未経験でも使えるの?

MS-Japanの評判は?1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説

キャリア
管理部門(バックオフィス)や士業(公認会計士や税理士など)に特化した転職エージェント「MS-Japan」。

人事・総務・経理などの経験がある方は名前を知っているかもしれません。

とはいえ、「ほかの転職エージェントとの違いは?」「未経験でも使えるの?」 「ネットの評判を信じていいの?」と、気になることが山積みですよね。

そこで新R25は転職エージェントの実態に精通した方々にご協力いただき、「新R25キャリア総研」として、実際に利用したことのある約1000人を対象におすすめの転職エージェントの評判について調査を実施しました
一般利用者のリアルな口コミに加え、専門家2名の見解もふまえて、MS-Japanの特徴や転職エージェントの活用法を解説します。


〈聞き手=松本紋芽〉
松本さん

松本さん

人事・戦略コンサルタントの松本です。

アクセンチュアなどの大手外資系コンサルティング会社に24年勤めて、プリンシパル(部長級)を経て現職に至ります。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上です。

さまざまな企業の人事とのつながりがあるので、企業側からの意見をふまえてコメントをします。
小林さん

小林さん

人材コンサルタントの小林です。法律系人材を取り扱う外資系ヘッドハント会社を経て、人材紹介事業をおこなう会社を設立しました。

2013年から厚労省認定の講師として、人材紹介事業者に対する法定講習を2500社以上に対しおこなっています

転職希望者や転職エージェント、人事とのやりとりをベースに、私の利用経験もふまえてお話します。
※詳細プロフィールは記事の下部に記載しています
【目的別】おすすめ転職エージェントを1128人にガチ調査! 1つだけ使うのはNG!?|新R25転職

【目的別】おすすめ転職エージェントを1128人にガチ調査! 1つだけ使うのはNG!?|新R25転職

ほかの転職エージェントについても詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
【目的別】おすすめ転職サイトを1163人にガチ調査! 初心者は別サービスを使うべき!?|新R25転職

【目的別】おすすめ転職サイトを1163人にガチ調査! 初心者は別サービスを使うべき!?|新R25転職

自分で求人案件を探せる「転職サイト」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

おすすめの転職エージェント調査の概要

この記事では、新R25総研の調査結果や過去におこなった専門家への取材をふまえて、MS-Japanの特徴について詳しく解説します。
【調査概要】

・調査期間
2020/03/30〜2020/04/01
2020/04/02〜2020/04/06

・サンプル数
1128人(554+574)

・調査対象者
性別:指定なし
年齢:20〜39歳
地域:全国
条件:転職エージェントを利用したことがある人

【総評】管理部門・士業に特化しているサービス。経験者におすすめ

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社MS-Japan
公開求人数:約4000件
※2020年7月22日時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
小林さん

小林さん

小林さん:経理・財務・人事・総務・法務などを得意とした転職エージェントです。バックオフィス関連の職種での転職を考えている人はチェックするといいでしょう
松本さん

松本さん

公式サイトによると、管理部門・士業に携わる方の登録率や転職決定率がNo.1

大手企業での経験や、高いスキルを持っているなど、即戦力となる人向けの求人案件も多いですね。経験者であれば利用しない手はないでしょう。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

特徴①:管理部門・士業の求人案件が豊富

小林さん

小林さん

管理部門のなかでも、法務や企画経営・内部監査などの求人案件が多いです。
松本さん

松本さん

士業では、公認会計士、税理士、社会保険労務士などの求人案件が特に豊富。ほかにも、士業系の求人案件は幅広く取り扱っています。
小林さん

小林さん

ただ、管理部門は売り上げを立てる役割ではなく、企業内ではコストとみなされてしまうため、採用のハードルも高い傾向にあります

すでに実績があり、経験が豊富な方であればスピーディに転職先は決まると思いますが、そうでない方はやや苦戦するかもしれません。ほかの職種も視野に入れながら転職活動を進めましょう
松本さん

