“脱”センス頼りのインフルエンサーマーケティング

有料会員の解約率はたった1%。ロジックで効果を出すインフルエンサーマーケティングツール「A stream」が好調なワケ

PR

株式会社A

トレンド

連載

特報 新R25

連載へ

TikTok、Instagram、YouTubeなどで影響力を持つ著名人を活用した「インフルエンサーマーケティング」が企業の間でトレンドワードとなって久しい昨今。

一方で、「バズったのに売り上げにつながらない」「効果測定があいまいで、改善策が見つからない」「インフルエンサーの選定がセンス頼りになってしまう」など、施策を打つたびに課題を感じている企業のマーケティング担当者も多いのではないでしょうか?
これらインフルエンサーマーケティングにまつわるさまざまな課題を解決すべく、株式会社A(エース)よりリリースされたのがインフルエンサーマーケティングツール「A stream(エーストリーム)」。
出典Youtube
センスや感覚だけのキャスティングから脱却し、「データドリブン」で「論理的」なインフルエンサーマーケティングを実現するためのさまざま機能が搭載された本サービス。

2022年2月のローンチから4カ月で登録アカウントは250社を突破、有料会員の解約率はわずか1%という数字を叩き出し、まさに今マーケティング担当者が注目すべきツールの1つと言えます。

そこで今回は「A stream」のサービス内容や活用するためのコツ、今後の展望など担当者の取材を通して「A streamが好調な理由」を徹底解剖していきます。
POINT!
✔️競合サービスと比較すると随一のアカウントデータ数を保有

✔️株式会社Aが感じていたリアルな“インフルエンサーマーケティングの課題”から生まれたサービス

✔️導入時のオリエンや有人チャットでのサポートも充実

インフルエンサーマーケティングツール「A stream」でできること

新崎さん

新崎さん

インフルエンサーマーケティングは企業の担当者の“センス”や“経験値”に頼らざるを得ない部分があり、ブラックボックス化しやすい領域であることが課題でもありました。
そう語るのは「A stream」プロダクトマネージャーの新崎優太氏。

実は「A stream」を提供する株式会社Aは、これまで300社以上の企業のブランドPRを支援してきた会社。

自社で蓄積したインフルエンサーマーケティングにおける勝ちパターンをベースに、サービスのアップデートを行なっているそうで、まさに実案件を通して感じた“リアルな課題感”をもとに開発されたのが本サービスです。
「A stream」の利用料金は5万円から。対象となるSNSは「Instagram」「YouTube」「TikTok」で、検索可能アカウントは100万件以上と国内最大級のデータ保有数を誇ります。
大きく利用されるシーンとしては、「リサーチ:条件に合わせてインフルエンサーを自動で抽出」「分析:フォロワーのデータを元に最適なインフルエンサーをピックアップ」「レポート:施策後の振り返りやノウハウをデータベース化」の3つ。

それぞれ具体的にどんなことができるのか、特徴的な機能について詳細を見ていきましょう。

①購入潜在層にアプローチするためのキーアカウント調査

従来のインフルエンサーマーケティングでは、的確な「ターゲティング」が行えず、良くも悪くも不特定多数の人にPRを届けるマスマーケティングの一つとして捉えられていました。

理由として「フォロワーのペルソナ像」が一切提供されていないことが挙げられ、予算を無駄に消化してしまうケースが続出していました。

「A stream」の「キーアカウント調査」はまさに上記の課題を解決し、インフルエンサーマーケティングに「ターゲティング」という概念を用いることを可能にした機能です
「キーアカウント調査」では、「PRしたい商品やサービスのターゲット像から多くフォローされているインフルエンサー」や、競合ブランドなど「指定したメーカーのアカウントを、共通してフォローしているペルソナ群」を導きだします。

ほかにも、指定のハッシュタグにおいて人気があるインフルエンサーを抽出できるため、獲得したいセグメントに対し影響力のあるインフルエンサーを確実に探すことができます。

上記の機能を活用することで、インフルエンサーマーケティングにおいても高精度なターゲティングが実現でき、ユーザーの購買行動にダイレクトに繋げることが可能になりました。

②フォロワーの興味関心を丸裸にするサイコグラフィック分析

「サイコグラフィック分析」は、インフルエンサーのフォロワーが「カフェ・レストラン」「ファッション」「ゲーム」など、どんなジャンルに一番感心を持っているのかを分析できる機能。

フォロワーの趣味嗜好までしっかり分析することで、そのインフルエンサ―を起用すべきか、PR投稿によって実際に反応してくれるファンがいるのかが判断可能になります。

インフルエンサーの「ファン層」と、商品の「ファン層」に大きな乖離があるなどの課題を防ぎます。

③情報を蓄積するデータベース機能

「A stream」にはリサーチや分析だけでなく、インフルエンサーの情報やこれまでの施策結果をデータベースとして保存できる機能も搭載。

これにより施策立案時にかかっていた時間を大幅に削減できるほか、効果検証や改善など施策を資産化することでインフルエンサーマーケティングにおいてPDCAをしっかり回せるようになります。

