外資系に強いってほんと?

JACリクルートメントの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説

キャリア

ハイクラス(ハイキャリア)層向けの転職エージェントとして有名な「JACリクルートメント」

名が知られているだけあって、ネット上では有象無象の評判が並んでいますが…実際はどうなのでしょうか?

そこで新R25は転職エージェントの実態に精通した方々にご協力いただき、「新R25キャリア総研」として、実際に利用したことのある約1000人を対象におすすめの転職エージェントの評判について調査を実施しました。
一般利用者のリアルな口コミに加え、専門家3名の見解もふまえて、JACリクルートメントの評判や特徴、転職エージェントの活用法を解説します

また、ハイクラス求人に応募する際に、失敗しないコツについても聞きました。

調査に協力してくださったのは、こちらの3名です。
松本さん

松本さん

人事・戦略コンサルタントの松本です。

アクセンチュアなどの大手外資系コンサルティング会社に24年勤めて、プリンシパル(部長級)を経て現職に至ります。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上です。

さまざまな企業の人事とのつながりがあるので、企業側からの意見をふまえてコメントをします。
小林さん

小林さん

人材コンサルタントの小林です。法律系人材を取り扱う外資系ヘッドハント会社を経て、人材紹介事業をおこなう会社を設立しました。

2013年から厚労省認定の講師として、人材紹介事業者に対する法定講習を2500社以上に対しおこなっています。

転職希望者や転職エージェント、人事とのやりとりをベースに、私の利用経験もふまえてお話します。
中塚さん

中塚さん

転職支援会社で2000人以上をサポートした経験をもとに、転職ノウハウを独自に研究してきました。各転職エージェントについても独自に調査・比較をおこなっています。

現在は転職支援サイト「#就職しよう」を運営しながら、転職支援をおこなっています。

自身の経験や、これまで転職相談で聞いてきたリアルな転職者の声をもとにお伝えします。
※詳細プロフィールは記事の下部に記載しています
この記事では、新R25総研の調査結果や過去におこなった専門家への取材をふまえて、JACリクルートメントの特徴について詳しく解説します。
【調査概要】

・調査期間
2020/03/30〜2020/04/01
2020/04/02〜2020/04/06

・サンプル数
1128人(554+574)

・調査対象者
性別:指定なし
年齢:20〜39歳
地域:全国
条件:転職エージェントを利用したことがある人
ほかの転職エージェントについても詳しく知りたい方は、下の記事をご覧ください。
〈聞き手:いちかわあかね〉
出典
運営会社:株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント
求人数:約1万5000件(公開求人数の割合は全求人の約40%)
※2020年10月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
中塚さん

中塚さん

JACリクルートメントは、30代〜50代をメインターゲットにしているハイクラス向け転職エージェント

20代での利用も可能ですが、役職・マネジメント経験がないと、マッチする求人案件が少ないかもしれません。
松本さん

松本さん

外資系・海外企業をはじめ、ハイクラスな国内大手企業への転職を希望している方におすすめです。

特徴①:外資・グローバル企業に強い

中塚さん

中塚さん

「ロンドン発祥の日系転職エージェント」であるJACリクルートメントは、海外に独自のネットワークを持っているのが特徴。

日本を除く11カ国に拠点があり、外資系や海外企業への転職に強みを持っています
松本さん

松本さん

外資系や海外企業への転職なら、「JAC International」も併用するといいでしょう。

現地の文化や転職事情に精通したアドバイザーが、求人情報はもちろん、企業の組織風土や課題といったリアルな情報まで教えてくれます。
【代表的な利用者の評判】
東京都/20歳/男性/年収1000万円以上:
非公開求人に対して必要な経験や能力について、正しく理解することができます。グローバル転職に強い印象です。

東京都/32歳/女性/年収1000万円以上:
外資案件をたくさんもっています。

特徴②:国内含めてハイクラスな求人案件が多い

小林さん

小林さん

外資系や海外企業以外にも、ハイクラスな国内大手企業の優良求人がそろっています

若手なら、即戦力としてのスキルを身につけたうえで、次のステップを狙いたい方におすすめ。未経験可の求人案件は少ないので、「育ててもらおう」と考えている若手には厳しいかもしれません。
中塚さん

中塚さん

求職者の経歴・キャリアによっては、直接的な「登録拒否」はないものの、「現時点では紹介できる求人がありませんでした」という旨の連絡が届き、求人案件をすぐ紹介してもらえないケースもあるようです。
【代表的な利用者の評判】
兵庫県/37歳/男性/年収400~499万円:
案件の紹介については各アドバイザーから求人斡旋のコンタクトがあって、それなりの数の求人情報が集まるので、自分で探すよりも得られる情報が確実に多いです。大手企業を中心に一定以上のレベルの求人が多い点もよかったです。

