未経験から正社員を目指すなら必見

【第二新卒向け】おすすめ転職サイトを厳選。1163人の利用者とプロが高く評価したサービスとは?

キャリア
新R25は堀江貴文さんキングコング西野さんなど、各界で活躍されている方々への取材を重ね、ビジネスパーソンに役立つ情報を提供しています。

そんな新R25が、転職サイトの実態に精通した方々にご協力いただき「新R25キャリア総研」として、実際に利用したことのある約1000人を対象におすすめの転職サイトの評判について調査しました
転職サイトは、20代・既卒・第二新卒向け、30代〜40代がメインターゲットのハイクラス向けなど、さまざまな特徴を持ったものがあります。

それらのなかから、調査結果をふまえて特に既卒・第二新卒におすすめの転職サイトを厳選してご紹介します。

今回の調査に協力してくださったのはこちらの2名。
黒田さん

黒田さん

こんにちは、黒田です。リクルートでは「B-ing」「とらばーゆ」「フロム・エー」関西版編集長、「リクナビNEXT」編集長、「リクルートエージェント」ネットマーケティング企画部長などを歴任しました。

現在はルーセントドアーズ株式会社を設立し、35歳以上のミドル世代を対象とした転職支援サービス「CareerRelease40」を運営しています。
松本さん

松本さん

人事・戦略コンサルタントの松本です。

アクセンチュアなどの大手外資系コンサルティング会社に24年勤めて、プリンシパル(部長級)を経て現職に至ります。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上です。

さまざまな企業の人事とのつながりがあるので、企業側からの意見をふまえてコメントをします。
※詳細プロフィールは記事の下部に記載しています。
お二方には、既卒・第二新卒におすすめの転職サイトについてだけではなく、選び方や登録する際の注意点についても教えていただきました。

〈聞き手=石川みく(新R25編集部)〉
【目的別】おすすめ転職サイトを1163人にガチ調査! 初心者は別サービスを使うべき!?|新R25

【目的別】おすすめ転職サイトを1163人にガチ調査! 初心者は別サービスを使うべき!?|新R25

こちらの記事では、1000人以上の利用者とプロに聞いた「おすすめ転職サイト」を目的別に紹介しています。

目次

1

既卒・第二新卒の転職は「転職サイトと転職エージェントの併用」が鉄則

2

合計2000人に聞いた、既卒・第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェントの目次

3

【総合型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェント

特定のサービスについて知りたい方はこちら

4

【特化型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェントの目次

5

20代・既卒・第二新卒向け転職サイトと転職エージェント

ウズキャリ(UZUZ):「元既卒・元第二新卒」のアドバイザーが丁寧にサポート

就職Shop:書類選考なしで面接に進めるのが売り

ハタラクティブ:とにかく短期間で転職したい未経験者にぴったり

キャリトレ:キャリアアップしたい20代におすすめ

6

IT/Web業界・エンジニアを目指す既卒・第二新卒向けの転職サイトと転職エージェント

ワークポート:未経験からIT業界を目指したいなら登録必須

7

地方で転職する既卒・第二新卒におすすめの転職サイト

8

スタートアップ企業を目指す既卒・第二新卒向けの転職サイト

9

自分の市場価値を知りたい既卒・第二新卒におすすめの転職サイト

10

その他の職種/業種への転職におすすめの転職サイト

11

転職サイトの利用フロー&活用テクニック

12

転職サイトのよくあるQ&A

Q:転職市場に対する“コロナ”の影響は?

Q:転職サイトと転職エージェントって何が違うの?

Q:転職サイトと転職エージェント、どちらが有利?

Q:転職サイトは登録するだけでもOK?

Q:転職サイトに登録すると今の会社にバレる?

Q:スカウト機能は“使える”の?

Q:転職サイトの更新日って大事なの?

Q:転職活動の途中で退会してもいいの?

