未経験から正社員を目指すなら必見

【第二新卒向け】おすすめ転職サイトを厳選。1163人の利用者とプロが高く評価したサービスとは?

キャリア
新R25は堀江貴文さんキングコング西野さんなど、各界で活躍されている方々への取材を重ね、ビジネスパーソンに役立つ情報を提供しています。

そんな新R25が、転職サイトの実態に精通した方々にご協力いただき「新R25キャリア総研」として、実際に利用したことのある約1000人を対象におすすめの転職サイトの評判について調査しました
転職サイトは、20代・既卒・第二新卒向け、30代〜40代がメインターゲットのハイクラス向けなど、さまざまな特徴を持ったものがあります。

それらのなかから、調査結果をふまえて特に既卒・第二新卒におすすめの転職サイトを厳選してご紹介します。

今回の調査に協力してくださったのはこちらの2名。
黒田さん

黒田さん

こんにちは、黒田です。リクルートでは「B-ing」「とらばーゆ」「フロム・エー」関西版編集長、「リクナビNEXT」編集長、「リクルートエージェント」ネットマーケティング企画部長などを歴任しました。

現在はルーセントドアーズ株式会社を設立し、35歳以上のミドル世代を対象とした転職支援サービス「CareerRelease40」を運営しています。
松本さん

松本さん

人事・戦略コンサルタントの松本です。

アクセンチュアなどの大手外資系コンサルティング会社に24年勤めて、プリンシパル(部長級)を経て現職に至ります。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上です。

さまざまな企業の人事とのつながりがあるので、企業側からの意見をふまえてコメントをします。
※詳細プロフィールは記事の下部に記載しています。
お二方には、既卒・第二新卒におすすめの転職サイトについてだけではなく、選び方や登録する際の注意点についても教えていただきました。

〈聞き手=石川みく(新R25編集部)〉
※2020年7月現在、記事内で紹介している転職エージェントについては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、ほとんどのサービスで「Web面談」もしくは「電話面談」での対応をおこなっています。詳しくは各サービスの公式サイトをご覧ください。

また、転職市場に対する“コロナショック”の影響はこちらで解説しています。
【目的別】おすすめ転職サイトを1163人にガチ調査! 初心者は別サービスを使うべき!?|新R25

【目的別】おすすめ転職サイトを1163人にガチ調査! 初心者は別サービスを使うべき!?|新R25

こちらの記事では、1000人以上の利用者とプロに聞いた「おすすめ転職サイト」を目的別に紹介しています。

目次

1

既卒・第二新卒の転職は「転職サイトと転職エージェントの併用」が鉄則

2

合計2000人に聞いた、既卒・第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェントの目次

3

【総合型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェント

マイナビエージェント:親身になって話を聞いてくれる担当者が多い

リクルートエージェント:圧倒的な求人数と、ぐいぐい推し進める力が魅力

マイナビ転職:若手向けの求人案件が豊富。転職エージェントさながらのサポートサービスも

リクナビNEXT:業界No.1の求人数。転職希望者は登録必須

doda:転職サイト・エージェント一体型。求人数が多く、視野を広げたい人におすすめ

4

【特化型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェントの目次

5

20代・既卒・第二新卒向け転職サイトと転職エージェント

ウズキャリ(UZUZ):「元既卒・元第二新卒」のアドバイザーが丁寧にサポート

就職Shop:書類選考なしで面接に進めるのが売り

ハタラクティブ:とにかく短期間で転職したい未経験者にぴったり

キャリトレ:キャリアアップしたい20代におすすめ

6

IT/Web業界・エンジニアを目指す既卒・第二新卒向けの転職サイトと転職エージェント

レバテックキャリア:納得感の強い提案が期待できる

IT/Web業界・エンジニアに強い転職エージェント:type転職エージェント

ワークポート:未経験からIT業界を目指したいなら登録必須

type:IT/Web業界のなかでも首都圏に特化

7

地方で転職する既卒・第二新卒におすすめの転職サイト

はたらいく:自分らしさをアピールできる「らいくサービス」が好評

8

スタートアップ企業を目指す既卒・第二新卒向けの転職サイト

Wantedly:社風やビジョンがリアルに伝わる「ビジネスSNS」

9

自分の市場価値を知りたい既卒・第二新卒におすすめの転職サイト

ミイダス:たった5分で自分の年収や市場価値を算出できる

10

転職サイトの利用フロー&活用テクニック

STEP① 登録:まずは自分の「軸」を明確にしよう

STEP② 求人探し:スカウトメールは見極めが大切

STEP③: 応募書類の作成:便利な「作成ツール」を活用しよう

STEP④ 応募:転職サイトと転職エージェント、どちらから応募してもOK

STEP⑤ 選考:社内のリアルな雰囲気を感じ取ろう

11

転職サイトのよくあるQ&A

Q:転職市場に対する“コロナ”の影響は?

Q:転職サイトと転職エージェントの違いとは?

Q:転職サイトと転職エージェントはどちらが有利?

Q:今の会社に転職活動をしていることがバレる心配はない?

Q:転職活動の途中で退会してもいいの?

Q:なかなか選考が通らない場合はどうすべき?

Q:メールが多すぎると感じた場合はどうする?

Q:転職エージェントのほかにも併用すべきサービスは?

12

既卒・第二新卒が転職を成功させるための3つの秘訣

① 退職理由をポジティブな形に整理する

② 志望動機とキャリアプランに一貫性を持たせる

③ 転職先が決まる前に辞めない

13

既卒・第二新卒は「コロナショック」とどう向き合えばいい?

