仮メンタリストえる著『イケメンはモテない』より

初対面の0.5秒で「デキる人」を演出できる。恋愛心理学のプロが教える第一印象のつくり方

ライフスタイルby 新R25編集部

気になるあの子と仲良くなりたい。彼女にとっての特別な1人になりたい!

そう思って会話やLINEのやり取りを頑張っているのに、なかなかうまくいかない…ってことありますよね。

そんな男性の悩みに対して、

実はそのアプローチ、恋愛にとっては「逆効果」になっているかもしれませんよ?

と問いかけるのは、30万人以上のチャンネル登録者を持つ、「モテの探求者」でYouTuberの仮メンタリストえるさん

恋愛心理学をメインに投稿する彼の著書『イケメンはモテない 確実に好きな人の「特別な存在」になるたった1つの方法』には、膨大な実践と科学的根拠に基づく、恋愛ノウハウがたくさん詰まっています。

モテはイケメンのもの。そんな偏見を真っ向から否定するえるさんの「異性との距離を縮めるテクニック」を、抜粋してお届けします。

イケメンはモテない

イケメンはモテない

色んな人と出会うけれど、なぜか毎回恋に発展しない…。

そういう人は、初対面の印象に原因がある場合が多いです。

出会った瞬間の初対面の印象はその後の恋愛を大きく左右します。初対面の印象は出会ってから7秒で決まり、それが6カ月以上も続くと言われています。

まず最初で相手の心を掴む事で恋愛のスタート地点に立つ事ができるのです。

逆に初対面の印象が悪いと、どれだけの人と会おうが恋に発展する事はありません。ですから、この初対面の振る舞いに気をつけ、相手に良い印象を与える事であなたの恋は見違える程うまくいく事になるでしょう

初対面の印象として、まず清潔感のない人はどれだけ多くの恋愛テクニックを身につけても意味がありません。

シドニー大学の「モテない男に関する調査」でも次のようなランキング結果が報告されています。

【モテないランキング】

①不潔・だらしない服装

②怠け者

③貧しすぎる

④ユーモアがない

⑤会うのに3時間以上かかる

出典 『イケメンはモテない 確実に好きな人の「特別な存在」になるたった1つの方法』

例えば、皆さんも実際に人に会った時に、相手がヨレヨレの汚れた服装だったり、寝癖がついたままの髪型だと、印象は確実に悪いはずです。清潔感がない人は、会うだけで相手に不快感を持たせてしまいます。

さらに、清潔感を保つ事すらできない人は、その他の事にも気を配る事ができなさそう
という印象も与えてしまいます。

そのため、日頃のスキンケアなど清潔感を保つ事が何よりも重要なのです。ただし、スキンケアは日々の積み重ねが必要であるため、今すぐに効果は出ません。

ですから、皆さんが今すぐにできる事として次のようなポイントに気をつけましょう。

気をつかうべきポイント

・汚れた服やシワがある服を着ない

・寝癖がついたままにしない

・髪の毛が目にかからないようにする

・汚れた靴を履かない

・スプレー等で口臭や体臭がしないようにする

・爪を短く切る

・ジャストサイズの服を着る

出典 『イケメンはモテない 確実に好きな人の「特別な存在」になるたった1つの方法』

こういった事に気をつけるだけでも、あなたの印象は良くなります。

初対面では必ず笑顔で話す

初対面において笑顔である事は、モテるための必須条件です。これは簡単そうで、多くの人ができていません。

あなたは誰と会話をする時にも口角を上げ、笑顔で会話をできていると言い切れますか?

