単に戦力を比べても意味がない理由とは?

北朝鮮って結局どれくらいコワイの? 素人が専門家にギモンを浴びせてきた

社会・政治2018.02.01by 新R25編集部

国連の制裁もなんのその。相変わらず核実験やミサイル発射をくり返す北朝鮮だが、そのたびに不安やモヤモヤは深まるばかり。僕らはまだ彼らについて知らないことがたくさんありそうだ…。

そんな読者を代表して、新R25編集部は元航空自衛官で軍事ジャーナリストの潮匡人(うしお まさと)さんに、北朝鮮に関する素朴な疑問をいろいろとぶつけてきた。

【潮匡人(うしお・まさと)】アゴラ研究所フェロー。国基研客員研究員。岡崎研特別研究員。防衛庁・空自勤務、聖学院大専任講師、防衛庁広報誌編集長、帝京大准教授、拓殖大学客員教授など歴任。TV出演等多数。著書には『安全保障は感情で動く』(文春新書)、『誰も知らない憲法9条』(新潮新書)などがある。

以下の質問のなかで気になるものがある人は、ぜひ本記事を読み進めてみてほしい。

✓北朝鮮はなぜミサイルを何度も発射しているの?
✓ミサイルの命中精度はどれくらい?
✓もしミサイルが日本に落ちたらどれくらいの被害になる?
✓兵器の種類にはどのようなものがある?
✓核ってどんな見た目なの?
✓核を量産するのは難しいの?
✓核実験ってなにしてるの?
✓結論、北朝鮮はどれくらいコワイの?

編集部・葛上

編集部・葛上

そもそも、北朝鮮はなぜ何度もミサイルを発射しているのでしょうか?

潮さん

潮さん

それはケースバイケースですが、最近に限っていうと新しいタイプのものを次々に撃っているので、技術の進歩を世界に見せつけるためというのがひとつですね。

編集部・葛上

編集部・葛上

ほかにも目的があるんですか?

潮さん

潮さん

弾道ミサイルが完成したら、実際に撃てるのか、撃ってどのくらいまで飛ぶのかということを検証する必要があります。

何度も発射を繰り返すことで、いつ必要になっても大丈夫なように体制を整えるという意図もあるでしょうね。

編集部・葛上

編集部・葛上

でも、あのような形でテストをしているのは北朝鮮だけですよね?

潮さん

潮さん

いや、ほかの国でも同じようにテストをしています。北朝鮮のように海へ落としたり、ある程度領土の大きな国であれば自国の領土に落としたりもします。

編集部・葛上

編集部・葛上

え!? 北朝鮮だけ騒がれていますが、あまり珍しいことではないのですか?

潮さん

潮さん

軍事的には当たり前のことをしています。

ただし、北朝鮮の場合はほかの国と違って、弾道ミサイルの発射自体が国連安保理決議に違反しています。

加えてニュースになっている理由として挙げられるのは、新しい兵器を投入してきたとか、アメリカ全土に到達するようになったなど、できることが増えてきたからですね。

編集部・葛上

編集部・葛上

そもそも、彼らはミサイルの開発をしてなにを成し遂げたいんですか?

潮さん

潮さん

専門家でも意見が分かれますが、私は韓国へ侵攻して朝鮮半島を統一するためだと思っています。要するに攻めるために開発をしているということです。

編集部・葛上

編集部・葛上

北朝鮮のミサイルはいつも海に落ちていますが、狙ったところに落ちているのでしょうか?

潮さん

潮さん

“だいたい”という表現でよければそうです。

2017年の3月に「スカッドER(Extended Range)」を4発同時に撃ったんですね。政府は公表していませんが、主要なメディアが「それぞれのミサイルがほぼ等間隔で着水した」と報道していました。つまりかなり精度高く、狙ったところに落とせるということです。

たとえば、「人工衛星」と称した「テポドン2派生型」は彼らが予告したところに正確に落ちています。ちょっとでもズレていたら他国の領土に落ちる場所ですから、そういうリスクはないという自信の表れでしょうね。

編集部・葛上

編集部・葛上

狙っているところに落とせるなら、意図せぬミスで日本の領土に落ちてしまうようなことはないんですかね?

