三田紀房著『エンゼルバンク』より

「計画通りに進まない」と思っている人は、"目標"と"計画"を混同している

仕事by 新R25編集部
どんな会社にも「目標」があります。

会社の来期の目標と大きなものもあれば、個人の今月の売上目標といった小さなものもあり、目標を追っていないというビジネスパーソンのほうが珍しいのではないでしょうか?

エンゼルバンク』(三田紀房著)に登場する水野は、「東大に入って、給料のいい企業に就職して、家を出てひとり暮らしする」という「計画」を持っていましたが、就活が難航しているよう。

それに対して、転職エージェント会社を退職して起業しようとする桂木は「計画と目標を混同してはいけない」と話します。

桂木が話す目標と計画の違い…。その理由をぜひご確認ください!
『エンゼルバンク』12巻、キャリア102より

働いている人にこそ読んでほしい、キャリア版『ドラゴン桜』

エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(1)

エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(1)

今の仕事に悩んでいる人に向けたマンガ『エンゼルバンク』。

転職エージェントを主役にした同作は、自分たちの生き方と働き方に檄を飛ばしてくれます。

今の仕事にやりがいを感じられない」「自分の人生のためにキャリアアップしたい」などの依頼を抱える転職志願者の悩みに共感できる人も多いはず。

転職とは人生のチューニングだ!」というメッセージが込もった同作は、全ビジネスパーソンの糧になるでしょう!

(C)三田紀房/コルク

Twitterをフォローしよう

この記事をシェア

オプトアウト(Cookieの無効化)が完了いたしました

オプトアウト以降、「Cookie情報」を利用した行動ターゲティングは無効化されますが、Cookieの削除やPCの変更等により、お客様のオプトアウト情報が機能しない場合がありますので、再度「無効化(オプトアウト)」が必要になります。

引き続き「Cookie情報」を利用しない通常の広告配信は行われます。