Q:転職エージェントとは何なのか知りたい

Q:転職エージェントのうまい活用法が知りたい

Q:企業口コミサイトはどう使うべき?

13

既卒・第二新卒が転職を成功させるための3つの秘訣

① 退職理由をポジティブな形に整理する

② 志望動機とキャリアプランに一貫性を持たせる

③ 転職先が決まる前に辞めない

14

既卒・第二新卒は「コロナショック」とどう向き合えばいい?

精通者たちの詳細プロフィール

既卒・第二新卒の転職は「転職サイトと転職エージェントの併用」が鉄則

石川

石川

転職サイトってたくさんありますよね。理想の転職に近づける、いい選び方ってありますか?
松本さん

松本さん

前提として、ほとんどの方は転職サイトだけではなく転職エージェントも併用するほうがいいと思います。
石川

石川

それは…なぜ?
松本さん

松本さん

転職サイトは求人案件を自分で探して、スピーディに直接応募できるのがメリットです。ただし、選考対策などは自分でしなければならないことが大半です。

一方で転職エージェントは、無料でアドバイザーがキャリアの相談に乗ってくれるサービスです。相性のいい求人案件を提案してくれるのに加えて、過去の実績などをもとに選考のサポートもしてくれます。

転職は慣れていないと自分1人で進めるのは難しいので、合わせて使うといいでしょう。
石川

石川

たしかに、人に話すだけで考えがまとまるってこともよくありますよね。

転職エージェントもいろいろあると思うんですが、転職サイトと転職エージェントを併用する場合、どのように選ぶといいんでしょう?
松本さん

松本さん

どちらも求人案件を網羅的に抱えている「総合型」と、特定の領域に特化した「特化型」があります。

総合型の転職サイトと転職エージェントにはそれぞれ必ず1〜2個登録し、さらに転職先の希望が明確であればそこに特化したものも2〜3個合計で3〜6個ぐらいは登録するといいでしょう。

転職先の検討段階ではできるだけ視野を広げたほうがいいので、抱えている求人案件が違う複数のサービスに登録すると、理想の転職が近くなるはずです。
石川

石川

転職サイトはそれぞれ特徴がありそうなイメージが湧くのですが、転職エージェントって結局はどんなアドバイザーが担当になってくれるかがキモじゃないですか?
松本さん

松本さん

その通りです。なので転職エージェントは登録前の段階ではそれほど絞り込まないことをおすすめします

まずは複数のものに登録して、担当アドバイザーとの相性などを基準に厳選しましょう。
石川

石川

ちなみに既卒や第二新卒向けの転職サイトや転職エージェントってあるんですか?
松本さん

松本さん

ありますよ。特に転職エージェントは、若手求職者の対応に慣れたアドバイザーが多く在籍しているので心強いと思います。

転職サイトの場合も、未経験OKの求人案件や、書類選考なしで面接に進める求人案件などへの出会いが期待できますよ。
【目的別】おすすめ転職エージェントを1128人にガチ調査! 1つだけ使うのはNG!?|新R25

【目的別】おすすめ転職エージェントを1128人にガチ調査! 1つだけ使うのはNG!?|新R25

転職エージェントの選び方や活用法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

合計2000人に聞いた、既卒・第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェントの目次

この記事では、新R25総研の調査結果や過去におこなった専門家への取材をふまえて、特に既卒・第二新卒におすすめできる転職サイト・転職エージェントのみをご紹介します。
【転職サイト調査の概要】
・調査期間
2020/05/08〜2020/05/11

・サンプル数
1163人

・調査対象者
性別:指定なし
年齢:20〜39歳
地域:全国
条件:転職サイトを利用したことがある人


【転職エージェント調査の概要】
・調査期間
2020/03/30〜2020/04/01
2020/04/02〜2020/04/06

・サンプル数
1128人(554+574)