潮さん

潮さん

いや、それはわかりません。彼らも失敗を繰り返しているので、誤って日本の領土に落ちるというリスクはあります。

編集部・葛上

編集部・葛上

ちなみに、少し前の報道で、金正恩委員長が「核戦力が完成した」と主張していたのはどういうことですか?

潮さん

潮さん

この前発射した「火星15」は、アメリカの東海岸まで(アメリカ全土に)届くものと見られています。これを指して「完成した」と北朝鮮は主張していますね。彼らがそう主張しているのは、もう飛距離を延ばしても意味がないところまできたから。

方向を変えてヨーロッパに向けて撃つと、ロンドンもパリも射程に入る。どこに向けても狙いたいような都市はすべて射程に入っているので、これ以上射程を延ばす必要はないわけです。

編集部・葛上

編集部・葛上

ということは「火星15」があれば事足りてしまいそうですが、なぜ北朝鮮はさまざまな飛距離のミサイルを持っているのでしょうか?

潮さん

潮さん

北朝鮮の兵器は、基本的に特定の国を念頭に開発しています。

たとえば「スカッド」は韓国、「ノドン」は日本、「ムスダン」はグアム、「火星」がアメリカ。狙う距離に応じて最適なミサイルが必要なんですよ。

画像は防衛省作成の図。射程の違うミサイルが多種あるのがわかる。

編集部・葛上

編集部・葛上

ゴルフクラブみたいに、飛距離に合わせて変えるイメージなんでしょうか?

潮さん

潮さん

そういうことです。

編集部・葛上

編集部・葛上

もし日本へ核ミサイルが撃たれたとしたら、どれぐらい被害が出るものなのでしょうか?

潮さん

潮さん

仮に核爆弾が北朝鮮の思い通りに爆発するとしたら、多くの人が主張している通り、最低でも20万人以上の死者が出て、被害者は100万人を超える規模になるでしょうね。

一方、(核を搭載しない)ただのミサイルであれば、火薬による爆発以上のことは起きないわけです。怖いのは高層ビルに当たってしまうことですが、「9.11」と同等だとして死者は最大で3000人ほど。もちろん過小評価できることではありませんが、20万人以上の死者が予想される核の被害とは桁が違うので、そこは分けて議論すべきです。

通常のミサイル1発で3000人の被害者が出るというのはかなり最悪の想定で、むしろほとんど死者が出ない確率のほうが圧倒的に高い。たとえば、第二次世界大戦のときにもドイツがイギリスにミサイル攻撃をしましたけれど、大した被害は出ていません。

ちなみに韓国の場合、ソウルには2000カ所以上のシェルターがありますので、避難がスムーズに進めば、極端にいえば被害者はゼロということもありえます

編集部・葛上

編集部・葛上

韓国は地下鉄もシェルターとして機能しているんですよね(参考記事)。

ミサイルに“なにを搭載しているか”で被害規模はまったく違うものになるんですね。ちなみに、やはり核兵器がもっとも危険なのでしょうか?

潮さん

潮さん

一般的には核がもっとも殺傷能力が高いとされていますが、そう断定してもいいのかどうかはわかりません。

というのも、生物兵器は人から人へ伝染して被害が拡大する恐れがありますので。

編集部・葛上

編集部・葛上

初歩的な質問で申し訳ないのですが、生物兵器とはどういうものですか?

潮さん

潮さん

エボラ出血熱など、伝染病の病原菌ですね。これは必ずしも弾道ミサイルの弾頭につける必要もありません。

最近、よく小舟が北朝鮮から日本に漂着していますけれど、あの中のひとりでも病原菌に侵されていれば、取り締まった海上保安官に伝染し、本人が気づかずに家族とご飯を食べて子どもに感染し、子どもは小学校で給食を食べてクラスのみんなに感染…といったようなリスクが生物兵器にはあります。

核兵器の場合は一度の核爆発による被害だけで、よくも悪くもそこで終わる。なのでどちらが危険なのか、というのは一概にはいえません。

編集部・葛上

編集部・葛上

少し前に「電磁パルス攻撃」という言葉を聞いたのですが、あれも大量破壊兵器の一種ですか?