④そのほか分析に活用できる日本初の機能が数十以上も

ほかにも、施策の分析に活用できる日本初の機能が多数搭載されているほか、2月のリリースから現在に至るまで随時新機能のアップデートも続けているそう。下記ではその一部をご紹介します。
フォロワーやいいねした人の男女比や年代比を詳細に可視化
フォロワーの男女比しかわからない従来のツールよりさらに詳しくデモグラフィックを分析できる機能。

インフルエンサーのフォロワー買いを検出
ファンでないフォロワーを多く含む“なんちゃってインフルエンサー”を事前に排除することができる機能。

直近アップされた投稿のエンゲージメントを獲得可能
フォロワーの数だけでなく、インフルエンサーの投稿に対してフォロワーからどのくらいアクティブに反応が来ているのかを可視化できる機能。

より実態に近い拡散力の算出が可能に
フォロワーだけでなく、フォロワー外から投稿に対してどのくらい興味関心を集めているのかを抽出できる機能。
単に機能が多いというだけでなく、インフルエンサーマーケティングを行う担当者の視点に立った“本当に必要な機能”が用意されている点や、サービスリリース後も進化を続けている点が好調の要因と言えそうです。

“センス頼り”のインフルエンサーマーケティングから脱却する「A stream」の強み

新崎さん

新崎さん

「A stream」はフォロワーが1000人以上に達したアカウントは自動でデータに追加されるようになっていたり、分析できるデータ項目の多さ(フォロワーの属性、ブランドの傾向、リアクションを生むフォロワーの傾向など)や、国内No.1のデータ保有数、アカウント数が特徴。

そのため“抜け漏れなく、感覚に頼らない分析ができること”が一番の強みになっています。
新崎さん

新崎さん

実際に導入企業ではインフルエンサーの選定を見直した結果、ROAS37%→1030%に大幅アップしたという実績も出ています。

インフルエンサー選定において大きな失敗をしなくなった」「インフルエンサーマーケティングでPDCAをしっかり回せるようになった」というお声をいただくことが多いですね。

目指すのは“インフルエンサーマーケティング”成功のための伴走者になること

一方でデータ項目が多いということは、使いこなせる企業とそうでない企業が出てきてしまうのもまた事実。

ツールとしては優れていても、使いこなすのが難しいため一部の人に頼るしかなくなってしまったり、組織内でサービスが定着しなかったという経験がある担当者も多いはずです。
新崎さん

新崎さん

正直にお話しすると、使いこなすのは簡単というわけではないと思います。

ただ我々としては、目指す効果を実現するためにはどれも必要な項目だと考えているので、機能を減らして使いやすくするのではなく「A stream」がサポートを強化していくことで、誰でも使えるサービスにしていきたいです。

具体的には、導入時の企業様向け個別オリエンや、サービス内では有人対応のチャットサポートで対応しています。

「A stream」はインフルエンサーマーケティングを成功させるためのコンサルティングも含めたサービスだと思っていただけるとうれしいです。

企業担当者に伴走しながら、本当に価値のあるインフルエンサーマーケティングの実現を目指す「A stream」。最後に、同サービスの今後の展開についても聞いてみました。
新崎さん

新崎さん

インフルエンサーマーケティングは本来、「商品への想い」「インフルエンサーの想い」、そのほかクリエイティブやターゲティングなど、さまざまな変数が絶妙に交わって奇跡が生まれるドラマティックなマーケティングなんです。

しかし“データを用いること”が難しいため、感覚論で判断されがちという課題もあります。

そこで僕たちが挑戦していきたいのは、インフルエンサーマーケティングの「数値化」と「見える化」です

「Astream」を活用することで1社でも多くの企業がマーケティングの奇跡を起こし、より多くの個人が好きなことで生きていける時代を作っていきたいと思っています。
今後、「Twitter」アカウントのインフルエンサーも対象となるとのことでますます利用の幅が広がる「A stream」。

同サービスが目指すのは、単純なサービスとしての成功だけでなく「インフルエンサーマーケティング」という手段を、もっと効果的に意味のあるものにしていくこと。

これからさらに増えていくであろうSNS上の発信者たち。「企業」「インフルエンサー」がどちらもWINになれる未来を目指すための、「A stream」の今後のアップデートに注目です。

あなたの会社の最新ニュースも、新R25で発信しませんか?

企業の“特別”なリリース情報に価値あるリアクションを生み出す、新R25がつくる新しいプレスリリースの選択肢「特報 新R25」(β版)では、先着限定で掲載企業を募集しています。

お手持ちのリリース原稿を入稿いただき、新R25編集部が下記のステップでコンテンツ化!
①サムネイルやキャッチコピーの作成

②第3者視点での記事制作(テキストでの取材が発生する場合も)

③メディア掲載&公式SNSでの拡散
詳細については、下記お問い合わせフォームからお待ちしております。