マコなり社長YouTubeチャンネルより

ビビっている人は話し方に出てしまう。「仕事ができない人の話し方」トップ3

仕事
話し方について、上司から具体的なアドバイスを受けたことはありますか?

日本最大級のプログラミングスクール「テックキャンプ」を運営する株式会社divの代表、真子就有(まこ・ゆきなり)さんは、登録者数45万人を超える(2020年2月20日現在)自身の YouTubeチャンネルで、「人の話し方には、仕事の能力がすべて現れる」と語っています。

話し方によって、仕事ができない人であることが、一瞬でわかってしまうのだそう。

今回は真子さんが、実際に部下にも注意しているという「仕事ができない人の話し方トップ3」をお届けします。
【真子就有(まこ・ゆきなり)】株式会社div代表取締役。1989年生まれ、福岡市出身。青山学院大学卒。大学在学中からプログラミングを独学で学び、大学4年次に起業。2014年よりプログラミング教育事業をスタート。2016年に開始した「テックキャンプ」は日本最大規模のエンジニア養成スクールとなっている。2015年Forbes誌「注目のUnder30起業家10人」に選出。現在、従業員数300名。YouTubeチャンネル登録者数45万人を突破

仕事ができない人の話し方第3位「事実ベースで語らない」

たとえば上司から、「先週営業したA社は受注できそう?」と、聞かれたとします。

よくあるのは「はい。8割方大丈夫だと思います」という返し方。

一見、結論から答えているので問題ないように見えますが、これだけだと甘いんです。

そもそも、上司がなぜこの質問をしたのか考えてみましょう。

上司は、部下に任せた仕事の状況を知って、安心したいと思っています。

では一体、どうやって相手の不安を解消すればいいのか。

答えは「事実ベースで語る」です。

先ほどの例でいうと、

「A社の一番の競合であるB社も、うちのサービスを導入しています。決済担当者に電話したところ、『御社が一番よかったです』と言ってもらいました。

A社の予算は、今回の見積もりの2倍で余裕があります。

競合のサービスはどれも要件が合わずに見送る方針だと、メールで回答をもらっています。

あとは役員会議だけが来週に控えていて、根回しは終わっている状況です。以上から、受注できることは8割方堅いと考えています」

どうですか? 納得感に溢れていますよね。

事実を与えれば与えるほど、相手の不安はなくなっていくんです。

でも仕事ができない人は、事実ではなく解釈ばかり話してしまいます

解釈というのは、「その仕事は大丈夫です」とか「その製品はいいサービスです」といった、個人的な考えのこと。

何が言いたいかを伝えるために、結論として冒頭で解釈を述べるのは構いません。

でも解釈だけでは、聞いている側が不安になってしまいます。

相手に安心してもらうには、揺るぎない事実が必要なんです。

仕事ができない人の話し方第2位「相手の理解を確認しない」

そもそも人は、長い話を理解できません。

それに、途中で何かひとつでもわからないことがあると、その後の話がまったく頭に入ってこなくなってしまいます。

何かを伝えるときは、「ここまで大丈夫ですか?」と、相手の理解を細かく確認してください。

これだけで劇的に、頭がいい人だと思われます。

途中で「ここまで大丈夫ですか?」と聞くことには、話の構成がわかりやすくなるというメリットもあります。

途中で区切らずに話すというのは、紙芝居でいうと、1枚の絵でずっと話しつづけているようなもの。

でも、10枚の絵を使った紙芝居であれば、今どの場面の話をしているかが明確ですよね。

「途中で区切らなくてはいけない」という制約があることで、あなたの話は自然と構造的になります。

会議で何か提案をするときも、資料をいっぺんに読んでもらうのではなく、少しずつ区切って「ここまで大丈夫ですか?」と、相手の理解を確認してみてください。

仕事ができない人の話し方第1位「相手の質問にシンプルに答えない」

たとえば上司に、「昨日お願いした資料作成終わった?」と聞かれて、

「すいません。全体の構成を考えたんですけど、画像探しで手間取ってしまっていて。

著作権は守らないといけないじゃないですか。でも、著作権フリーの画像ってなかなかないんですよね。

有料の素材を自由に買っていいんだったら、もっと早く終わるんですけど、そうはいかないんですよね」と、返したとします。

この返事のどこがヤバいか、わかりますか?

上司の「終わったのか?」という質問に、答えていないんですよ。

上司からしたら、構成はもう考えたとか、画像探しで困っているとか、そんなことはどうでもよくて、求められている答えは「イエス」か「ノー」かです。

もちろん、文脈からして終わってないということはわかります。

でも何を言いたいのかが瞬時にわからないので、聞いていてストレスに感じるんです。

人と話をしたり、文章を読んだりしているときに、「おそらく相手は、こういうことを言おうとしているのだろう」と想定することって、ありますよね。

これを「メンタルモデル」といいます。

何が言いたいのかを先に話して、相手の中に「メンタルモデル」をつくり、それに対してドンピシャなことを言う流れでないと、相手は混乱してしまいます。

それ以外のことを答えるのは、メンタルモデルクラッシャーです。

相手の質問にシンプルに答えない一番の理由は、ビビっているからでしょう。

ネガティブな話をごまかそうとして、つい遠回しに言ってしまうんです。

さらに言うと、自分本位になってしまっているから。

相手が何を知りたいかよりも、自分が何を話したいかが優先してしまっているんです。

みなさんこれからは、シンプルに答えてくださいね。

それ以外は何も言わなくていいんです。

知りたいことがあれば、相手は追加で質問してくれますよ。
出典Youtube

真子さん(まこなり社長)のYouTubeチャンネルには仕事に役立つ話が満載です!

今回の動画で語られていた「仕事ができない人の話し方トップ3」のように、ついやってしまいがちな「NG行動」というのは、意外といっぱいあります。

たくさんのビジネスパーソンに出会ってきた経験をもとに「本当にやるべきこと」「本当にやってはいけないこと」を教えてくれる、真子さんのYouTubeチャンネル

今日からすぐに活用できる仕事術や、仕事でやってはいけないNG例など、「ビジネスで活躍したい!」と思う人にぴったりの情報が満載です!

Twitterをフォローしよう

新R25 × YouTube

チャンネル登録よろしくお願いします!

この記事をシェア

新R25取材班を呼んでみませんか?

オプトアウト(Cookieの無効化)が完了いたしました

オプトアウト以降、「Cookie情報」を利用した行動ターゲティングは無効化されますが、Cookieの削除やPCの変更等により、お客様のオプトアウト情報が機能しない場合がありますので、再度「無効化(オプトアウト)」が必要になります。

引き続き「Cookie情報」を利用しない通常の広告配信は行われます。