松本さん

キャリアが長くない20代や、未経験向けの求人案件はあまり多くないので、大手転職エージェントとの併用をおすすめします
【代表的な利用者の評判】
東京都/39歳/男性/年収900~999万円:
会計関連等バックオフィスに特化したエージェントなので、話が早い。 特に私のように、業種不問で職種限定で探していた人間にかなりマッチする会社でした。

特徴②:独特のサポート体制とアドバイザーの対応力が好評

小林さん

小林さん

転職エージェントは、企業担当と求職者担当のアドバイザーが分かれている「片面型」と、1人のアドバイザーが個人・法人の両方を担当する「両面型」に大きく分けられます。

MS-Japanは、企業担当と求職者担当分かれているものの、どちらも「両面型」に近い動きをするという独特の体制。

企業担当は企業と求職者の両方にコンタクトを取り、お互いの要望を汲んだマッチングをおこないます。

求職者担当は求職者の対応をするだけでなく、企業担当と一緒に企業に訪問し採用コンサルをおこなうことも。

このような独自の体制で、企業・求職者双方にとって最良の転職を目指しているようです。
松本さん

松本さん

アドバイザーが強引な対応をするという話がほとんどなく、利用者からの評判は上々です

すぐに転職したい方だけでなく、転職のための情報収集をしたい方や、長い目で転職を考えたい方でも利用しやすいと思います。
【代表的な利用者の評判】
東京都/30歳/女性/年収300~399万円:
担当アドバイザーがついてくれ、相談に行ったその場で希望条件にあう求人を探してきてくれ、行動が早くていいと思いました。

特徴③:セミナー・個別相談会の種類が多い

松本さん

松本さん

さまざまなセミナーや個別相談会をおこなっているのもMS-Japanの魅力です。たとえばこのようなものがあります。
転職回数が多い方向けの職務経歴書作成相談会

中長期的なキャリアプランに関する個別相談会

はじめての転職を検討する方向けの個別相談会

キャリアアップを目指す40代向けの個別相談会
松本さん

松本さん

上記は実際に開催されている相談会の一部ですが、状況や年代を網羅した、種類の豊富さがよくわかると思います。

個別相談会は日曜・祝日を除いてほぼ毎日受け付けているので、働きながら転職活動をする方でも時間を作りやすいでしょう

MS-Japanを利用するなら、こういった相談会にも積極的に参加してみるのをおすすめします。

転職エージェントは複数登録して、アドバイザーを見て厳選しよう

松本さん

松本さん

ここまでMS-Japanについて解説してきましたが、そもそも転職エージェントは、登録前の段階ではそれほど絞り込まないことをおすすめします
ライター松本

ライター松本

どうしてですか?
松本さん

松本さん

理由は2つあります。
①成果報酬を企業から受け取るビジネスモデルなので、転職希望者は無料で使える
担当アドバイザーが転職の成否を分けるので、複数のサービスに登録してから厳選するといい
ライター松本

ライター松本

つまり、最初はいくつか登録して、担当してくれるアドバイザーとの相性などを見るといいってことですね。

どれぐらい登録すればいいんでしょう?
松本さん

松本さん

網羅的に求人案件を抱えている“総合型”と呼ばれている転職エージェントを2〜3個ほど。

そして転職の希望が明確なら、今回紹介したMS-Japanなどの、特定の業界・職種に特化している“特化型”の転職エージェントも1〜3個併用するのがおすすめです。

MS-Japanは管理部門・士業の求人案件が豊富な一方、どうしても求人数は限られてしまいます。

選択肢を広げるためにも、総合型との併用を検討しましょう
ライター松本

ライター松本

エージェントが多すぎると、やり取りが大変な気もしますが…
松本さん

松本さん

今の話はあくまで登録までの話です。アドバイザーと会ってみて相性などを確認してから、最終的に2人ぐらいに厳選すれば大丈夫ですよ。
実際に複数の転職エージェントを利用したことがある方に、アンケートをとりました。(サンプル数:807人)

