デスクワークの“最高の相棒”はどれ?

「キーボード」のおすすめをプロが厳選。神コスパ商品や最高峰モデルも

PR

楽天株式会社

ライフスタイル

連載

楽天・再発見!

連載へ

デスクトップPCに欠かせない相棒であり、近年はスマホやタブレットの周辺機器としても注目を集めている「キーボード」

使い勝手がイマイチだと、仕事の成果にも影響を及ぼしてしまう重要なアイテムです。

リモートワークなどの働き方の変化に合わせて、見直しを検討している人も多いのでは?

そこで今回は、ガジェットライターの諸山泰三さにインタビュー。性能の違いや選び方のポイント、R25世代におすすめの商品を教えてもらいました。
【諸山泰三(もろやま・たいぞう)】PC雑誌の編集者から家電流通専門誌の編集者、家電のフリーペーパーの編集長を経てフリーランスとして独立。WEBや雑誌などで家電・PC・IT製品・家電量販店・その他のレビュー、取材記事などを執筆。http://www.writeandnote.com
〈聞き手=篠原泰之〉
諸山さん

諸山さん

キーボードはパソコンの周辺機器の中でも、種類が豊富で非常に多くの製品が出回っています。

3万円以上する高額なものから、1000円程度で買える安価なモデルも。

そのなかから自分に合ったキーボードを選ぶには、どんな種類があるか知り、パソコンとの相性なども考えることが大切です。
篠原

篠原

そんなに選択肢が多いんですね。最初に考慮すべきポイントはありますか?
諸山さん

諸山さん

まずは接続方式、つまり「キーボードとPCをつなぐケーブルがあるかないか」の違いです。

もっとも一般的で使いやすいのは、Bluetooth対応の無線キーボードでしょう。

USBに挿すレシーバーが要らないので、USBコネクタをふさぎません。コネクタのないタブレットなどでも使えます。
篠原

篠原

逆に有線タイプのメリットは、やっぱり電池交換が不要なことですか?
諸山さん

諸山さん

そうですね。電池の交換が面倒くさい人はUSB接続の有線キーボードがいいでしょう。

ちなみに有線キーボードは、安価なものと高価なものが両極端に分かれます

高価なものはHHKB(ハッピーハッキングキーボード)のような、洗練された最高級のもの。そして、入力遅延を極限まで低減するためのゲーミング用です。
篠原

篠原

マウスと一緒でゲーミングモデルは機能性が高いんですね。

ちなみに…通販で購入するときに、実物を見ないでもキーの押し心地を見分ける方法はありますか?
諸山さん

諸山さん

キーの構造には大きく3種類あります。

「メンブレン式」「パンタグラフ式」「メカニカル式」
です。
諸山さん

諸山さん

メンブレン式は一番シンプルで価格も安いタイプ

押し込んだキーを戻す機構にシリコンキャップを使うもので、メンテナンスも容易で汚れに強い半面、シリコンキャップが劣化すると打ちづらくなります。
篠原

篠原

耐久性が優れているわけではないんですね。
諸山さん

諸山さん

あくまで個人的な目安ですが、快適に使えるのは1年くらいですね。

長く使っていると、チャタリングといって、1回押しただけなのにそのキーが何度も押されたような動作不良を起こすことがあります。
篠原

篠原

なるほど。ほかのタイプはどんな構造なんですか?
諸山さん

諸山さん

パンタグラフ式は、電車の屋根に付いているパンタグラフと同じ折り畳み構造のこと。

キーを薄くできるので、ノートパソコンに多く採用されています。ストロークが比較的浅くなりますが、それが好みという人も。

メンブレン式と同じくシリコンキャップも使用しますが、メンテナンスが難しく、分解すると折れてしまうこともあるのが欠点です。
篠原

篠原

力任せにキーを叩きがちな人には向いてないかもしれませんね。
諸山さん

諸山さん

最後に、メカニカル式はスプリングを採用したキーボードで、打鍵感がしっかりしています

接点接触型静電容量無接点型の2つがあり、前者が一般的で比較的安価なもの。デスクトップパソコンに標準で付属するキーボードの多くがこれです。

後者は電極が物理的に接触しなくてもキーの押下を認識するもの。指の負担がより小さくて済むため、長時間利用するエンジニアやハードゲーマーに好まれます。

製品寿命が長くなる半面、価格が高いのも特徴です。
篠原

篠原

ちなみに、諸山さんはどのタイプを使ってるんですか?
諸山さん

諸山さん

私はシチュエーションに合わせて3台ほどの商品を使い分けていますが、いちばんヘビロテしているのは安価なメンブレン式のキーボードです。半年に1回は買い換えていますよ。
篠原

篠原

こだわり派はそんなに買い換えのサイクルが早いんですね…!