精通者たちの詳細プロフィール

既卒・第二新卒の転職は「転職サイトと転職エージェントの併用」が鉄則

石川

石川

転職サイトってたくさんありますよね。理想の転職に近づける、いい選び方ってありますか?
松本さん

松本さん

前提として、ほとんどの方は転職サイトだけではなく転職エージェントも併用するほうがいいと思います。
石川

石川

それは…なぜ?
松本さん

松本さん

転職サイトは求人案件を自分で探して、スピーディに直接応募できるのがメリットです。ただし、選考対策などは自分でしなければならないことが大半です。

一方で転職エージェントは、無料でアドバイザーがキャリアの相談に乗ってくれるサービスです。相性のいい求人案件を提案してくれるのに加えて、過去の実績などをもとに選考のサポートもしてくれます。

転職は慣れていないと自分1人で進めるのは難しいので、合わせて使うといいでしょう。
石川

石川

たしかに、人に話すだけで考えがまとまるってこともよくありますよね。

転職エージェントもいろいろあると思うんですが、転職サイトと転職エージェントを併用する場合、どのように選ぶといいんでしょう?
松本さん

松本さん

どちらも求人案件を網羅的に抱えている「総合型」と、特定の領域に特化した「特化型」があります。

総合型の転職サイトと転職エージェントにはそれぞれ必ず1〜2個登録し、さらに転職先の希望が明確であればそこに特化したものも2〜3個合計で3〜6個ぐらいは登録するといいでしょう。

転職先の検討段階ではできるだけ視野を広げたほうがいいので、抱えている求人案件が違う複数のサービスに登録すると、理想の転職が近くなるはずです。
石川

石川

転職サイトはそれぞれ特徴がありそうなイメージが湧くのですが、転職エージェントって結局はどんなアドバイザーが担当になってくれるかがキモじゃないですか?
松本さん

松本さん

その通りです。なので転職エージェントは登録前の段階ではそれほど絞り込まないことをおすすめします

まずは複数のものに登録して、担当アドバイザーとの相性などを基準に厳選しましょう。
石川

石川

ちなみに既卒や第二新卒向けの転職サイトや転職エージェントってあるんですか?
松本さん

松本さん

ありますよ。特に転職エージェントは、若手求職者の対応に慣れたアドバイザーが多く在籍しているので心強いと思います。

転職サイトの場合も、未経験OKの求人案件や、書類選考なしで面接に進める求人案件などへの出会いが期待できますよ。
【目的別】おすすめ転職エージェントを1128人にガチ調査! 1つだけ使うのはNG!?|新R25

【目的別】おすすめ転職エージェントを1128人にガチ調査! 1つだけ使うのはNG!?|新R25

転職エージェントの選び方や活用法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

合計2000人に聞いた、既卒・第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェントの目次

この記事では、新R25総研の調査結果や過去におこなった専門家への取材をふまえて、特に既卒・第二新卒におすすめできる転職サイト・転職エージェントのみをご紹介します。
【転職サイト調査の概要】
・調査期間
2020/05/08〜2020/05/11

・サンプル数
1163人

・調査対象者
性別:指定なし
年齢:20〜39歳
地域:全国
条件:転職サイトを利用したことがある人


【転職エージェント調査の概要】
・調査期間
2020/03/30〜2020/04/01
2020/04/02〜2020/04/06

・サンプル数
1128人(554+574)

・調査対象者
性別:指定なし
年齢:20〜39歳
地域:全国
条件:転職エージェントを利用したことがある人

【総合型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェント

まずは求人案件を網羅的に抱えていて、既卒・第二新卒からの評価も高い総合型の転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

総合型の転職サイトと転職エージェントは、それぞれ1〜2個登録するのがおすすめだそう。

利用者の満足度が特に高いものを厳選しているので、これらすべてに登録してしまってもいいかもしれません。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型
エージェント
92%
総合型
エージェント
89%
総合型
サイト
93%
総合型
サイト
92%
総合型
エージェント・
サイト一体型
89%

マイナビエージェント:親身になって話を聞いてくれる担当者が多い

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社マイナビ
公開求人数:約1万5000件
非公開求人数:約1万7000件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
広島県/25歳/女性/年収300〜399万円:
経験や希望職種に合う求人を幾つかピックアップしてくれたり、希望条件で県外の求人も提案してくれました。また、面接後に意見等をチャットでやり取りし、その時々で追加の提案もしてくれました。必要書類の書き方等はQ&Aにまとめてあり、便利でした。

栃木県/26歳/男性/年収400〜499万円:
担当者が初めてのサービス利用でも手厚くサポートしてくれました。また自分の特徴をとらえた上で求人を紹介してくれたので助かりました。

岐阜県/24歳/男性/年収非公開
サイトの使い具合がとても良好。それだけで利用しようと思うくらい。アドバイザーの方も概ね丁寧で色々な質問にも答えてくれました。自分が希望した職種にあった案件を2、3件用意していただいたので選ぶ事ができたのもありがたかったです。面接の終わりにお見送りしてもらったのも好印象でした。
松本さん

松本さん

親身になって話を聞いてくれるアドバイザーが多いとよく耳にします。なので、ぐいぐい来られるのが苦手な方におすすめです。

リクルートエージェントやdodaと比較すると求人数では見劣りしますが、紹介される求人案件がムダに多くない分、「しっかり吟味できる」とメリットに感じる方もいるはず。

姉妹サービスである「マイナビジョブ20’s」は既卒・第二新卒の就職支援に特化していて、公式サイトによると半数以上が職種・業種未経験可の求人案件です。合わせて利用するといいでしょう。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る
「マイナビエージェント」の評判を“転職のプロ”が分析。リクルートエージェントとの違いは?|新R25

「マイナビエージェント」の評判を“転職のプロ”が分析。リクルートエージェントとの違いは?|新R25

マイナビエージェントの詳細については、こちらの記事でも解説しています。

リクルートエージェント:圧倒的な求人数と、ぐいぐい推し進める力が魅力

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社リクルートキャリア
公開求人数:約10万件
非公開求人数:約10万件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
埼玉県/26歳/女性/年収300~399万円:
とても親身に対応してくれて、うまくいかなかった時も、都度連絡してくれました。他で内定が出た際も、そこでさよならとならず、今後を応援してくれたので嬉しかったです。

広島県/23歳/女性/年収~299万円:
担当の方が自分の志望ジャンルを明確にしてくれ、さらに条件等も聞いてくれ求人を出してくれました。時にはこうしたらいいとかアドバイスをくれました。

京都府/27歳/女性/年収~299万円:
沢山の求人をもってきていただけました。自分が考えている求人以外にもおすすめの求人を紹介してくださり、視野が広がりました。履歴書や借間経歴書も細かく添削アドバイスして下さり、自分1人では難しかったことがスムーズに進みました。面接の調整もしてもらえたので、企業との間に入ってもらえたことで非常に活動しやすかったです。
松本さん

