堀江さんって、なんで美容に興味を持ったんですか?

「シミなんて“百害あって一利なし”」50歳を迎えたホリエモンに学ぶシミケアの重要性

PR

株式会社アイム

カラダ
新R25編集長の渡辺です

男性のみなさん、肌のシミが気になったことはありませんか?

かくいう僕も昔はまったく気にならなかったのに、30代後半から急にシミが現れまして…

そろそろケアしないとと危機感を覚えつつ、これまでスキンケアに無頓着だったがゆえに、なにから始めればいいかわからずに悩んでいる今日このごろです。

そこで、おなじみのこの人に、僕の悩みをぶつけてみることに。
そう、堀江貴文さん。

先日50歳を迎えたばかりの堀江さんは、シミ対策をはじめとした肌のケアを10年以上前から徹底していることで有名です。

堀江さんなら、シミケアに二の足を踏んでいる僕の背中を押してくれるかもしれない。

そんな思いで話を聞いたら、今すぐシミをなんとかしたくなる強烈な一言をいただきました…

〈聞き手=渡辺将基(新R25編集長)〉

ホリエモン「シミなんて“百害あって一利なし”でしょ」

渡辺

渡辺

今回は男性のスキンケア、とくにシミ対策についてうかがいたいんですけど…
堀江さん

堀江さん

タイミング悪いな

ほら見て、ここの虫刺されが化膿しちゃってさぁ…

キャンプとかワイルドなとこに行きすぎて、肌の調子が悪いんだよ、今。
ワイルドな悩みを吐露する堀江さん
渡辺

渡辺

とはいえ堀江さんって、アウトドアを相当やってるのに肌綺麗ですよね。
堀江さん

堀江さん

うん。10年くらい前から、かなり気を遣ってケアしてるからね。
渡辺

渡辺

ちょうど今の僕くらいの歳からですか…(←39歳)

でも、どうして急に美容に興味が湧いたんですか?
堀江さん

堀江さん

最初はレーシックをやったんだよ。それがめっちゃ良くてさ。コンタクトをつけなくてよくなったのがすごく快適で、「体を改善するって大事だな」と思うようになって。

次は「毛が邪魔だな」って思うようになって、全身脱毛して。

そのへんから美容にも興味が向いてきて、ホクロ取りとかシミ取りとか、定期的にメンテナンスするようになった。
渡辺

渡辺

美容は体の改善の一部、という感覚なんですね。
堀江さん

堀江さん

うん。30代前半くらいまでは完全に無頓着だったんだけど、「もっと早くやっておけばよかったな」って思うことはいっぱいある。

特にシミなんて、“百害あって一利なし”でしょ。
堀江さん

堀江さん

シワはまだいいよ。シワがある顔って、ダンディな味があるじゃん。

でもシミには味もクソもない

「あ〜おじいちゃんだな」って印象になるだけで、あっても何の意味もないじゃん。
ボロクソ
堀江さん

堀江さん

シミ取りもそうだけど、体のケアは定期的にやればやるほどよくなっていくものだから。

だからやっててよかったし、早めにやればよかったなって。
渡辺

渡辺

個人的に、30代後半を過ぎると、服装とか体型以上に“肌のきれいさ”が重要になってくる気がしていて。

これって、女性だけでなく男性にも言えることですよね。
堀江さん

堀江さん

そりゃそうだよ。

男性だろうと女性だろうと、美意識低い人見ると気になっちゃうもん。
「男のすね毛とかさぁ…」
渡辺

渡辺

この取材の前に、僕のTwitterで30〜40代の男性の肌についてのアンケートを取ったんですよ。

「肌が汚いとネガティブな印象を持ちますか?」っていう質問をしたら、81.6%の人が「はい」と回答していて。
堀江さん

堀江さん

まぁ、そうだろうね。

ただ「はい」って答えた人たちも、相手に直接「肌が汚い」って言うことはないだろうな。

肌が汚い人も指摘されないから気づけない。で、そのままどんどん老化していくと。

それが一番恐ろしいよね。
渡辺

渡辺

このまま老化する自分を想像してしまいました
渡辺

渡辺

でも本当に、シミって30代後半になると急に来ますよね。

僕はこう見えて、20代のころは肌をウリにしてたんですけど…
堀江さん

堀江さん

それは知らないよ。
渡辺

渡辺

まあまあ(笑)。

そんな僕も30代後半になってから、急にシミが出始めて。

このままじゃいけないなと思って…僕みたいなタイプは、まず何から始めればいいですかね?
堀江さん

堀江さん

日焼け止めは絶対に塗ったほうがいいよ。

俺はイースター島に行ったときに衝撃を受けてさぁ…
なんの話?
堀江さん

堀江さん

馬で山頂まで登って、太平洋を一望するアクティビティに参加したんだけど…

一緒に登った女の子が白塗りか?ってくらい日焼け止めを塗りまくってて。

男たちはみんなで馬鹿にしてたんだけど、結局ベロベロに皮がむけるくらいに日焼けしちゃったんだよ。

山頂だから直射日光で照り返しもすごいし…最悪だよね。すげぇ後悔した。
渡辺

渡辺

うわ、痛そう…日焼けはやけどと同じって言いますもんね。
堀江さん

堀江さん

そういうことを繰り返してると、40代になってシミがバーっと一気に出てくるから。

俺もそれ以来、ゴルフとかスキー、スノボをやるときはベッタベタに日焼け止めを塗ってる。

40代になって後悔する前に、30代のうちからある程度のケアはしておいたほうがいいよ
イースター島での苦い経験を思い出しているであろう堀江さん

製薬会社が本気で開発!シミのもとから効く“飲む医薬品”に注目

渡辺

渡辺

最近は男性向けのシミケア商品も増えてきてるみたいで…

こちらの「ブライトエイジ ホワイト」、堀江さんはご存じでしたか?
堀江さん

堀江さん

いや、はじめて見た。サプリなの?
渡辺

渡辺

いえ、医薬品なんです。

「ロキソニンS」や「ルル」でおなじみの第一三共ヘルスケアが、17年のシミ対策医薬品研究をもとに開発した商品で、できてしまった全身のシミに効くそうなんですよ。
「へぇ。いいですね、飲むんだ」
渡辺