キーの幅や押したときの深さも要チェック

篠原

篠原

キーの配列は、無難に日本語配列を選ぶべきですかね?
諸山さん

諸山さん

日本語配列を使うのが一般的ですが、日本語入力の少ないエンジニアや、海外のプレイヤーとよくプレイするハードゲーマーは、英語配列を選ぶ人もいます。

日本語配列でも英語配列でも、アルファベットや数字のキーの位置は基本的に同じですが、変換キーや半角全角キーの有無などが異なります。

ゲーミングキーボードでは、ゲーム用に任意のキーやマクロを登録できる特別なキーが用意されていることもあります。
篠原

篠原

ほかにもキーの入力のしやすさを左右する要素はありますか?
諸山さん

諸山さん

キーピッチ(キーの幅)キーストローク(押したときの深さ)にも注目です。

本体のサイズがコンパクトなほどキーピッチは狭く、ストロークは浅くなりがちです。

キーピッチは横18~19mm、縦16mm程度が使いやすいとされています。
諸山さん

諸山さん

一方、キーストロークはデスクトップパソコンが3~4mm、ノートパソコンは1.5~2mmくらいが標準です。

ちなみに、キーとキーの間に空間が開いているタイプをアイソレーション・キーボードといいます。

初心者でも打ち間違いが少ないとされていますが、慣れてくると指の移動距離が長くなるので使いづらく感じる人も。
篠原

篠原

どれも一長一短なんですね。自分に合ったモデルと出会うために、いろいろ触ってみることにします!

ガジェットライターが厳選! R25世代におすすめのキーボード10選

気軽に買い換えを検討できるコスパに優れたモデルや、最高峰の機能を備えたゲーマー向け、おしゃれなデザインに特化したアイテムまで。

ガジェットライターの諸山さんが厳選してくれたキーボードをご紹介します。

①エレコム TK-FBM093SBK:高い静音性とコスパが魅力のキーボード

価格:2,810円(税込・楽天価格)

Bluetooth接続・メンブレン式・テンキーなし・キーピッチ19mm・キーストローク2.6mm
諸山さん

諸山さん

私がいま使っているキーボードです。

独自の静音設計を採用しており、キートップにラバーカップを取り付けることで打鍵時に発生するキートップと上カバーの接触音を減少させています。

カチャカチャ音が少ないので、音が気になる場所や時間帯での使用に最適。

WEBブラウザやメディアプレーヤーの機能などを、専用キーを押すだけで実行できる、8種類のマルチファンクションキーを搭載。使い勝手も抜群です。

②バッファロー BSKBB310BK:タイプミスを防ぎやすいアイソレーションキーボード

価格:1,709円(税込・楽天価格)

Bluetooth接続・パンタグラフ式・テンキーなし・キーピッチ19mm・キーストローク1.5mm
諸山さん

諸山さん

キーの1つひとつが独立して打ちやすいアイソレーションキーボードです。キーの横ぶれを抑えることで安定した打鍵感を確保。

また、キーとキーの間が開いており、タイプミスが少なくなります。ノートパソコンのような使用感で、キーストロークが浅く疲れにくい商品です。

③ロジクール BLUETOOTH MULTI-DEVICE KEYBOARD K480:スマホからパソコンにワンタッチで切り替え可能

価格:3,382円(税込・楽天価格)

Bluetooth接続・パンタグラフ式・テンキーなし・キーピッチ19mm・キーストローク2mm
諸山さん

諸山さん

スマホやタブレットを差し込んで立てられるスタンドが備わっていて、違うPCやスマホでも使い回しやすいキーボードです。

最大3台までのデバイスをペアリングできます。ダイヤルを回すことで、ワンタッチで切り替えられるので、誤操作しづらいのも良いところ。

重量815gなので、外部に持ち歩くにはやや重いかもしれません。PS4にも対応しています。

④アイクレバー IC-BK03:持ち運びに最適な折りたたみ式

価格:5,417円(税込・楽天価格)

Bluetooth接続・パンタグラフ式・テンキーなし・キーピッチ16.5mm・キーストローク1.2mm
諸山さん

諸山さん

コンパクトに折りたたんで持ち運べる一台です。スリムなデザインながら、タッチパッド付き。最大3台までのデバイスをボタンで切り替えて使えます。

外観とは裏腹に185gと軽いのも魅力です。

ちなみに、乾電池ではなく充電式。英語配列な点に注意が必要です。

⑤東プレ REALFORCE R2 テンキーレス 「PFU Limited Edition」日本語配列:高速タイピングと静粛性にこだわった最高峰モデル

価格31,350円(税込・楽天価格)

USB接続・メカニカル式(静電容量無接点方式)・テンキーなし・キーピッチ19mm・キーストローク4mm
諸山さん

諸山さん

キーボード界の両雄、東プレのREALFORCE R2シリーズとPFUのHHKBシリーズが奇跡のコラボを成し遂げた製品です。

キー押下圧はヘビーユーザーから評判が高い45gを採用。キースイッチの反応速度を3段階で調節できるため、すばやく入力したいキーは1.5mmに、不意の誤入力を防止したいキーは3mmに…などと設定できます。