愛知県/39歳/男性/年収400~499万円:
それなりに有名な応募案件を紹介してくれます。

東京都/29歳/男性/年収500~599万円:
非公開求人が多い印象です。希望職種に強い評判を受けて登録しましたが、 ハイキャリア向けなのか登録当初は紹介できる求人がないと言われてしまったのでほとんど使っていません。

特徴③:業界特化のアドバイザーによる的確なアドバイス・求人紹介

中塚さん

中塚さん

JACリクルートメントのアドバイザーは特定業界を専任する体制のため、志望業界に詳しい担当者がついてくれます。

業界経験者のアドバイザーも多いので、深い知見や豊富な経験をもとにした的確なアドバイスが期待できます。
松本さん

松本さん

それぞれのアドバイザーが持つ専門性の高さを活かして、求職者に合う求人案件を紹介してくれるのも魅力

面談をもとに、業界・業種やキャリアの可能性を広げるような提案が期待できます。
【代表的な利用者の評判】
富山県/28歳/男性/年収~299万円:
経験があった求人の他に、自分では見つけられないような業種の求人も提案してくれて幅が広がりました。

福岡県/28歳/男性/年収400~499万円:
担当のアドバイザーはすごく丁寧に対応してくれました。 求人数は多くないように思いましたが、その分紹介頂いたものは 希望にあう、もしくは近いものが多く、安心して任せることが出来るような紹介方法でした。

特徴:“両面型”ならではのサポートの手厚さ

中塚さん

中塚さん

JACリクルートメントは、企業側と求職者側の対応を同じアドバイザーがおこなう「両面型」の転職エージェント

そのため、各アドバイザーが受け持つ求人数(企業数)は必然的に少なくなるものの、その分サポートの充実度で勝負している印象です。
松本さん

松本さん

「両面型」の場合、求職者を担当するアドバイザーが企業へも訪問しているため、企業文化や事業戦略など、細かい内情まで把握しています

求人票に載っていない内部事情にまで精通していることから、効果的な書類・面接対策が期待できます。
【代表的な利用者の評判】
静岡県/37歳/男性/年収600~699万円:
細かい希望条件にも、真摯に対応してもらいました。サポート充実感を、より、感じました。

兵庫県/37歳/男性/年収400~499万円:
案件ごとに担当のアドバイザーが違うので人によるのが前提ではあるけれど、全般にアドバイスやフォローが充実していました。

東京都/33歳/男性/800~899万円:
求人の質が高く満足度が高いのと、アドバイザー一人一人も優秀で、企業の選考通過率が非常に高いです。内定時の給与交渉も、望む形で決着させてくれました。選考の中で試験がある場合は教えてくれたりと、情報もよく入手しています。

転職エージェントは複数登録して、アドバイザーを見て厳選しよう

松本さん

松本さん

ここまでJACリクルートメントの特徴について解説してきましたが、そもそも転職エージェントは、登録前の段階ではそれほど絞り込まないことをおすすめします
いちかわ

いちかわ

えっ、なぜですか?
松本さん

松本さん

複数の転職エージェントへの登録を推奨する理由は、次の2点です。
①成果報酬を企業から受け取るビジネモデルなので、転職希望者は無料で使える

担当アドバイザーが転職の成否を分けるので、複数のサービスに登録してから厳選するといい
中塚さん

中塚さん

選び方としては、まず網羅的に求人案件を抱えている“総合型”の転職エージェントを2〜3こほど使ってみましょう。

転職の軸が明確に決まっている人は、さらに特定の業界・職種に特化している“特化型”の転職エージェントもを併用するのがおすすめです。
小林さん

小林さん

ただし、最初から最後まで複数のエージェントを掛け持ちしていると、スケジュール管理や担当者とのやりとりが煩雑になってしまうので注意してください。

最終的には、2こ程度のエージェントに厳選すれば、ストレスなく転職活動ができます。
実際に複数の転職エージェントを利用したことがある人に、アンケートをとりました。(サンプル数:807人)

1128人への調査でわかったおすすめの転職エージェント

新R25総研の調査結果や過去におこなった専門家への取材をふまえて、特におすすめできる総合型の転職エージェントと、ハイクラスな求人案件に特化した転職エージェントをご紹介します。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型92%相談する
総合型89%相談する
総合型83%相談する
30代・
ハイクラス向け
89%相談する
30代・
ハイクラス向け
85%相談する
外資系向け87%相談する
詳しい評判やほかのおすすめ転職エージェントが知りたい方は、ぜひ下記のリンク先の記事もご覧ください。
【ハイクラス・30代向け】おすすめ転職エージェント15選。1128人の利用者が評価したサービスだけを厳選|新R25転職

【ハイクラス・30代向け】おすすめ転職エージェント15選。1128人の利用者が評価したサービスだけを厳選|新R25転職

ハイクラス向けの転職エージェントについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

転職エージェントに関するよくある質問と回答

Q:ハイクラス求人に応募する際の注意点は?