松本さん

転職したいなら、リクルートエージェントの登録は必須。業界最大手の総合型転職エージェントで、非公開求人や大企業の求人案件も豊富です。

既卒・第二新卒向けの求人案件を多く紹介してくれるので、転職市場の動向を知る意味でも登録して損はないでしょう。

リクルートの社風もあいまって、希望の転職までぐいぐい推し進めてくれるアドバイザーが多いです。

年収交渉など自分ではやりづらい部分もガッツリ任せられるので、そういうタイプを求める転職希望者には特におすすめです。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

マイナビ転職:若手向けの求人案件が豊富。転職エージェントさながらのサポートサービスも

運営会社:株式会社マイナビ
求人数:約9000件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の数と質」「サイトの使いやすさ」「サービスの充実度に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
京都府/29歳/男性/年収300~399万円:
サイトの見た目やコラム関連は最もきれいで、充実しています。求人数ももちろん多いです。また、スカウトメールも頻繁に受信でき、それが結構興味が湧くタイムリーなものであることも少なくなかったです。

奈良県/26歳/女性/年収300~399万円:
まず、自己分析診断のクオリティが高いなと思いました。自分の性格をより深く知ることができました。また、それとは別に社会人診断という簡単にできる診断もあって、転職の第一歩として始めるには良かったと思います。求人については、イチオシという機能が面白かったです。自分の興味があるかないかを振り分けていけますし、気になるものはまた後で見返すこともできるので便利だと思います。スカウト機能もほぼ毎日来るので、自分では検索しないような企業も知れていいと思います。

千葉県/28歳/男性/年収~299万円:
求人数もサイトの使いやすさも良く、求人サイトを利用したことがない人でも安心して転職活動を行えるサービスが整っていると思います。
松本さん

松本さん

転職サイトですが、アドバイザーのサポートが受けられる「転職MYコーチ」というサービスがあります。転職エージェントと同様に、希望に合う求人案件の紹介、面接のアドバイスなどのサポートを受けられます

簡単!速攻!職歴メーカー」「適性診断」や動画セミナーなど、初めての転職に役立つコンテンツも充実しています。
黒田さん

黒田さん

ここ数年で大幅に求人数が増加している印象。若手の転職志望者に合う求人が多いのが特徴です。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る
「マイナビ転職」の評判を“転職のプロ” が分析。“地方に強い”ってホント?|新R25

「マイナビ転職」の評判を“転職のプロ” が分析。“地方に強い”ってホント?|新R25

マイナビ転職についてはこちらの記事でも解説しています。

リクナビNEXT:業界No.1の求人数。転職希望者は登録必須

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社リクルートキャリア
求人数:約4万件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の数と質」「サイトの使いやすさ」「サービスの充実度に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
神奈川県/27歳/女性/年収700~799万円:
求人が多いです。また、自己分析ツールが役立ちました。 自分でも思いもよらなかった自分の強みがわかり、面接や履歴書に書く自分の強みがみつかりました。

栃木県/28歳/男性/年収600~699万円:
実際に自分自身の目的にあった業種や業界の情報が沢山記述されているので、大いに参考になりました。また、自分の興味のある業種をすぐに検索できる点、そして大手なので少しわかりにくい点があったときにメールを使用して質問したところすぐに返信がきたのでよかったです。

茨城県/30歳/女性/年収400~499万円:
まず、有名なサイトというのが安心感がありました。知名度では一番だと思います。大手ならではの求人数の多さが魅力的でした。サイトがシンプルで分かりやすく、求人情報がとても見やすくて良かったです。インタビューなどもあり、参考になりました。
黒田さん

黒田さん

転職サイトのなかでは求人数が最も多いサービスです。

企業からのスカウトを受けられる“オファーを待つ”という機能が便利です。自分で応募するだけでなく、こういったスカウト機能を活用することで選択肢の幅が広がります。
松本さん

松本さん

なんといっても、業界No.1の求人数が魅力です。職種・業種も幅広く網羅されており、転職を考える人は登録必須です。

転職についての基本的なノウハウもわかりやすくまとまっているので、転職初心者は活用しましょう。

あとは「レジュメnavi」という、職務経歴書が簡単に作成できる機能も優秀です。スマホアプリも使いやすく、求人案件の検索や選考の進捗確認などがスキマ時間に手軽にできます。

こだわり検索で「第二新卒歓迎の求人」を絞り込めるほか、「第二新卒特集」という特設ページも。経歴に自信のない若手にとっても使い勝手のいいサービスです。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る
グッドポイント診断

グッドポイント診断

リクナビNEXTには、あなたの気づいていない“強み”を見つけるのに役立つ「グッドポイント診断」があります。

選考前に使うと、内定獲得が近づくかも!?

doda:転職サイト・エージェント一体型。求人数が多く、視野を広げたい人におすすめ

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:パーソルキャリア株式会社
求人数:約9万件(非公開求人を含む)
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
神奈川県/28歳/女性/年収~299万円:
自分ひとりで求人を探すことに限界を感じたこと、現在の職歴での不安、将来を考えた職選びなどを相談したら、真剣に一緒に考えてくれたので、信頼してもいいかなと思えました。言いたいことを汲み取ってくれて、幅広く求人を送ってくださり、自分の視点も広がってよかったです。

愛知県/25歳/女性/年収300~399万円:
担当の人が私の話を親身に聞いてくれて、オススメの求人を提案してくれました。履歴書の自己PRなどの書き方の添削をネットでしてくれたり、ある時には電話で丁寧にしてくれました。

広島県/27歳/男性/年収400~499万円:
まず電話での面談で希望の条件などをヒアリングしてくださり、前職の退職理由を含めて次の職を探してきてくれました。 自分が考えていなかった業界などにもチャレンジしてみては?と背中を押してくださり、そこで採用を頂き入社に至ります。
松本さん