また、優れたエネルギー吸収性(衝撃、振動)と高耐久性の緩衝材を採用し、押下されたキーが戻るときに発生する音を改善。

長時間の使用にも疲れにくい最高水準のキータッチと、軽快なタイピング感、静音機能を実現した最高峰のキーボードです。

⑥アーキサイト Maestro 2S:テンキーレスサイズなのにフルキーボード

価格:20,777円(税込・楽天価格)

USB接続・メカニカル式・テンキーなし・キーピッチ19mm・キーストローク3.4/3.7/4mm
諸山さん

諸山さん

一部のキー機能をFnキーとの組み合わせにすることで、キー数を省略。テンキーレスサイズなのにフルキーボードのようなテンキー付きを実現した、省スペースフルキーボードです。

キー入力の切り替えや制限に利用できるDIPスイッチを備えており、CapsLockとCtrlを入れ替えるといったことがスイッチひとつで簡単におこなえます。

キー印字に摩耗に強い昇華印刷を採用。ゲーミングでは重要なnキーロールオーバーなどにも対応しています。

⑦ロジクール G913 TKL:ハイパフォーマンスを実現するゲーミングキーボード

価格:30,250円(税込・楽天価格)

Bluetooth接続/2.4GHz接続・メカニカル式・テンキーなし・キーピッチ不明・キーストローク2.7mm
諸山さん

諸山さん

正確性と即応性が叶うゲーミングキーボードです。

ゲーミングながら1msの超高速無線接続ですが、USB接続すれば充電中でもプレイできます。

メカニカル式ですがパンタグラフ式並みに薄いので、ストロークの浅いゲーミングキーボードを求める人にぴったりです。

打鍵感は3種類から選択可能。個々のキーのバックライト色と発光パターンもカスタマイズ可能で、独自のアニメーションを作成することもできます。

音楽やビデオの音量調整や再生/停止などがすばやくおこなえる、専用のメディアコントロールも備えています。

⑧リーテック RK100:明るさ調節可能なLEDバックライトを搭載

価格:3,036円(税込・楽天価格)

USB接続・メカニカル式・テンキーあり・キーピッチ19mm・キーストローク4.0mm
諸山さん

諸山さん

コスパ抜群のゲーミングキーボードで、最大で19キーの同時押しに対応。10分間使用しない場合は自動的にスリープモードに入ります。

1680色RGBバックライトを搭載し、Fnキーと組み合わせて明るさの調整が簡単におこなえます。

キーボードに角度をつけるためのスタンドや、しっかりと固定するための滑り止めも備わっており、スムーズにタイピングができるように考えられています。

⑨AJAX タイプライター風キーボードPENNA ペナ Special Wood PNADSW:タイプライター風の個性派デザイン

価格:54,302円(税込・楽天価格)

Bluetooth接続・メカニカル式・テンキーなし
諸山さん

諸山さん

レトロなキーキャップとメカニカルスイッチで、タイプライターのような打鍵感を再現したファッショナブルなキーボードです。

PCだけでなく、AndroidやiOSにも対応。最大5台のデバイスとペアリングできます。

印字する紙に見立てて、スマホやタブレットが置けるスタンドも備えています。

本体左にリターンバーを模したマクロバーを搭載し、登録した文章を呼び出せます。アンティーク好きにもおすすめ。

⑩Mofii honeycolorful:パステルカラーが魅力のキーボード

価格:7,980円(税込・楽天価格)

2.4GHz接続・テンキーなし・キーピッチ19mm・キーストローク4mm
諸山さん

諸山さん

キートップがハニカムデザインで、パステルカラーのかわいいキーボード。

イレギュラーな配置のキーもあり、使い勝手には少々不安がありますが、指のほうを慣らしてでも、人とは違うキッチュなキーボードを使いたい人にはおすすめです。

昨年ネット上では大きな話題になり、クラウドファンディングサービスのMakuakeでは目標金額の726倍もの応援資金を集めました。

英語配列と日本語配列があるので注意。おそろいのカラーのマウスが付属します。

キーボードの買い換えも、働き方改革の一環

キーボードはパソコンの文字入力に欠かせない周辺機器。

タイピングが快適であればあるほど作業効率が劇的に上がり、疲れにくくなるはずです。

実はキーボードこそ、働き盛りのビジネスパーソンが投資を惜しまずに吟味すべきアイテムなのかもしれません…!

楽天市場には、多種多様なキーボードがそろっています。あなたのポテンシャルを最大限に引き出してくれる一台と出会えるはずです。
〈文=浅原聡/取材・編集=篠原泰之(@4no_y)/撮影=福田一稀(@i__tokyo)〉

楽天市場でのキーボードの人気商品ランキング