1128人への調査でわかったおすすめの転職エージェント

新R25総研の調査結果や過去におこなった専門家への取材をふまえて、MS-Japanとの併用におすすめできる総合型の転職エージェントをご紹介します。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型92%相談する
総合型89%相談する
総合型86%相談する
総合型83%相談する

転職エージェントに関するよくある質問と回答

Q:転職市場に対する“コロナ”の影響は?

松本さん

松本さん

「なんとなく転職したい」くらいの方は、いまは見送ってもいいかもしれませんね。

求人数が減っているのに加え、失業者はこれからどんどん増えていくことが予想されます。つまり競争率が上がるので、転職の難易度が高めになります。

ただし、採用を続けている企業も多いのに加えて、今からやっておいたほうがいいこともあります。詳しくは別の記事でお話ししているのでそちらをご覧ください。

Q:転職エージェントにデメリットはないの?

松本さん

松本さん

転職させるビジネスなので当然ですが、単なるキャリア相談のつもりが「転職ありき」で話が進むことをデメリットに感じる方はいるかもしれません。

振り回されないためには、自分の希望や転職先に求める条件をはっきりさせてから相談に行くのがおすすめです。

もはや「転職エージェントは求人案件を持っている“人力データベース”」と割り切ってしまうぐらいがいいかもしれません。
小林さん

小林さん

転職に関する意志が固まっていない人は要注意

たとえばぼんやり事務職を希望していたとしても「一度は営業も経験したほうがいいですよ」と、希望とはまったく違う求人案件を紹介されることがあります。

もちろんそういった異業種・他職種への転職がいいほうに転ぶこともあるので難しいところですが、提案がしっくりこないときには断る意志が必要です。

Q:すぐ転職するつもりはないけど、登録してもいいの?

松本さん

松本さん

むしろすぐ転職するつもりはない方がほとんどです。なのでキャリアについて相談するために登録するのもありです。

たとえばMS-Japanは、「いつかは転職したい」という方のための個別相談会も実施しているので、そういう機会を上手に使いましょう。
小林さん

小林さん

まともなアドバイザーほど、転職意向度の低い方もちゃんと相手にしてくれます。なので、キャリアについて相談するために登録するのもアリだと思います。

すぐ転職するつもりはなくても、有用な情報源として積極的に活用するといいでしょう。

Q:登録したら志望してない企業へ入社させられるのでは?

小林さん

小林さん

流されやすい人の場合はアドバイザーの提案を断れずに応募してしまうことはあるかもしれませんが、転職希望者が承諾しなければ選考が進むことはありません。もし内定が出ても、気乗りしなければ辞退しても大丈夫。

また、転職者が短期間で辞めてしまうと、転職エージェントはその企業へ成果報酬を返金しなければなりません。

内定を蹴りづらいなら、短期退職をほのめかすのもありかもしれません。
松本さん

松本さん

ぐいぐい押し込んでくるアドバイザーがいるのは事実ですが、逆に言うとそういうアドバイザーはすぐ転職したいときには強い味方になります

自分に対してぐいぐい来るということは、企業側へも転職希望者をぐいぐいアピールしてくれるはずですからね。

Q:いいアドバイザーの見分け方は?