渡辺

堀江さんのほうが詳しいとは思いつつ、簡単にシミに効く仕組みを説明しますと…

シミは肌のターンオーバーの乱れによって、肌に蓄積した「黒色メラニン」が排出されないことでできてしまうそうなんですよ。

「ブライトエイジ ホワイト」は、シミの原因になる「メラニンの過剰な生成を抑制する」だけでなく、「黒色メラニンを無色化*する」「メラニンの排出を促進する」という3STEPでシミにアプローチができるんです。
*ビタミンCの働きによる
堀江さん

堀江さん

つまり、一気通貫したシミへのアプローチができると。
さすがの理解の早さ
渡辺

渡辺

堀江さんがやっているようなレーザーのシミ取りだとポイントでの施術になりますけど、これは内服薬だから「全身のシミに効く」んですよ。
堀江さん

堀江さん

いいじゃないですか。俺も顔だけじゃなくて、手のシミとか気になってるんだよね。
渡辺

渡辺

今見えるシミだけでなく、薄いシミにも効くそうですよ。

僕のように今まで大したケアをしてない人にとっても、飲むだけで全身のシミ対策ができるなら気軽だなと。
堀江さん

堀江さん

それはあるだろうね。

怖い、お金がない、時間がない、行くのがめんどくさいとかで、シミ取りをしない人はまだまだ多いと思う

そういう人にはすごくいいんじゃない?
渡辺

渡辺

そうですよね。幅広い人にとって手が出しやすいと思います。
堀江さん

堀江さん

(パッケージを見ながら)1回2錠、1日2回ね? 俺も飲んじゃお
勝手に開けないでください
堀江さん

堀江さん

これ、俺のゴルフコンペの景品にしたいな。めちゃくちゃ喜ばれると思う。どう?
ガチで気に入ってくれたようです
渡辺

渡辺

ちなみに、「ブライトエイジ ホワイト」をもっと多くの男性に広めるためには何をすればいいと思いますか?
堀江さん

堀江さん

まずは「シミは百害あって一利なし」という認知を広げるのが最優先だろうね。

TikTokとか、タクシー広告とかで積極的に伝えていけばいいんじゃない?
「まあ、俺がこうやって説明するのも効果があると思うけど(笑)」
堀江さん

堀江さん

そうすると、シミ対策に前向きな男性のマーケットが一気に広がる。

ただ、その人たちが全員美容外科に行ってシミ取りをするとは限らないじゃん。

感覚値だけど、そういうのをやる人って15〜20%くらいじゃない? あくまでアーリーアダプターだけがやってる感じだから。
堀江さん

堀江さん

しかも、それがマジョリティになることは永遠にないと思う。

ICLとかレーシックとかの技術がこれだけ発達しても、やっぱりコンタクトとかメガネを選ぶ人が多いのを見ててもわかるじゃん。
渡辺

渡辺

たしかに、感覚的に「体を傷つけるのが怖い」と思う気持ちはわかりますね。
堀江さん

堀江さん

そこが「ブライトエイジ ホワイト」のチャンスですよ。
堀江さん

堀江さん

つまり「ブライトエイジ ホワイト」には、視力矯正における「メガネをかける人=レーシックが怖い人」のようなマーケットを取れる可能性がある。

「シミ対策はしたいけど、レーザーはちょっと…」という人を増やすためにも、まずは「シミは百害あって一理なし」という認知を広げていかないといけないよね。

今は「肌のケアをしていない=マイナス評価」になる時代

渡辺

渡辺

昔と比べて、今は50〜60代でも若々しい人が増えてますよね。
堀江さん

堀江さん

うん、若さのスタンダードのレベルが上がってる。

俺が子どものころ、50代の人ってめちゃくちゃおじいちゃんだったもん。
「数十年前だったら、俺もおじいちゃんだよ」
堀江さん

堀江さん

昔は年を取ったら背骨が曲がるとか、歯が悪くなって入れ歯にするのが当たり前だと思われてたじゃん。

でもそういう症状は、じつは全部予防できる。それがだいぶ浸透してきたから、今のおじいちゃんたちは若く見えるんじゃない?

肌も同じで、ちゃんとケアすればある程度若々しさを保てるってことが常識になりつつあるよね。
渡辺

渡辺

逆に言うとそのせいで、何もやっていない人はゼロじゃなくて、むしろマイナスと捉えられるようになってきたのかもしれないですね。
堀江さん

堀江さん

そうかもね。

もう何回も言ってるけど「シミは百害あって一利なし」だから。

シミをわざわざ残しておくメリットなんてひとつもないんだから、さっさとケアしちゃったほうがいいよ。
「シミは百害あって一利なし」と言い切る堀江さん。

僕も、無頓着なおじさんというマイナスイメージで見られたくないし、いつまでも若いですねって言われたい…!

やっぱり今のうちに、本気でシミケアを考えていこうと改めて思いました。

「そろそろシミが気になってきたけど、何からすればいいか分からない」「シミケア目的でクリニックに行くのには抵抗がある」という男性のみなさん。

まずは「ブライトエイジ ホワイト」で、シミケアの第一歩を踏み出してみては?
〈取材=渡辺将基(@mw19830720)文=エディット/編集=石川みく(@newfang298)/撮影=長谷英史(@hasehidephoto)〉