松本さん

個人的にはリクルートエージェントとdodaは登録必須です。

転職サイトと転職エージェントが一体化したサービスで、リクルートエージェントに次ぐ求人数を誇っています。

大企業から中小企業まで、20代の若手向けの求人の数・質・幅が充実しているのが特徴。

転職人気企業ランキング」や「人気企業300社の合格診断」など、初めての転職に役立つ情報がまとまっています。

第二新卒歓迎の求人案件をまとめた特集ページもあるので、ぜひ覗いてみてください。
黒田さん

黒田さん

転職エージェントと一体化しているため、求人検索とアドバイザーへの相談が同時にできるのが魅力です。アドバイザーへの転職相談を前提に考えている人にとっては使いやすいと思います。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

【特化型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェントの目次

ここからは、既卒・第二新卒向けをはじめとした特定の業界・職種などに特化した転職サイトと転職エージェントを厳選してご紹介します。

松本さんによると、総合型に加え、希望する転職先に特化したものも2〜3個、合計で3〜6個ぐらいは登録するといいそう。
石川

石川

ちなみに“特化型”って、何が特化しているんですか?
松本さん

松本さん

抱えている求人案件とアドバイザーの知識です。特に転職エージェントの場合はアドバイザーがその業界・業種出身であるなど、より精通している方との出会いが期待できます。
石川

石川

だったら使わない手はないですね…!

20代・既卒・第二新卒向け転職サイトと転職エージェント

種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
86%
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
82%
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
73%
20代・既卒・
第二新卒向け
サイト
97%

ウズキャリ(UZUZ):「元既卒・元第二新卒」のアドバイザーが丁寧にサポート

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社UZUZ
求人数:非公開
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
宮城県/21歳/女性/年収~299万円:
初心者でしたが、非常にわかりやすい説明が多かったので安心して頼れました。

新潟県/26歳/男性/年収500~599万円:
丁寧に自己PRを一緒に考えてくれたおかげで、自分の強みなどが明かになりました。
松本さん

松本さん

アドバイザーたちが元既卒・元第二新卒であることが特徴の転職エージェント。

平均20時間におよぶという丁寧なキャリアカウンセリングのおかげもあり、公式サイトによると入社1年後の定着率は94.7%と市場トップクラスの実績を誇っています。

キャリアプランがまだはっきりしておらず、とにかく手厚く相談にのってほしい方は利用すべきでしょう。

ただし、ベンチャー企業なので求人案件が少なめ。ほかの転職エージェントも併用することをおすすめします。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る
ウズキャリ(UZUZ)の評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

ウズキャリ(UZUZ)の評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

ウズキャリ(UZUZ)については、こちらの記事でも解説しています。

就職Shop:書類選考なしで面接に進めるのが売り

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社リクルートキャリア
登録企業数:約1万社
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です

【代表的な利用者の評判】
東京都/31歳/女性/年収~299万円:
書類選考があると、待っている時間が無駄だったり、落ちて面接まで進めなかったりしますが、就職Shopは最初から面接に進めるのでそこがよかったです。また、本来わかりにくい職場の雰囲気もエージェントが直接職場に出向いているため、間接的でも聞くことができて安心できたところがよかったです。

千葉県/27歳/男性/年収300~399万円:
親身になって相談にのってくださった。初回の面談では1時間以上お話を聞いてくださり、丁寧な対応でした。その面談のなかで自分の性格も見てくださり、合いそうな会社を紹介してくださった。対応が速く、メールでの連絡も丁寧で安心できた。面談場所も駅からとても近く、便利な場所でした。

北海道/29歳/男性/年収300~399万円:
担当アドバイザーが親身になって対応してくださった。こういう場所は多少ブラックな場所への紹介が多いのだと思っていたが、全然そんなこともなく安心できた。
松本さん

松本さん

リクルートが運営しているサービスで、書類選考なしで面接に進めることを売りにしています。

学歴や職歴に自信がないけど正社員になりたい人や、時間をかけず早く転職(就職)したい方におすすめ。

就職Shopのスタッフが企業へ訪問し、「職場の雰囲気」「仕事内容」「待遇」などを細かく取材しているので、入社前のイメージとのギャップが生まれにくい工夫がされています。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

ハタラクティブ:とにかく短期間で転職したい未経験者にぴったり

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:レバレジーズ株式会社
求人数:非公開
【代表的な利用者の評判】
23歳/女性/年収〜299万円:
面接の質問でよくあること、正社員と派遣の違いなど、経験を元に寄り添ったアドバイスをくれました。

23歳/男性/年収~299万円:
連絡がマメで丁寧でした。親身に相談に乗っていただきました。
松本さん

松本さん

10〜20代の未経験者に絞った特化型のなかでは最大規模の求人案件数で、ハローワークやほかの転職エージェントでは扱わないような中小企業の求人案件まで揃っています。

アドバイザーのサポートが丁寧なおかげか、公式サイトによると内定率は80%。登録者の多くが、2週間から1カ月という短期間で就職を決めているようです。

とにかく短期間で就職(転職)したい未経験者にはうってつけのサービスです。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

キャリトレ:キャリアアップしたい20代におすすめ

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社ビズリーチ
求人数:非公開
※「ユーザー満足度」とは「求人の数と質」「サイトの使いやすさ」「サービスの充実度に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
神奈川県/35歳/女性/年収300~399万円:
キャリアに適した仕事が探しやすく、自分に向いた仕事を新たに発見しやすいです。

徳島県/29歳/男性/年収~299万円:
総合的にどんな業種や職種もおさえていて利用している企業から「オファー」が来ます。 あとはTwitter上で匿名でキャリア相談ができます。「興味がある求人リスト」「興味がない求人リスト」の登録で求人を整理でき、20代向けの高年収求人が多いです。 またレコメンド機能があり、自分では探せなかった求人を見つけられます。
松本さん

松本さん

「挑戦する20代の転職サイト」というキャッチフレーズの通り、キャリアアップしたい20代におすすめのサービスです。

登録した経験やスキルなどをAIが分析し、マッチする求人案件をおすすめしてくれる「レコメンド機能」が独創的です。表示される求人案件を「興味がある」「興味がない」に振り分けることでAIの精度が上がっていきます。