・調査対象者
性別:指定なし
年齢:20〜39歳
地域:全国
条件:転職エージェントを利用したことがある人

【総合型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェント

まずは求人案件を網羅的に抱えていて、既卒・第二新卒からの評価も高い総合型の転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

総合型の転職サイトと転職エージェントは、それぞれ1〜2個登録するのがおすすめだそう。

利用者の満足度が特に高いものを厳選しているので、これらすべてに登録してしまってもいいかもしれません。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型
エージェント
92%相談
する
総合型
エージェント
89%相談
する
総合型
サイト
93%サイトを
見る
総合型
サイト
92%サイトを
見る
総合型
エージェント・
サイト一体型
89%サイトを
見る

特定のサービスについて知りたい方はこちら

「マイナビエージェント」の評判を“転職のプロ”が分析。リクルートエージェントとの違いは?|新R25

「マイナビエージェント」の評判を“転職のプロ”が分析。リクルートエージェントとの違いは?|新R25

マイナビエージェントの詳細については、こちらの記事でも解説しています。
「マイナビ転職」の評判を“転職のプロ” が分析。“地方に強い”ってホント?|新R25

「マイナビ転職」の評判を“転職のプロ” が分析。“地方に強い”ってホント?|新R25

マイナビ転職についてはこちらの記事でも解説しています。

【特化型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェントの目次

ここからは、既卒・第二新卒向けをはじめとした特定の業界・職種などに特化した転職サイトと転職エージェントを厳選してご紹介します。

松本さんによると、総合型に加え、希望する転職先に特化したものも2〜3個、合計で3〜6個ぐらいは登録するといいそう。
石川

石川

ちなみに“特化型”って、何が特化しているんですか?
松本さん

松本さん

抱えている求人案件とアドバイザーの知識です。特に転職エージェントの場合はアドバイザーがその業界・業種出身であるなど、より精通している方との出会いが期待できます。
石川

石川

だったら使わない手はないですね…!

20代・既卒・第二新卒向け転職サイトと転職エージェント

種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
86%相談
する
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
82%相談
する
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
73%相談
する
20代・既卒・
第二新卒向け
サイト
97%サイトを
見る

ウズキャリ(UZUZ):「元既卒・元第二新卒」のアドバイザーが丁寧にサポート

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社UZUZ
求人数:非公開
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
宮城県/21歳/女性/年収~299万円:
初心者でしたが、非常にわかりやすい説明が多かったので安心して頼れました。

新潟県/26歳/男性/年収500~599万円:
丁寧に自己PRを一緒に考えてくれたおかげで、自分の強みなどが明かになりました。
松本さん

松本さん

アドバイザーたちが元既卒・元第二新卒であることが特徴の転職エージェント。

平均20時間におよぶという丁寧なキャリアカウンセリングのおかげもあり、公式サイトによると入社1年後の定着率は94.7%と市場トップクラスの実績を誇っています。

キャリアプランがまだはっきりしておらず、とにかく手厚く相談にのってほしい方は利用すべきでしょう。

ただし、ベンチャー企業なので求人案件が少なめ。ほかの転職エージェントも併用することをおすすめします。

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る
ウズキャリ(UZUZ)の評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

ウズキャリ(UZUZ)の評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

ウズキャリ(UZUZ)については、こちらの記事でも解説しています。

就職Shop:書類選考なしで面接に進めるのが売り

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社リクルートキャリア
登録企業数:約1万社
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です

【代表的な利用者の評判】
東京都/31歳/女性/年収~299万円:
書類選考があると、待っている時間が無駄だったり、落ちて面接まで進めなかったりしますが、就職Shopは最初から面接に進めるのでそこがよかったです。また、本来わかりにくい職場の雰囲気もエージェントが直接職場に出向いているため、間接的でも聞くことができて安心できたところがよかったです。

