない。だから他人に遠慮なんかまったく必要ない。

ビジネスは、まわりの期待を裏切った者だけが勝つんだよ。

最初に君の価値を決めるのは、君自身だ

俺が9年前に独立したときだって、誰も俺が今のような講演家になるなんて思ってもいなかった。まわりの期待を裏切りまくって、ここまで進んできた。

俺はいつも、自分を物語の主人公として捉えてます。

鴨頭嘉人の1番のファンは俺です。毎日「俺がこんな人だったらな〜」って、心の中で思い描いた理想像を演じつづけているわけですから。

「こんな素敵な人がいるんだ」って、毎日自分に感動しながら生きてます。

みなさんも、自分自身を物語の主人公と捉えて生きてみてください。「まわりはまだ気づいてないけど、俺はヤベェ奴だ」って。

俺の価値は、俺が誰よりも知ってる」って興奮しながら毎日を生きてたら、常にMAXのパフォーマンスが発揮できて、それに見合ったキャリアが後から付いてくるんです。

動画はこちら

出典Youtube

鴨頭さんのYouTubeチャンネルには、仕事に役立つ話が満載です!

マクドナルドの社長から教わった「キャリアプラン」の意味を語ってくださった鴨頭さん。

鴨頭さんのYouTubeチャンネルでは、今回の動画のような「日々の仕事に役立つ情報」が毎日更新されています。

人間関係を円滑にするコミュニケーション」や「人生をよりよくする習慣」など、幸せに働くためのノウハウが詰まった鴨頭さんのYouTubeチャンネルを、ぜひチェックしてみてください!

Twitterをフォローしよう

この記事をシェア

オプトアウト(Cookieの無効化)が完了いたしました

オプトアウト以降、「Cookie情報」を利用した行動ターゲティングは無効化されますが、Cookieの削除やPCの変更等により、お客様のオプトアウト情報が機能しない場合がありますので、再度「無効化(オプトアウト)」が必要になります。

引き続き「Cookie情報」を利用しない通常の広告配信は行われます。