自分の向き不向きが分からずに悩んでいる方や、忙しくて求人案件を探す時間が取れないという方におすすめ。若手向けだけあって、スマホに最適化されたUIも使いやすいと好評です。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

IT/Web業界・エンジニアを目指す既卒・第二新卒向けの転職サイトと転職エージェント

種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%
IT/Web業界・
エンジニア向け
70%
IT/Web業界・
エンジニア向け
サイト
91%

レバテックキャリア:納得感の強い提案が期待できる

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:レバテック株式会社
求人数:約5000件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
神奈川県/36歳/男性/年収300~399万円:
IT系の求人件数が多く、希望の企業が見つかったので満足できました。

福岡県/30歳/男性/年収1000万円以上:
アドバイザーがこまめに対応してくれて、すごくフットワークがいい印象です。
松本さん

松本さん

IT/Web業界への転職を考えるなら登録必須。業界特化型の転職エージェントで、未経験者より経験者向けの転職案件が多いようです。

エンジニアとして現場で働いてきた方がアドバイザーになっているケースもあり、納得感の強い提案が期待できます

同じ業界でもハイクラス向けの「レバテック エキスパート」や未経験者向けの「レバテック ビギナー」など、多様なサービスを展開をしているので、状況に合わせて使い分けましょう。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る
レバテックキャリアの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

レバテックキャリアの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

レバテックキャリアについては、こちらの記事でも解説しています。

IT/Web業界・エンジニアに強い転職エージェント:type転職エージェント

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数:約8000件(公開求人数の割合は全求人の約20%)
※2020年7月時点の公式サイトより
【代表的な利用者の評判】
千葉県/26歳/女性/年収~299万円:
自分の経験を活かせる案件を違った視点から提案してくれました。

神奈川県/34歳/女性/年収300~399万円:
最終面接の前には、担当のアドバイザーが丁寧な模擬面接をしてくれました。

群馬県/38歳/女性/年収~299万円:
IT系をはじめ、幅広い求人が揃っています。
松本さん

松本さん

正確には総合型ですが、IT/Web業界に強みがある転職エージェントです

首都圏に特化しているのでやや求人数は少なめですが、そのぶん各企業の内情にも精通しているアドバイザーが多く、厳選した求人案件を紹介してくれます。効率よく転職活動を進められるでしょう。

IT/Web業界で働く方のための転職相談会や「typeエンジニア転職フェア」など、イベントも定期的に開催しています。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る
type転職エージェントの評判は?1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

type転職エージェントの評判は?1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

type転職エージェントについては、こちらの記事でも解説しています。

ワークポート:未経験からIT業界を目指したいなら登録必須

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社ワークポート
公開求人数:約2万5000件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
24歳/女性/年収~299万円:
アドバイザーの方が電話口でしたが、とても朗らかな感じで話しやすくて、自分の転職の考えや不安などもとても伝えやすかったです。サポートの約束もしてくれて、これからも頼りたくなって不安のない満足のいく転職が出来そうだなと感じました。

30歳/女性/年収600~699万円:
面談が丁寧で、話を聞いた後で求人を探してくれました。連絡をこまめにくれたし、書類選考も通過しやすかったです。求人数も豊富で、希望条件に合うもの が多かったです。

34歳/女性/年収非公開:
担当アドバイザーが熱心で、気になる求人があればすぐに知らせてくれました。 初めての面談の時も、とてもリラックスしやすい雰囲気を作っていただいたので、安心して相談できました。
松本さん

松本さん

IT/ゲーム業界への転職に強い特化型の転職エージェントです。

業界を絞っているだけあって、精通したアドバイザーがサポートしてくれるため、選考の通過率が高まることが期待できます。未経験からIT業界を目指したいなら登録必須です。

自分の転職活動の進捗状況がひと目でわかる専用アプリ「eコンシェル」が、利用者からも使いやすいと好評のようです。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

type:IT/Web業界のなかでも首都圏に特化

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社キャリアデザインセンター
求人数:約1800件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の数と質」「サイトの使いやすさ」「サービスの充実度に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
東京都/38歳/男性/年収600〜699万円:
黄色中心のサイトで、見やすい。文字も大きめで分かりやすい作りになっており、数はあまり多くないが質の高い求人が多く、登録して損はないと思います。

千葉県/39歳/男性/年収〜299万円:
特にやりたいことがなく、自分の特性やスキルをどう活かして良いのかわからないため、AIによるオススメがあったのは参考になりました。求人数もそこそこあり、あまりしつこくない感じが使いやすかったと思います。
黒田さん

黒田さん

IT/Web業界厳密には総合型ですが、特にIT/Web業界に強みのある転職サイトです。

運営元のキャリアデザインセンターは、サイト設立前から「エンジニアtype」という情報誌を発行していたこともあり、昔からエンジニア職に強い人材会社として知られています。

IT/Web業界のなかでも首都圏に特化しているので、東京近郊で転職を考えている方におすすめです
松本さん

松本さん

掲載されている求人案件の約半分をIT/Web業界が占めており、IT系に強い転職サイトとしておなじみです。

キャリボ」というAIを搭載した求人検索機能があり、精度の高いマッチングが期待できます

前述のtype転職エージェントと同系列ですので、IT/Web業界Iを目指す方は両サービスを併用してもいいですね。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

地方で転職する既卒・第二新卒におすすめの転職サイト

はたらいく:自分らしさをアピールできる「らいくサービス」が好評

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社リクルート
求人数:3000件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の数と質」「サイトの使いやすさ」「サービスの充実度に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
大阪府/27歳/男性/年収700〜799万円:
求人数は少し物足りないですが、他の求人サイトにはない地域密着型の求人が多く、競争率も他社よりも比較的低めな感じがします。

北海道/27歳/女性/年収〜299万円:
地方密着型の求人が多く、札幌市の中のどこの求人なのかがわかりやすかったです。 緑でシンプルなデザインのサイトも見やすかったです。

福岡県/29歳/女性/年収〜299万円:
企業の本音が記載されていることもあり、事前にこういうところは耐えてほしいといった内容が分かるためとても参考になりました。
黒田さん