千葉県/27歳/男性/年収300~399万円:
親身になって相談にのってくださった。初回の面談では1時間以上お話を聞いてくださり、丁寧な対応でした。その面談のなかで自分の性格も見てくださり、合いそうな会社を紹介してくださった。対応が速く、メールでの連絡も丁寧で安心できた。面談場所も駅からとても近く、便利な場所でした。

北海道/29歳/男性/年収300~399万円:
担当アドバイザーが親身になって対応してくださった。こういう場所は多少ブラックな場所への紹介が多いのだと思っていたが、全然そんなこともなく安心できた。
松本さん

松本さん

リクルートが運営しているサービスで、書類選考なしで面接に進めることを売りにしています。

学歴や職歴に自信がないけど正社員になりたい人や、時間をかけず早く転職(就職)したい方におすすめ。

就職Shopのスタッフが企業へ訪問し、「職場の雰囲気」「仕事内容」「待遇」などを細かく取材しているので、入社前のイメージとのギャップが生まれにくい工夫がされています。

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

ハタラクティブ:とにかく短期間で転職したい未経験者にぴったり

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:レバレジーズ株式会社
求人数:非公開
【代表的な利用者の評判】
23歳/女性/年収〜299万円:
面接の質問でよくあること、正社員と派遣の違いなど、経験を元に寄り添ったアドバイスをくれました。

23歳/男性/年収~299万円:
連絡がマメで丁寧でした。親身に相談に乗っていただきました。
松本さん

松本さん

10〜20代の未経験者に絞った特化型のなかでは最大規模の求人案件数で、ハローワークやほかの転職エージェントでは扱わないような中小企業の求人案件まで揃っています。

アドバイザーのサポートが丁寧なおかげか、公式サイトによると内定率は80%。登録者の多くが、2週間から1カ月という短期間で就職を決めているようです。

とにかく短期間で就職(転職)したい未経験者にはうってつけのサービスです。

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

キャリトレ:キャリアアップしたい20代におすすめ

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社ビズリーチ
求人数:非公開
※「ユーザー満足度」とは「求人の数と質」「サイトの使いやすさ」「サービスの充実度に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
神奈川県/35歳/女性/年収300~399万円:
キャリアに適した仕事が探しやすく、自分に向いた仕事を新たに発見しやすいです。

徳島県/29歳/男性/年収~299万円:
総合的にどんな業種や職種もおさえていて利用している企業から「オファー」が来ます。 あとはTwitter上で匿名でキャリア相談ができます。「興味がある求人リスト」「興味がない求人リスト」の登録で求人を整理でき、20代向けの高年収求人が多いです。 またレコメンド機能があり、自分では探せなかった求人を見つけられます。
松本さん

松本さん

「挑戦する20代の転職サイト」というキャッチフレーズの通り、キャリアアップしたい20代におすすめのサービスです。

登録した経験やスキルなどをAIが分析し、マッチする求人案件をおすすめしてくれる「レコメンド機能」が独創的です。表示される求人案件を「興味がある」「興味がない」に振り分けることでAIの精度が上がっていきます。

自分の向き不向きが分からずに悩んでいる方や、忙しくて求人案件を探す時間が取れないという方におすすめ。若手向けだけあって、スマホに最適化されたUIも使いやすいと好評です。

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

IT/Web業界・エンジニアを目指す既卒・第二新卒向けの転職サイトと転職エージェント

種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%相談
する
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%相談
する
IT/Web業界・
エンジニア向け
70%サイトを
見る
IT/Web業界・
エンジニア向け
サイト
91%サイトを
見る
レバテックキャリアの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

レバテックキャリアの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

レバテックキャリアについては、こちらの記事でも解説しています。
type転職エージェントの評判は?1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

type転職エージェントの評判は?1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

type転職エージェントについては、こちらの記事でも解説しています。

ワークポート:未経験からIT業界を目指したいなら登録必須

出典
(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社ワークポート
公開求人数:約2万5000件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
24歳/女性/年収~299万円:
アドバイザーの方が電話口でしたが、とても朗らかな感じで話しやすくて、自分の転職の考えや不安などもとても伝えやすかったです。サポートの約束もしてくれて、これからも頼りたくなって不安のない満足のいく転職が出来そうだなと感じました。

