【先着100社限定】無料キャンペーンのお知らせも!

あの「筋肉食堂」が福利厚生に!? 働く人の食生活を変える『筋肉食堂 for Office』に企業が注目すべき理由

PR

TANPAC株式会社

トレンド

連載

特報 新R25

連載へ

フィットネスブームにより、筋トレなど“運動”だけでなく、“食”による健康的な体づくりにも注目されるようになった昨今。

フードデリバリーサービスなどで「鶏肉」や「ブロッコリー」などヘルシーなメニューをメインで提供する飲食店が話題を集めています。

そのブームの火付け役といっても過言でないのが、六本木、渋谷(2店舗)、銀座、丸の内など、ビジネスパーソンが多く集う街に実店舗を展開し、Uber Eatsなどでのフードデリバリーサービスも提供している「筋肉食堂」。
フードデリバリーサービスでは常に上位にランキング、都内に4店舗ながら年間来店者数かは26万人を超え、著名人やアスリートたちにも愛用者が多く、まさに健康的な食事ブームを牽引してきた存在と言えます。
筋肉と言ったらこの方。なかやまきんに君さんも愛用。
そんな注目企業や業界の最新ニュースを、新R25が独自の視点でピックアップしてお届けしていく「特報 新R25」。
今回とりあげるのは、筋肉食堂が8月17日に新たにスタートさせた『筋肉食堂 for Office』です。

福利厚生サービスの一環として、社員に筋肉食堂のお弁当を提供したい」という要望をかなえるため、時間や提供場所を選ばない高たんぱく・低カロリーな「冷凍弁当」を、企業の福利厚生を活用した食事サービスとして提供していくそう。
とはいえ、現在でもレストランや実店舗でも変わらぬクオリティのフードデリバリー、インターネット通販(筋肉食堂DELI)で累計100万食以上販売している実績がある筋肉食堂。

そのなかで『筋肉食堂 for Office』のこだわりや、なぜこのタイミングで“企業向け”に特化したサービスとして提供をスタートするのか、同社が『筋肉食堂 for Office』に込めた想いをサービスの内容とともにフカボリしていきます。

※記事の最後には無料お試しキャンペーン情報もございます
POINT!
✔️たんぱく質は筋肉のためだけではない!? 働く人にも重要な栄養素

✔️一般的な会社員でも楽しめる。健康目的に合わせたメニューラインナップ

✔️筋肉食堂のシェフが監修。毎日食べても飽きないメインから軽食、デザートまで100種類以上のメニューを用意

『筋肉食堂 for office』のサービス開始に向けた想い

谷川さん

谷川さん

「働き方改革」「健康経営」「労働生産性向上」などが見直されているなか、健康的な食事を従業員に提供している企業が増えています。

しかし、出社率の制限や社食の営業停止などで満足のいく従業員のサポートができていない企業も多く、市場を見ても「置き型社食」「リモートワーカーへの食事補助」といったサービスのニーズが高まっていることを感じていました。
そう語るのは、「筋肉食堂」を運営するTANPAC株式会社でマネージャーを務める谷川俊平氏。

本サービスの提供にあたり実際に同社のメンバーに話を聞いてみると、市場のニーズだけではなく、社員視点の現場においてもリアルなニーズを感じたそう。
谷川さん

谷川さん

弊社は店舗のスタッフも含め、元々別の企業で会社員をしていたメンバーが多かったので、当時の食生活について聞いてみたんです。

すると、「会社の社食では栄養バランスの整った食事をとるのが難しい」「利用したい時にランチ営業が終わっていてやむおえず食事を抜いてしまう」という経験をしていた人が多くいました。

そこで「働く人たちが自分の都合の良いタイミングで、時間を気にせず栄養バランスの整った食事をとれる仕組みをつくりたい」という想いでスタートするのが『筋肉食堂 for Office』です。

「筋肉食堂」とはまた異なる『筋肉食堂 for office』ならではの強み

一方、「筋肉食堂」というと「筋肉をつけたい人」「ダイエットがしたい人」向けのメニューが中心で、アスリートやダイエット中の人が好んで選ぶものというイメージが強い印象も。

普通にご飯を楽しみたい会社員にとっては少し“ストイックすぎる”と感じる人もいるのではないでしょうか?
谷川さん

谷川さん

たしかに、「筋肉食堂」という名前なので、日頃から鍛えている方やアスリートの方に向けたお食事を提供しているイメージは強いですよね(笑)。

しかし実は「筋肉食堂」のメニューは、毎日忙しく働くビジネスパーソンにこそオススメなんです。

弊社は日本人の不足しがちな“たんぱく質”を美味しく、かつ低カロリーで提供していくことを大切にしています。

たんぱく質はダイエットや体づくりでおなじみですが、実は体や脳を働かせたり、免疫力を向上させるなど、毎日活き活きと働くためにかかせない栄養素でもあるんですよ。
「筋肉食堂」はもともと「美味しい高たんぱく低カロリー料理で人々の健康なカラダづくりに貢献すること」というコンセプトからスタートしたブランド。