黒田さん

全国の求人案件を勤務地ベースで検索できる、地域密着型の転職サイトです。場所を優先して転職先を探したい方や、地元志向の方、Iターン・Uターンを考えている方におすすめです。
松本さん

松本さん

気に入った企業に「らいく!(いいね)」できる「らいくサービス」が特徴。人柄や思考を記した匿名の「らいくレジュメ」を、「らいく!」を受け取った企業にチェックしてもらい、興味を持ってもらえた場合はメッセージのやりとりができます。

経歴・職歴・スキルといった職務面では表現できない自分らしさも企業にアピールできるのが「らいくサービス」のメリット。

さらに、求人案件の掲載内容も特徴的。企業のいいところだけでなく悪いところまで正直に載せている「せきらら求人」が見られます。

大企業より中小企業で、自分らしく働ける環境を探している方におすすめです。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

スタートアップ企業を目指す既卒・第二新卒向けの転職サイト

Wantedly:社風やビジョンがリアルに伝わる「ビジネスSNS」

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:ウォンテッドリー株式会社
求人数:非公開
※「ユーザー満足度」とは「求人の数と質」「サイトの使いやすさ」「サービスの充実度に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
埼玉県/24歳/女性/年収400~499万円:
機能性が高く使いやすいです。

神奈川県/27歳/男性/年収800~899万円:
ベンチャーの求人が多いです。気軽に始められるのがいいと思います。
黒田さん

黒田さん

Wantedlyは企業が会社概要や求人情報などを自ら掲載し、その内容をSNSを介して拡散する「ビジネスSNS」です。

当事者が求人情報を書いているので、その企業の社風やビジョンがリアルに伝わってくるのが特徴。特にスタートアップ企業が多く活用している印象です。

ただし、従来の転職サイトとは違い、年収や勤務時間などの基本情報は書かれていません。

あくまで企業研究のために使ったり、気になる企業とのコネクションを築くために役立つサービスです。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

自分の市場価値を知りたい既卒・第二新卒におすすめの転職サイト

ミイダス:たった5分で自分の年収や市場価値を算出できる

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:ミイダス株式会社
求人数:非公開
登録企業:約5万社
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の数と質」「サイトの使いやすさ」「サービスの充実度に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
福岡県/24歳/女性/年収300〜399万円:
自分の適正年収がおおまかにわかり、さらにキャリアアップが望める有望な企業が多く掲載されています。

埼玉県/29歳/女性/年収〜299万円:
プレミアムオファーが企業側からくるので、自分からアクションを起こさなくてもいいのがよかったです。
黒田さん

黒田さん

登録が簡単なのに加え、スカウトを待つだけなのでとてもラクです。転職活動の時間が取りづらい方におすすめです。
松本さん

松本さん

5分でできるプロフィール登録を済ませると、その結果をもとに年収などの市場価値を算定できるのが特徴。

そのプロフィールを見た企業からスカウトをもらえるシステムです。ミイダスではオファーがきた時点で書類選考を通過した扱いとなるので、転職活動の時間も短縮できます。

運営元はdodaと同じ人材業界大手のパーソルキャリアですので、企業とのネットワークが豊富。ハイクラス向けの高収入案件に出会える可能性が高いサービスです。

すぐに転職する気はないけれど、自分の市場価値を知りたいという人にもおすすめです。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

転職サイトの利用フロー&活用テクニック

黒田さん

黒田さん

転職サイトを使った転職活動の流れは下記の通りです。

STEP① 登録:まずは自分の「軸」を明確にしよう

黒田さん

黒田さん

転職先選びは、さまざまな要素が絡み合ってきます。勤務地や社風、仕事内容や給与…たくさんの変数の優先順位をしっかり決めないと、どんな転職サービスを使ったとしてもうまくいきません。

求人案件を探す前に転職の「軸」、つまり自分のなかで譲れない条件と妥協できる条件を決めておくと、その後の転職先選びもスムーズに進みます。
石川

石川

でも、優先順位を決めるのってけっこう難しいですよね…。ひとりで考えてると、なかなか結論が出なさそうです。
黒田さん

黒田さん

そういう方こそ、転職エージェントを使えばいいと思います。第三者であるアドバイザーに相談すれば、頭のなかを整理できます。

転職エージェントのアドバイザーと面談をしつつ、自分でも転職サイトで求人案件を探す。この両方で、転職先選びの精度が上がります

STEP② 求人探し:スカウトメールは見極めが大切

石川

石川

転職サイトに登録して「軸」を明確にしたら、次は“求人探し”ですよね。
黒田さん

黒田さん

はい。検索して探すのが基本ですが、企業から送られてくるスカウトメールを活用するのもいいでしょう。
石川

石川

スカウトメールって、ただの“テンプレ”みたいなものがたくさん届くイメージなんですが…本当に信頼できるんですか?
黒田さん

黒田さん

正直なところ、スカウトとは名ばかりなものも多いです。でも、なかには職務経歴書を丁寧に読んで送られてくる、熱意の込もったスカウトもあります

スカウト経由で応募すると、書類選考をパスして面接に進めるケースも多いので、そういった本気のスカウトには応じるといいでしょう。
石川

石川

その“本気のスカウト”って、どうやって見分ければいいんでしょうか?
黒田さん

黒田さん

明らかに件名や文章が違うので、心配しなくてもちょっと見ればわかりますよ。

きちんと見極めて使えば、思わぬチャンスに出会えるかもしれません。

STEP③: 応募書類の作成:便利な「作成ツール」を活用しよう

黒田さん

黒田さん

応募前に、必要書類を作らなければなりません。作成する書類は「履歴書」と「職務経歴書」の2つ。

履歴書は知っての通り、連絡先や職歴・学歴などの基本的なプロフィールを簡潔に伝えるもの。フォーマットに沿って正確に書けばOKです。
松本さん

松本さん

職務経歴書は、「今まで何をやってきたのか」「何ができるのか」をアピールする書類。これまでの業務経験や、入社後に活かせるスキルなどを記入します。

こちらは履歴書ほど決まった形式があるわけではないので、自分で整理して書く必要があります。
石川

石川

はじめての転職だと、ちょっと苦労しそうです…
松本さん

松本さん

そういう方は、サポート用のツールを活用するといいでしょう。たとえばリクナビNEXTなら「レジュメnavi」など、簡単に職務経歴書を作成できるものがあります。それらを使えば説明に沿って書くだけで仕上げられます。