潮さん

潮さん

はい。電磁パルス攻撃は、“核”の別バージョンみたいなものですね。

編集部・葛上

編集部・葛上

どういうことですか?

潮さん

潮さん

通常の核攻撃は上空の比較的低いところで爆発させますが、電磁パルス攻撃をする場合は、もっと高いところで核爆発を起こします

そうすると放射性物質は地上に落ちるときには無害化されてしまいますが、電磁パルスという電磁波の一種が発生して、スマートフォンなどの電子機器をまったく使えなくしてしまうんです

編集部・葛上

編集部・葛上

それは恐ろしいですね…。

潮さん

潮さん

これまで誰もやったことがないので検証のしようがないのですが、アメリカのシンクタンクによると「アメリカが壊滅する」なんて試算もあります。

これをやられたらアウトです。

編集部・葛上

編集部・葛上

上空で爆発させると電磁パルスが出るということなら、核ミサイルを迎撃したら結果的に電磁パルス攻撃になってしまうのでは?

潮さん

潮さん

それはありえません。

 核爆発というのはものすごく精巧な技術の塊で、緻密に計算して狙って爆発を起こす必要があります。プルトニウムを一気に圧縮して核分裂を起こすんですが、ちょっとでも力加減を間違えると爆発は起きません。

「原発に攻撃が加えられて核爆発が起きたらどうするんだ」なんていう人がいますが、物理的なショックで核爆発は起きません

編集部・葛上

編集部・葛上

なるほど、少し安心しました。

潮さん

潮さん

ところが、電磁パルス攻撃は高い高度で爆発を起こすので、日本の迎撃ミサイルは届きません

北朝鮮が本気で電磁パルス攻撃をしかけてくるとしたら、もう日本は降参するしかないですね。

編集部・葛上

編集部・葛上

そ、そんな…。

編集部・葛上

編集部・葛上

素朴な疑問なんですが、核(弾頭)ってどんな見た目なんですか?

潮さん

潮さん

金正恩委員長が視察している映像に出てきた、丸いゴルフボールを大きくしたような形です。彼らはあれを水爆だと主張しています。

編集部・葛上

編集部・葛上

たびたびすみません、水爆とは…?

潮さん

潮さん

核兵器には原爆(原子爆弾)水爆(水素爆弾)があり、水爆のほうが威力があります。北朝鮮は6回めの核実験で水爆の製造に成功したと主張しています。

政府の推計した爆発の規模は、ざっくりいうと広島に落ちた原爆の10倍

編集部・葛上

編集部・葛上

10倍…! ちなみに、爆発する前の水爆の大きさってどれくらいなんですか?

潮さん

潮さん

ちょうど両手を広げたくらいです。

編集部・葛上

編集部・葛上

え、想像よりだいぶ小さいですね…! それだけ小さければ量産できてしまいそうなイメージですけど。

潮さん

潮さん

いえ、それは大変です。

まず原料となるプルトニウムやウランがなかなか入手できない。ウランであれば濃縮しないと核として使えないし、プルトニウムにも抽出する作業が必要。その技術が高度なので、簡単には生産できません。さらに、それを核兵器として使えるようにするにはもう一段ハードルがあります。

ただ、北朝鮮はそれを6度も成功させている。水爆であることも否定できないレベルまできているわけですから、けっしてバカにはできないです。

編集部・葛上

編集部・葛上

北朝鮮はよく核実験をやっていますが、それは実際に爆発させる実験ということでしょうか?

潮さん

潮さん

そうです。核分裂という方法を使うのが原子爆弾で、核融合を使うのが水素爆弾。どちらかの方法で核爆発を起こすわけです。これを地下にある核実験場でおこないます。

編集部・葛上

編集部・葛上

北朝鮮がよく「核実験に成功した」と宣言していますが、日本からはそれをどう確認しているのでしょうか?

潮さん

潮さん

日本側では、爆発の規模で推計しています

長野県にもっとも正確だとされている観測所があり、そこで自然の地震とは異なる揺れを観測して「今回はおそらくこれくらいの爆発、つまり核実験に成功したのだろう」と推計値を出す。

それ以外には放射性物質を拾いに上空を飛んだりして、それが拾えれば「やっぱり核実験だったんだ」と判断できます。

編集部・葛上

編集部・葛上

日本でも揺れを観測できるということは、北朝鮮ではすごく大きな地震が起きているんですか?