『筋肉食堂 for office』では、働く人の視点に合わせて、「筋肉食堂」にはないメニューの開発にも力を入れている。
谷川さん

谷川さん

昼食や夕食としてだけでなく、スキマ時間の小腹満たしや会議中のお供など、1日のなかでの利用シーンも多岐にわたると考えました。

そこでなによりこだわったのが、“提供するメニューのバリエーション”と“毎日利用しても飽きないおいしさ”

あらゆる健康目的に合わせて選べるよう、健康目的ごとに各専門家がメニューを監修し、『筋肉食堂 for office』では100種類以上のメニューを用意しました。
『筋肉食堂 for office』で提供されるメニューの一部
ラインナップを見てみると、「グリルハンバーグ」「鶏むね肉のネギソース」「高たんぱくパスタ鶏肉のラグーソース」「グリルダイニングの鶏キーマカレー」など、高タンパク、低糖質、低カロリーなメニューがずらり。

メインのお料理から小腹が空いた時のおつまみ、デザートまでバリエーションも豊富なのでダイエットメニューからバルクアップメニューまで、レンジで温めるだけで目的に合わせたセットメニューを手軽に楽しめます。
“高たんぱく”なドーナツメニューも!
これらのメニューは、調理/盛付/冷凍/梱包/配送まですべてを筋肉食堂の自社工場で実施。

瞬間冷凍技術により、利用者はレンジで温めてるだけでまるで店舗で食べるような「美味しさ」を体験できるそう。
谷川さん

谷川さん

有名レストランや一流ホテルで経験を積んだ筋肉食堂のシェフが商品を開発し、一つひとつレストランと同様の調理工程で手作りしているので、満足いただけるおいしさになっていると思います。
従業員の健康を考えた栄養面と、むしろこれまでよりもご飯の時間が楽しくなりそうなおいしさの両立。

“高たんぱくで低カロリーなのにおいしい”を実店舗とEC販売という2つのアプローチから実績を積んできた「筋肉食堂」だからこそ実現できたサービスと言えそうです。

『筋肉食堂 for office』の提供プラン

『筋肉食堂 for office』では、働き方の多様化にも対応するために、「オフィスプラン」と「リモートプラン」の2つを展開。  
「オフィスプラン」

オフィスプランでは上記100種類以上のメニューを専用の冷凍庫を社内に設置し、従業員が好きなタイミングで、冷凍のお弁当、お惣菜、スイーツなどを利用できます。

利用は週に1回配達・40食〜とのことですが、企業規模や予算感によってカスタマイズも可能なほか、お弁当は冷凍(-18°C以下)管理なので、全メニュー賞味期限3カ月以上とのことであまってしまう心配もなし。

従業員は、商品を選び、QRコードや集金箱で代金を支払い(社員負担率は企業により)、レンジで温めるだけで簡単に利用することができます。
「リモートプラン」

リモートプランではリモートワークを行う従業員の自宅に、上記100種類以上のメニューの中からサイトより企冷凍のお弁当を直送。従業員は専用のECサイトから好きなメニューを注文、決済(社員負担率は企業により)することで、自宅まで届く仕組みとなっています。
「オフィスプラン」「リモートプラン」ともに、料金や配達ペースについては、企業ごとに利用する人数によってカスタム可能とのこと。

さらに今なら、先着100社様限定で『筋肉食堂 for Office』のおすすめ6食セットを無料でお試しできるキャンペーンを実施中

おすすめの冷凍弁当をはじめ、高たんぱくのスープやドーナツも試せるとのこと。気になった企業様、ご担当者様はぜひこの機会にお問合せしてみてください。
本キャンペーンのお問い合わせについてはこちらから
info@tanapc.co.jp

あなたの会社の最新ニュースも、新R25で発信しませんか?

企業の“特別”なリリース情報に価値あるリアクションを生み出す、新R25がつくる新しいプレスリリースの選択肢「特報 新R25」(β版)では、先着限定で掲載企業を募集しています。

お手持ちのリリース原稿を入稿いただき、新R25編集部が下記のステップでコンテンツ化!
①サムネイルやキャッチコピーの作成

②第3者視点での記事制作(テキストでの取材が発生する場合も)

③メディア掲載&公式SNSでの拡散
詳細については、下記お問い合わせフォームからお待ちしております。