30歳/女性/年収600~699万円:
面談が丁寧で、話を聞いた後で求人を探してくれました。連絡をこまめにくれたし、書類選考も通過しやすかったです。求人数も豊富で、希望条件に合うもの が多かったです。

34歳/女性/年収非公開:
担当アドバイザーが熱心で、気になる求人があればすぐに知らせてくれました。 初めての面談の時も、とてもリラックスしやすい雰囲気を作っていただいたので、安心して相談できました。
松本さん

松本さん

IT/ゲーム業界への転職に強い特化型の転職エージェントです。

業界を絞っているだけあって、精通したアドバイザーがサポートしてくれるため、選考の通過率が高まることが期待できます。未経験からIT業界を目指したいなら登録必須です。

自分の転職活動の進捗状況がひと目でわかる専用アプリ「eコンシェル」が、利用者からも使いやすいと好評のようです。

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

地方で転職する既卒・第二新卒におすすめの転職サイト

スタートアップ企業を目指す既卒・第二新卒向けの転職サイト

自分の市場価値を知りたい既卒・第二新卒におすすめの転職サイト

その他の職種/業種への転職におすすめの転職サイト

その他の職種/業種への転職を希望される方は、下記の記事をご覧ください。

転職サイトの利用フロー&活用テクニック

転職サイトのよくあるQ&A

Q:転職市場に対する“コロナ”の影響は?

Q:転職サイトと転職エージェントって何が違うの?

Q:転職サイトと転職エージェント、どちらが有利?

Q:転職サイトは登録するだけでもOK?

Q:転職サイトに登録すると今の会社にバレる?

Q:スカウト機能は“使える”の?

Q:転職サイトの更新日って大事なの?

Q:転職活動の途中で退会してもいいの?

黒田さん

黒田さん

もちろん大丈夫です。設定ページからいつでも退会できますので、使ってみて合わないと感じた場合や、不要になった場合は気軽に退会しましょう

ちなみに、一度退会したサービスの再登録もできますが、過去の会員情報は消えてしまうのでご注意を。

Q:転職エージェントとは何なのか知りたい

Q:転職エージェントのうまい活用法が知りたい

Q:企業口コミサイトはどう使うべき?

既卒・第二新卒が転職を成功させるための3つの秘訣

石川

石川

後に、既卒・第二新卒の方が転職を成功させるための秘訣はありますか?
松本さん

松本さん

大きく分けて3つあります。

① 退職理由をポジティブな形に整理する

松本さん

松本さん

1つ目は、退職理由をポジティブな形に整理しておくこと。

第二新卒は「前の職場のこんなところが嫌い」というネガティブな理由が転職の発端になることが多いのですが、そこで挙げている現象はたいていどの企業でも起こりうることです。
石川

石川

たしかに「上司と合わない」みたいなことって、よくありますよね。
松本さん

松本さん

つまり「また同じ理由で転職するんじゃないか」と思われてしまうんです。なので新しくチャレンジしたいことなど、ポジティブに退職理由を語れるようにしておきましょう。

② 志望動機とキャリアプランに一貫性を持たせる

松本さん

松本さん

2つ目は志望動機とキャリアプランに一貫性を持たせること。

第二新卒とはいえ、中途の採用面談では必ず「今後のキャリアプランを教えてください」と聞かれます。

選考を受けている企業の業務内容と、志望動機、キャリアプランにズレがあると「あまり考えずに現実逃避で転職をする人」という悪い印象を与えてしまいます。

③ 転職先が決まる前に辞めない

松本さん

松本さん

3つ目は、転職先が決まる前に辞めないことですね。どんな理由であれ、転職先が決まる前に辞めてしまうと「計画性がなく、突発的に動く人」という印象を与えてしまいます。
石川

石川

辞めてから転職活動をしたほうが、時間の融通が効くので面接が受けやすいということはないですか?
松本さん

松本さん

いまのご時世、ちゃんと調整してくれるので心配ありません。それよりも、辞めてしまうことのリスクのほうが大きいです。

転職活動には意外と時間がかかるもの。金銭的にキツい状態になってしまい、望んでいない転職になる恐れがあるので気をつけましょう。

既卒・第二新卒は「コロナショック」とどう向き合えばいい?