松本さん

松本さん

まず1つの方法は自分の主観で相性がいいかを判断すること。これについては複数の転職エージェントに登録して、いろんなアドバイザーを相対比較するとわかりやすいです。

2つ目はアドバイザー個人の実績を聞いてみることです。ある企業へ多くの転職実績があれば、そこに対しては信頼関係が築かれているはず。

転職希望者の要望を通す強い交渉力があると見ていいでしょう。

3つ目は進め方に違和感がないことです。

求めてないのにすぐ求人案件を紹介してきたり、よくわからない理由で求人案件を勧めてくるケースは要注意。ノルマの達成に躍起になっている可能性が高いからです。
小林さん

小林さん

企業側と転職希望者を1人が見る両面型の転職エージェントの場合は、アドバイザーの経歴を聞くのがおすすめ

1年以上の勤務歴があれば一定の実績があると見ていいでしょう。いい転職者を企業へ送れていないと、自分が企業側から責められるハードな仕事ですから。

Q:応募する求人はどうやって選べばいいの?

松本さん

松本さん

少しでも魅力を感じたら受けてみる、というスタンスで基本的にはOKです。ただ、場合によっては避けたほう求人案件が紛れている場合も

下記に当てはまる求人案件に興味が湧いた場合は、応募前にアドバイザーに企業の内情を聞いてから判断するのがおすすめです。
避けたほうがいい求人案件の特徴

短期間に何度も同じポジションの募集が出てくる
→入社した人が長く勤められない理由があるかも

どの転職エージェントからも同じ求人案件を勧められる
→業務拡大のために大量に募集している可能性もあるが、もしかしたら人が大量に辞めているのかも

社名非公開にもかかわらず、求人票の内容を検索するとすぐに企業が特定できる
→自社サイトの採用情報などをコピペしている証拠。内容を使いまわしているので、採用に熱心でない可能性も

Q:転職サイトとの使い分けはどうすべき?

松本さん

松本さん

転職サイトは転職市場の情報を掴むのに向いてます。

特に業界大手の「リクナビNEXT」「doda」が圧倒的な求人案件数を抱えているのに加え、はじめての転職に役立つ業界情報や職務経歴書の書き方などのノウハウも多数。一度はチェックしてみるといいでしょう。
小林さん

小林さん

大手の転職サイトはいわば“求人案件のデパート”みたいなもの。とりあえず登録して損はありません。
【目的別】おすすめ転職サイトを1163人にガチ調査! 初心者は別サービスを使うべき!?|新R25

【目的別】おすすめ転職サイトを1163人にガチ調査! 初心者は別サービスを使うべき!?|新R25

おすすめの転職サイトや活用法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

Q:そのほかに併用するといいサービスは?

松本さん

松本さん

OpenWork」など企業に対する口コミサイトには目を通しましょう。

基本的にネガティブな意見が集まりやすい前提をふまえておく必要はありますが、ネガティブとポジティブ両面の口コミをみれば、実態は自ずとみえてきます。過去に在籍していた人が書くリアルな情報は貴重ですから。
小林さん

小林さん

日本での普及はまだまだですが、「LinkedIn」などのビジネスに特化したSNSには登録しておいてもいいでしょう。

魅力的な人材であればいろんなメッセージが飛んでくるので、自分の市場価値がわかります。

登録後のフローをざっくり解説

小林さん

小林さん

登録後は、以下のような流れで進みます。登録してから数日以内にメールや電話で連絡がくるので、詳しい話をするために面談の日程調整をおこないましょう。

転職エージェントに登録する

小林さん

小林さん

それぞれの公式ページから登録します。同じ会社が似たようなサービスを提供している場合があるので、気をつけましょう

登録してから数日以内にメールや電話で連絡がきます。ざっくりと転職に関する要望を伝えてから、詳しい話をするために面談の日程調整をします。

場合によっては電話で対応してもらうことも可能です。

面談でキャリア相談や求人案件を紹介をしてもらう

小林さん

小林さん

アドバイザーとの面談は転職希望者と企業の要望をすり合わせる場です。ヘンに気を使わず、率直に要望を伝えましょう

事前のヒアリングもふまえて、合いそうな求人案件を紹介してもらえます。総合型の場合はいろんな可能性を提示するために数十件単位、特化型の場合は厳選して数件の提案となることが多いです。