潮さん

潮さん

当然そうです。震度3〜5くらいですかね。北朝鮮に近い中国の人たちは不安を訴えています。 「ここにも放射能が来ているのではないか」という不安もあるわけですから。

編集部・葛上

編集部・葛上

結局、これらを総合して北朝鮮の脅威はどの程度のものなのでしょうか?

潮さん

潮さん

いろんな考え方がありますが、少なくとも私は「脅威」を客観的に定義することに懐疑的です。本来は、韓国にとってはどうだ、日本にとってはどうだ、アメリカにとってはどうだ、と議論をすべきですから。

教科書的には、脅威というのは「能力×意図」だといわれています。たとえば、アメリカ軍は世界一の能力(戦力)を持っている。しかし日本に対する攻撃の意図を持っていないので、日本に対する脅威ではない。仮に能力が90でも意図がゼロなら、かけたらゼロになるということです。

編集部・葛上

編集部・葛上

なるほど。

潮さん

潮さん

北朝鮮の場合は、核ミサイルやテロ・ゲリラ攻撃に関しては相当の能力を持っていますし、日本に対する攻撃の意図もゼロではないので、一定の脅威があるといっていいと思います。

編集部・葛上

編集部・葛上

能力は世界で何番目くらいなんでしょうか?

潮さん

潮さん

核に関していえば、そもそも持っている国が限られていますから、世界の10本指には入るということになります。一方で、核以外の通常戦力はそれほどではありません。

ただし、テロ・ゲリラ攻撃に関してはおそらく世界一でしょう。最低でも10万人の特殊部隊がいると日本の防衛白書にも書いてあります。

編集部・葛上

編集部・葛上

世界一ですか!? 10万人…!

潮さん

潮さん

北朝鮮は「選択と集中」をしているわけです。

ある意味では身の程をわかっているということでしょう。アメリカと肩を並べることは絶対に無理なので、テロやゲリラ攻撃に絞って力を入れているんです。

現に世界一の軍事力を誇るアメリカですら北朝鮮に対して攻撃もできませんから、「たいしたことない軍事力だ」と甘く見るのは間違いだと思います。

編集部・葛上

編集部・葛上

アメリカが本気になれば一瞬で北朝鮮を壊滅させられる、というようなことを聞いたことがあるのですが、実際はどうなのでしょう?

潮さん

潮さん

両国が戦争になれば、最終的にアメリカが勝つことに関しては誰も疑っていません。私のざっくりとした計算では、1時間あれば攻撃すべきターゲットの9割以上を無力化できると思います。

しかしながら、仮に1時間かけて9割しか無力化できないとすると、まだ1割の戦力が北朝鮮にあるわけですよね。その1割を使って韓国や日本に対する核攻撃ができるかもしれない。

編集部・葛上

編集部・葛上

となれば、「一瞬で壊滅させることができる」と聞いても安心できませんね…。

潮さん

潮さん

日本の防衛省の分析では、北朝鮮には核ミサイル以外でソウルまで届く射程のロケット砲が最低1000門以上あるといわれています。

“一瞬”で壊滅させるつもりでも1時間かかってしまうのだとしたら、その1時間の間にこれらすべてを撃ててしまいます。

アメリカが「予防的先制攻撃」をすべきではない、といわれているのはそういう理由です。

編集部・葛上

編集部・葛上

そう考えるとかなりの脅威ですし、たしかに単に戦力を比べても意味がないですね…。北朝鮮への理解が深まってきました!

(後編へ続く)

今回は北朝鮮の戦力や脅威についてくわしく伺ったが、後編では日本の防衛」についても根掘り葉掘り話を聞いた。たくさんの発見や学びがあったので、そちらもぜひ読んでみてほしい。

〈取材・文=葛上洋平(新R25編集部)/協力=渡辺将基(新R25編集長)〉

20代ビジネスマンのバイブル

ライター・コラムニスト募集中!

商品や企業の魅力をPRしませんか?

App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
新R25アプリも登場