あとは転職エージェントを使えば、アドバイザーに職務経歴書を添削してもらえたり、改善点を指摘してもらえたりします。自分で作る自信がない方は、プロを頼ったほうがいいですね。
松本さん

松本さん

また、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」も選考前の自己分析に役立ちます。

これは社交性、現実思考、決断力、柔軟性などの18種類の特性から、自分の強みを客観的に把握できるという診断コンテンツ。

ただ、診断結果をそのまま自己PRに書くのはNG。

この診断は多くの人が受けているので、選考する側も同じような自己PRを目にします。その結果、コピペしていることが企業にバレて選考が不利になる可能性もあるからです。

グッドポイント診断で自分の強みを把握したあと、その裏付けとなる実績やエピソードを加えて自己PRを書くのが成功のコツ

裏付けがあると具体的なイメージが湧くので、選考も通りやすくなります。

3分で登録完了!

【無料】3分で登録完了

自分の強みを診断する

STEP④ 応募:転職サイトと転職エージェント、どちらから応募してもOK

石川

石川

気に入った求人案件があったら応募に進みますが…転職サイトと転職エージェントを併用する場合、どちらから応募すればいいのか迷ってしまいそうです。
黒田さん

黒田さん

気になる求人案件を見つけたら、どちら経由であってもすぐに応募すればいいと思います。

というのも、求人案件との出会いは“一期一会”。今日あった求人案件が明日にはなくなるかもしれないので、スピード感を持って応募するのが大切だからです。
石川

石川

なるほど。応募前にアドバイザーに相談したほうがいいケースもあるんですか?
黒田さん

黒田さん

自分で企業情報を調べ、志望動機が明確にできる場合は相談しなくてもいいと思います。

企業の内情や求めている人材などを教えてもらったり、面接対策を手伝ってもらったりしたいのであれば、アドバイザーに相談してから応募してもいいでしょう。

場合によっては、アドバイザーに推薦状を書いてもらえる可能性もあります

STEP⑤ 選考:社内のリアルな雰囲気を感じ取ろう

石川

石川

書類選考を通過したらいよいよ面接ですが、気をつけるべきことはありますか?
黒田さん

黒田さん

面接は選考される場ですが、社内のリアルな雰囲気を感じ取れる貴重な機会でもあります。オフィスや社員の雰囲気をよく観察しましょう。

さらに余裕があれば、選考と並行して人事以外との面談を依頼するのがおすすめです

自分と年の近い社員や、似たような経歴の社員と話すことで、求人票だけではわからない企業のリアルな実情が見えてきます。

転職サイトのよくあるQ&A

Q:転職市場に対する“コロナ”の影響は?

松本さん

松本さん

「なんとなく転職したい」くらいの方は、いまは見送ってもいいかもしれませんね。

求人数が減っているのに加え、失業者はこれからどんどん増えていくことが予想されます。つまり競争率が上がるので、転職の難易度が高めになります。

ただし、採用を続けている企業も多いのに加えて、今からやっておいたほうがいいこともあります。詳しくは別の記事でお話ししているのでそちらをご覧ください。

Q:転職サイトと転職エージェントの違いとは?

松本さん

松本さん

一番の違いは、サポートをしてくれる仲介者の有無です。

転職に慣れていない方は、アドバイザーに相談したほうがスムーズに転職できるかもしれません。
転職サイト転職エージェント
求人数転職エージェントと
比べると多い
転職サイトに比べると少ないが
非公開求人もある
理想の求人との
出会いやすさ
自分で探す手間がかかるアドバイザーが相性のいい求人案件を
提案してくれるので、出会いやすい
選考の
サポート
サイト上の説明を見ながら
自分で進めないといけない
職務経歴書の書き方や面接対策などを
アドバイスしてくれる
年収交渉自分でやらないと
いけない
アドバイザーが
代行してくれる
退職
サポート
自分でやらないと
いけないケースが大半
アドバイザーが
サポートしてくれるケースもある

Q:転職サイトと転職エージェントはどちらが有利?

松本さん

松本さん

どちらが有利とは言いきれませんが、向いている方は違います。

転職サイトは、すでに目指す業界や職種がはっきりしていて、ある程度は転職活動に慣れている方に向いています

採用コストを抑えたい企業は、成果報酬型の転職エージェント経由よりも転職サイト経由の応募者を優先することもありますので、気になる求人案件があれば自分で積極的に応募しましょう。

転職エージェントは、どんな業界に行くか悩んでいる方や、転職にあまり慣れてない初心者に向いています

アドバイザーに職務経歴書の添削をしてもらえたり推薦文を添えてもらえたりするので、直接応募するよりも選考が通過しやすくなるというメリットも。

とはいえ、どちらかに絞るのではなく、両方を上手に併用してチャンスを逃さないのがベストだと思います。

Q:今の会社に転職活動をしていることがバレる心配はない?

黒田さん

黒田さん

たいていのサービスで、自分の勤めている企業には自分の情報が届かないよう設定できます

ほとんどの人が秘密で転職活動をしているので、その辺は心配しなくても大丈夫ですよ。

Q:転職活動の途中で退会してもいいの?

黒田さん

黒田さん

もちろん大丈夫です。設定ページからいつでも退会できますので、使ってみて合わないと感じた場合や、不要になった場合は気軽に退会しましょう

ちなみに、一度退会したサービスの再登録もできますが、過去の会員情報は消えてしまうのでご注意を。

Q:なかなか選考が通らない場合はどうすべき?

黒田さん

黒田さん

「応募数が少ない」「希望するレベルと経歴が噛み合ってない」など、なんらかの作戦が間違っている可能性が高いです。急いで転職したいなら、何かしらの条件を緩める必要があります。

また、転職エージェントを併用していれば、改善点をアドバイザーに聞くことをおすすめします。
松本さん

松本さん

あるいは別のサービスに登録してみるのも1つの手です。

仮に転職サイトでは希望する求人案件が見つからなくても、転職エージェントであれば非公開の求人案件に相性のいいものがあるかもしれません

Q:メールが多すぎると感じた場合はどうする?