中塚さん

中塚さん

自分のキャリアに誇りや自信がある求職者のなかには、担当者に横柄な態度をとり、信頼関係を壊してしまう方がいます

しかし、これは転職活動において大きな弊害になります。

というのも、転職活動では、担当アドバイザーから企業人事への「推しの一言」で転職が決まるような場面が少なからずあるんです。

担当者との信頼関係がなければ、そんなチャンスを逃すことにもなりかねません。
いちかわ

いちかわ

「この人をサポートしたい」と思ってもらうことが大事なんですね。
中塚さん

中塚さん

なので面談や応募の際には、「よく見せよう」と自分を偽るのも避けましょう。

アドバイザーは人を見抜くプロですから、ちょっとした嘘もバレバレだったりします(笑)。

信頼を失わないためにも、謙虚な姿勢で本音を話すことが重要です。

Q:転職市場に対する“コロナ”の影響は?

Q:転職エージェントの仕組みはどうなっているの?

Q:登録したらすぐ求人案件を紹介される? すぐ転職するつもりはなくてもいいの?

Q:転職が成功しやすくなる使い方は?

Q:転職サイトと転職エージェントの違いは?

Q:転職エージェントの利用にデメリットはないの?

Q:転職エージェントのうまい活用法が知りたい

Q:おすすめの転職サイトは?

登録後のフローをざっくり解説

転職エージェントに登録してからどのように転職活動が進むのかを、別の記事で解説しています。登録後が不安な方はこちらもご覧ください。
ハイクラス層をターゲットとしている「特化型」のJACリクルートメント。

自分のキャリアに自信が持てない方や、転職の方向性がまだ定まっていない方は、幅広い求人案件が揃っている「総合型」の転職エージェントも併用して、自分に合うものを見つけるのがよさそうです。

どの転職エージェントを使うにせよ、まずはアドバイザーと信頼関係を築くことから、“理想の転職”への一歩を踏み出しましょう!

最後に、改めて調査の結果をまとめます。気になる転職エージェントにいくつか登録すると、理想の転職が実現できるかもしれません
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型92%相談する
総合型89%相談する
総合型83%相談する
30代・
ハイクラス向け
89%相談する
30代・
ハイクラス向け
85%相談する
外資系向け87%相談する
〈取材・文=いちかわあかね(@ichi_0u0)/編集=葛上洋平(@s1greg0k0t1)〉

精通者たちの詳細プロフィール

出典

提供画像

【松本利明(まつもと・としあき)】人事・戦略コンサルタント。大手外資系コンサルティングファームに24年勤務しプリンシパル(部長級)を経験。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上で、人事の「裏」を知り尽くすしている。5万人のリストラ、6500名以上のリーダー選抜をした「人」の目利きが強みでもある。HR総研客員研究員も務めている。著書は累計15万部以上。『「いつでも転職できる」を武器にする』(KADOKAWA)、『稼げる人稼げない人の習慣』(日経ビジネス人文庫)、『「ラクして速い」が一番すごい』(ダイヤモンド社)などがある
出典

編集部撮影

【小林毅(こばやし・たけし)】人材コンサルタント。外資系ヘッドハント会社を経て、2010年にホライズン・コンサルティング株式会社を設立。法務系人材を中心に約11年、延べ4400人の相談、サポートをおこない、日系大手企業、ベンチャー企業、外資系企業の採用支援にも従事。2013年より厚労省認定「職業紹介責任者講習」講師として、人材紹介事業者に対する法定講習を延べ2000社に対しおこない、不健全と言われる人材業界全体のボトムアップに尽力している。著書に『転職大全』(朝日新聞出版)、『成功する転職「5%」の法則』(自由国民社)がある
【中塚章浩(なかつか・あきひろ)】新卒でテンプスタッフ株式会社(現・パーソルテンプスタッフ株式会社)に入社。2000人近くの面接や職場見学に同行し、面接ノウハウを独自に研究。その後、株式会社リクルートでの経験を経て、2010年にアドバンスフローを設立、代表取締役に就任。転職を応援するメディア『#就職しよう』を運営

オススメ転職サービス

リクルートエージェント
POINT!
  • ・業界No.1の求人数
  • ・ぐいぐい導いてくれる推進力が魅力
  • ・視野を広げたい人にぴったり
マイナビエージェント
POINT!
  • ・独自調査で満足度No.1
  • ・20代に信頼されてる転職エージェント
  • ・親身に話を聞いてくれるアドバイザーが多い
doda
POINT!
  • ・国内最大級の求人数
  • ・サイト/エージェントのいいとこどりができる

この記事をシェア

オススメの記事!

おすすめ転職エージェントを実際に利用した1128人にガチ調査!1つだけ使うのはNG!?