石川

石川

“コロナ”の影響で転職市場もどんどん変化していますが、今後転職する既卒や第二新卒は、この変化にどう向き合えばいいんでしょうか?
松本さん

松本さん

結論から言うと、大きな心配はいりません。

今企業が求める人材は、コロナ禍で変化した環境を乗り越えていく姿勢とアイデアがある人です。昭和の働き方しかできない人のニーズはなくなりました

これからは在宅勤務でも成果を出せる人、SNSなどの20代にとっては当たり前のITツールをビジネスで活用できる人など、新たな即戦力が求められます。ですので、20代にとっては逆に“チャンス”だと思いますよ。
最後に、既卒・第二新卒におすすめの転職サイトとエージェントを改めておさらい! 気になるサービスにいくつか登録すると、理想の転職が実現できるかもしれません。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型
エージェント
92%相談する
総合型
エージェント
89%相談する
総合型
サイト
93%サイトを
見る
総合型
サイト
92%サイトを
見る
総合型
エージェント・
サイト一体型
89%サイトを
見る
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
86%相談する
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
82%相談する
20代・既卒・
第二新卒向け
サイト
97%サイトを
見る
20代・既卒・
第二新卒向け
エージェント
73%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
70%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
サイト
91%サイトを
見る
地方向け
サイト
92%サイトを
見る
スタート
アップ向け
サイト
80%サイトを
見る
市場価値を
確かめたい人向け
サイト
81%サイトを
見る
〈文=石川みく(@newfang298)、 取材・編集=葛上洋平(@s1greg0k0t1)〉

精通者たちの詳細プロフィール

【黒田真行(くろだ・まさゆき)】1988年、リクルート入社。2006年から2013年まで「リクナビNEXT」編集長、その後「リクルートエージェント」ネットマーケティング企画部長、「リクルートメディカルキャリア」取締役などを歴任。2014年、ルーセントドアーズ株式会社を設立し、35歳以上のミドル世代を対象とした転職支援サービス「CareerRelease40」を運営。著書に『転職に向いている人転職してはいけない人』(日本経済新聞出版社)、『40歳からの「転職格差」まだ間に合う人、もう手遅れな人』(PHPビジネス新書)がある
【松本利明(まつもと・としあき)】人事・戦略コンサルタント。大手外資系コンサルティングファームに24年勤務しプリンシパル(部長級)を経験。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上。HR総研の客員研究員も務めている。著書に5万人のリストラと6500名以上のリーダーの選抜と育成をした人の「目利き」。『「いつでも転職できる」を武器にする』(KADOKAWA)『稼げる人稼げない人の習慣』(日経新聞出版社)などベストセラー多数。BBC、TBS、日本経済新聞、東洋経済などメディア実績多数

オススメ転職サービス

リクルートエージェント
POINT!
  • ・業界No.1の求人数
  • ・ぐいぐい導いてくれる推進力が魅力
  • ・視野を広げたい人にぴったり
マイナビエージェント
POINT!
  • ・独自調査で満足度No.1
  • ・20代に信頼されてる転職エージェント
  • ・親身に話を聞いてくれるアドバイザーが多い
doda
POINT!
  • ・国内最大級の求人数
  • ・サイト/エージェントのいいとこどりができる

この記事をシェア

オススメの記事!

おすすめ転職エージェントを実際に利用した1128人にガチ調査!1つだけ使うのはNG!?