黒田さん

黒田さん

たいていのサービスで、メールの配信停止ができるようになっています。不要なメールが届くからといって退会する必要はないので、設定で対処しましょう

Q:転職エージェントのほかにも併用すべきサービスは?

松本さん

松本さん

OpenWork」など企業に対する口コミサイトには目を通しましょう。

基本的にネガティブな意見が集まりやすい前提をふまえておく必要はありますが、過去に在籍していた人が書くリアルな情報は貴重です。

あとは「Wantedly」のような、選考前に企業の担当者に気軽に話を聞きに行けるサービスをうまく活用するといいですね。
黒田さん

黒田さん

あとは、求人検索に役立つサービスに「Indeed」があります。転職サイトに掲載されている求人案件だけでなく、自社サイトに載っている採用情報やハローワークの案件まで横断して検索できる、いわば“求人界のGoogle”。

世の中にどんな求人案件があるか知りたいときは、とりあえずIndeedで検索してみるのをおすすめします。

既卒・第二新卒が転職を成功させるための3つの秘訣

石川

石川

後に、既卒・第二新卒の方が転職を成功させるための秘訣はありますか?
松本さん

松本さん

大きく分けて3つあります。

① 退職理由をポジティブな形に整理する

松本さん

松本さん

1つ目は、退職理由をポジティブな形に整理しておくこと。

第二新卒は「前の職場のこんなところが嫌い」というネガティブな理由が転職の発端になることが多いのですが、そこで挙げている現象はたいていどの企業でも起こりうることです。
石川

石川

たしかに「上司と合わない」みたいなことって、よくありますよね。
松本さん

松本さん

つまり「また同じ理由で転職するんじゃないか」と思われてしまうんです。なので新しくチャレンジしたいことなど、ポジティブに退職理由を語れるようにしておきましょう。

② 志望動機とキャリアプランに一貫性を持たせる

松本さん

松本さん

2つ目は志望動機とキャリアプランに一貫性を持たせること。

第二新卒とはいえ、中途の採用面談では必ず「今後のキャリアプランを教えてください」と聞かれます。

選考を受けている企業の業務内容と、志望動機、キャリアプランにズレがあると「あまり考えずに現実逃避で転職をする人」という悪い印象を与えてしまいます。

③ 転職先が決まる前に辞めない

松本さん

松本さん

3つ目は、転職先が決まる前に辞めないことですね。どんな理由であれ、転職先が決まる前に辞めてしまうと「計画性がなく、突発的に動く人」という印象を与えてしまいます。
石川

石川

辞めてから転職活動をしたほうが、時間の融通が効くので面接が受けやすいということはないですか?
松本さん

松本さん

いまのご時世、ちゃんと調整してくれるので心配ありません。それよりも、辞めてしまうことのリスクのほうが大きいです。

転職活動には意外と時間がかかるもの。金銭的にキツい状態になってしまい、望んでいない転職になる恐れがあるので気をつけましょう。

既卒・第二新卒は「コロナショック」とどう向き合えばいい?

石川

石川

“コロナ”の影響で転職市場もどんどん変化していますが、今後転職する既卒や第二新卒は、この変化にどう向き合えばいいんでしょうか?
松本さん

松本さん

結論から言うと、大きな心配はいりません。

今企業が求める人材は、コロナ禍で変化した環境を乗り越えていく姿勢とアイデアがある人です。昭和の働き方しかできない人のニーズはなくなりました

これからは在宅勤務でも成果を出せる人、SNSなどの20代にとっては当たり前のITツールをビジネスで活用できる人など、新たな即戦力が求められます。ですので、20代にとっては逆に“チャンス”だと思いますよ。
最後に、既卒・第二新卒におすすめの転職サイトとエージェントを改めておさらい! 気になるサービスにいくつか登録すると、理想の転職が実現できるかもしれません。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型
エージェント
92%相談する
総合型
エージェント
89%相談する
総合型
サイト
93%サイトを
見る
総合型
サイト
92%サイトを
見る
総合型
エージェント・
サイト一体型
89%サイトを
見る
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
86%相談する
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
82%相談する
20代・既卒・
第二新卒向け
サイト
97%サイトを
見る
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
73%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
70%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
サイト
91%サイトを
見る
地方向け
サイト
92%サイトを
見る
スタート
アップ向け
サイト
80%サイトを
見る
市場価値を
確かめたい人向け
サイト
81%サイトを
見る
〈文=石川みく(@newfang298)、 取材・編集=葛上洋平(@s1greg0k0t1)〉

精通者たちの詳細プロフィール

【黒田真行(くろだ・まさゆき)】1988年、リクルート入社。2006年から2013年まで「リクナビNEXT」編集長、その後「リクルートエージェント」ネットマーケティング企画部長、「リクルートメディカルキャリア」取締役などを歴任。2014年、ルーセントドアーズ株式会社を設立し、35歳以上のミドル世代を対象とした転職支援サービス「CareerRelease40」を運営。著書に『転職に向いている人転職してはいけない人』(日本経済新聞出版社)、『40歳からの「転職格差」まだ間に合う人、もう手遅れな人』(PHPビジネス新書)がある
【松本利明(まつもと・としあき)】人事・戦略コンサルタント。大手外資系コンサルティングファームに24年勤務しプリンシパル(部長級)を経験。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上。HR総研の客員研究員も務めている。著書に5万人のリストラと6500名以上のリーダーの選抜と育成をした人の「目利き」。『「いつでも転職できる」を武器にする』(KADOKAWA)『稼げる人稼げない人の習慣』(日経新聞出版社)などベストセラー多数。BBC、TBS、日本経済新聞、東洋経済などメディア実績多数

この記事をシェア

新R25が大切にしているのは、シゴトも人生も、もっと楽しむこと。

「新R25転職」は、編集部が読者の代表としてキャリアの達人たちから引きだしたアドバイスにより、"一歩踏み出せる答え"が見つかる転職情報メディアです。

自分の市場価値を確かめるためにも利用すべき。転職エージェントのおすすめ活用法を伝授!?