提案されたからといって、すぐに応募する必要はありません

選考の準備をサポートしてもらう

小林さん

小林さん

志望する企業が決まったら、選考に向けた準備をします。

転職エージェントは転職者の年収の約3割を報酬として企業から受けて取るビジネスなので、できるだけ魅力的になるようにサポートしてくれます。遠慮せずに頼りましょう。

また、直接の応募と違って、転職エージェント経由だとアドバイザーが企業への推薦文を添えてくれます。

表面的なスペックに止まらない魅力をアピールしてくれるので、書類選考の通過率は高くなる傾向にあります

面接については、過去の選考情報を仕入れましょう。どんな人が面接に出てくるのか、どんなことを聞かれるのかを事前に知っておけば、本番で焦らずに済みます。

内定後は給与交渉や退職のサポートをしてもらおう

小林さん

小林さん

転職エージェントのサポートは、内定が出たら終わりではありません。特に給与交渉の強い味方になってくれます。

入社予定の企業の給与テーブル(年齢や能力に対応する給与の幅)をもとに、実現可能な範囲で高い年収がもらえるように交渉してくれます

希望があれば、退職についてのサポートも受けられます。

上司に引き止められたらどうすればいいのか、退職手続きを進めてもらえない場合の対処法など、状況に応じたアドバイスがもらえるでしょう。
最後に、改めて調査の結果をまとめます。MS-Japanだけでなく、総合型の転職エージェントも合わせて登録すると、理想の転職実現できるかもしれません。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型92%相談する
総合型89%相談する
総合型86%相談する
総合型83%相談する
管理部門・士業向け87%相談する
取材・文=松本紋芽(@Sta_iM)、編集=石川みく(@newfang298)〉
【目的別】おすすめ転職エージェントを1128人にガチ調査! 1つだけ使うのはNG!?|新R25

【目的別】おすすめ転職エージェントを1128人にガチ調査! 1つだけ使うのはNG!?|新R25

こちらの記事では、各エージェントの特徴を目的別にまとめました。
転職エージェントの比較はムダ。田端信太郎とカリスマ転職コンサルタントがおすすめ活用法を伝授|新R25

転職エージェントの比較はムダ。田端信太郎とカリスマ転職コンサルタントがおすすめ活用法を伝授|新R25

こちらの記事では、より詳細に転職エージェントの活用法について解説しています。

精通者たちの詳細プロフィール

【松本利明(まつもと・としあき)】人事・戦略コンサルタント。大手外資系コンサルティングファームに24年勤務しプリンシパル(部長級)を経験。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上。HR総研の客員研究員も務めている。著書に5万人のリストラと6500名以上のリーダーの選抜と育成をした人の「目利き」。『「いつでも転職できる」を武器にする』(KADOKAWA)『稼げる人稼げない人の習慣』(日経新聞出版社)などベストセラー多数。BBC、TBS、日本経済新聞、東洋経済などメディア実績多数
【小林毅(こばやし・たけし)】人材コンサルタント。外資系ヘッドハント会社を経て、2010年にホライズン・コンサルティング株式会社を設立。法務系人材を中心に約11年、延べ4400人の相談、サポートをおこない、日系大手企業、ベンチャー企業、外資系企業の採用支援にも従事。2013年より厚労省認定「職業紹介責任者講習」講師として、人材紹介事業者に対する法定講習を延べ2000社に対しおこない、不健全と言われる人材業界全体のボトムアップに尽力している。著書に『転職大全』(朝日新聞出版)、『成功する転職「5%」の法則』(自由国民社)がある

この記事をシェア

新R25が大切にしているのは、シゴトも人生も、もっと楽しむこと。

「新R25転職」は、編集部が読者の代表としてキャリアの達人たちから引きだしたアドバイスにより、"一歩踏み出せる答え"が見つかる転職情報メディアです。

自分の市場価値を確かめるためにも利用すべき。転職エージェントのおすすめ活用法を伝授!?