もし言い切れないと思ったら笑顔を意識してみてください。笑顔を意識するだけでも見違える程、相手からの印象は良くなります。

ペンシルバニア州立大学の実験でも、笑顔の人は雰囲気がよく、穏やかで、さらには有能そうな印象すら受けるという結果が出ています。その他にも多くの研究で笑顔が好印象を与える事が分かっています。

笑顔は相手に余裕を感じさせるのです。さらに笑顔でいる事で相手もリラックスをして、こちらに安心感を持って話してくれやすくなります。

これは人間の脳にあるミラーニューロンという神経細胞が関係をしています。これがある事で、人間は他人の行動や表情を見て、自分自身も同じ行動や反応をしてしまいます。

ドラマでヒロインが涙するシーンを見て、自分も悲しくなって涙してしまう事があると思いますが、これも同様です。

つまり、こちらから笑顔で楽しそうに話しかける事で、相手も同じように笑顔になり、楽しい感情を抱くようになるのです。

相手の警戒心を解く魔法の表情「アイブロウフラッシュ」

眉を一瞬(0.5秒程)上げて目を見開いた表情の事をアイブロウフラッシュと言います。

これは「あなたと会えて嬉しいです」という事を表す世界共通の非言語コミュニケーションです。アイブロウフラッシュを行う事で、相手の警戒心を解くという効果もあります。

特に日本人は表情の中でも相手の目から感情を読み取り、逆に欧米人は「」から感情を読み取ります。そのため、日本人で目に髪がかかってしまっている人は言語道断です。

次の図を見てみてください。

このように、日本人は相手の目を見て感情を読み取るのです。

そのため、日本人はサングラスをしている人を怖いと感じ、欧米人はマスクをしている人を怖いと感じるのです。

ですから、初対面の場合は相手に伝わりやすいよう少し大げさに目に意識をした表情作りをしましょう。

弱みを見せて「プラットフォール効果」で好感度アップ

有能な人が弱みを見せる事で好感度が大幅に上昇します。実は人は他人の弱みを知る事で、よりその人に対する好感度が上がるという事が分かっています。

心理学ではこれをプラットフォール効果といいます。

しかし、これには一つだけ前提となる条件があります。

それはその人が「デキる人」である事です。

もちろん、初対面の会って数分間で自分がデキる人かどうかなんて、相手には分かりません。でも、デキそうな印象を与える事はできます。

そのために、アイブロウフラッシュを行う事で、相手に自信と有能さをアピールしています

このプラットフォール効果については海外の実験でも実証されています。
 
心理学者のエリオット・アロンソン氏は、人が弱みを見せる事で好感度にどのような影響があるかを調査する実験を行いました。

この実験ではまず学生達があるテープを聞かされます。テープの内容はクイズ大会の志願者のオーディションを録音したテープです。

テープの前半はクイズの達人が問題に答える様子が録音されており、正答率も92%と高い数値です。

テープの後半は素人が問題に答える様子で、正答率は30%と低い数値です。これには学生たちはもちろん、クイズの達人を有能だと感じて好感を持ちました。

そしてその後、学生たちには別の2つのテープを聞いてもらいました。

その2つのテープの内容は、それぞれ達人と素人が問題に答えた後に、お皿が「ガシャン!」と割れる音と共に「あ〜! スーツにコーヒーこぼしちゃったよ」という声が入っていたのです。

そうすると面白い事が分かりました。

素人がヘマをした時は好感度がさらに下がり、達人がヘマをすると元々高かった好感度がさらに上がったのです。

このように、デキる人が弱みを見せる事で、より親近感が増して人間味を感じさせ、好感度が上がるのです。

フツメンにこそ読んでもらいたい恋愛バイブル

イケメンはモテない 確実に好きな人の「特別な存在」になるたった1つの方法

イケメンはモテない 確実に好きな人の「特別な存在」になるたった1つの方法

同書で語るテクニックは、今日から実践できるものばかり。

それらは一見すると、単なる「小手先のテクニック」に見えるかもしれません。しかし結果として恋愛、仕事、そして人生を好転させるきっかけになりえるはず。

ぜひ今日からの人間関係に、えるさんのテクニックを活用してみてください!

Twitterをフォローしよう

この記事をシェア

オプトアウト(Cookieの無効化)が完了いたしました

オプトアウト以降、「Cookie情報」を利用した行動ターゲティングは無効化されますが、Cookieの削除やPCの変更等により、お客様のオプトアウト情報が機能しない場合がありますので、再度「無効化(オプトアウト)」が必要になります。

引き続き「Cookie情報」を利用しない通常の広告配信は行われます。