未経験でも挑戦できるの?

【エンジニア向け】おすすめ転職サイトを厳選。1163人の利用者とプロが評価したサービスとは?

キャリア
新R25は堀江貴文さんキングコング西野さんなど、各界で活躍されている方々への取材を重ね、ビジネスパーソンに役立つ情報を提供しています。

そんな新R25が、転職サイトの実態に精通した方々にご協力いただき「新R25キャリア総研」として、実際に利用したことのある約1000人を対象におすすめの転職サイトの評判について調査しました
転職サイトは、20代・既卒・第二新卒向け、30代〜40代がメインターゲットのハイクラス向けなど、さまざまな特徴を持ったものがあります。

それらのなかから、調査結果をふまえて特にエンジニアにおすすめの転職サイトを厳選してご紹介します。

今回の調査に協力してくださったのはこちらの2名。
松本さん

松本さん

人事・戦略コンサルタントの松本です。

アクセンチュアなどの大手外資系コンサルティング会社に24年勤めて、プリンシパル(部長級)を経て現職に至ります。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上です。

さまざまな企業の人事とのつながりがあるので、企業側からの意見をふまえてコメントをします。
黒田さん

黒田さん

はじめまして、黒田です。リクルートでは「Bing」「とらばーゆ」「フロム・エー」関西版編集長、「リクナビNEXT」編集長「リクルートエージェント」ネットマーケティング企画部長などを歴任しました。

現在はルーセントドアーズ株式会社を設立し、35歳以上のミドル世代を対象とした転職支援サービス「CareerRelease40」を運営しています。
※詳細プロフィールは記事の下部に記載しています。
お二方には、エンジニアにおすすめの転職サイトについてだけではなく、選び方や登録する際の注意点についても教えていただきました。

〈聞き手=森かおる〉
【目的別】おすすめ転職サイトを1163人にガチ調査! 初心者は別サービスを使うべき!?|新R25

【目的別】おすすめ転職サイトを1163人にガチ調査! 初心者は別サービスを使うべき!?|新R25

こちらの記事では、1000人以上の利用者とプロに聞いた「おすすめ転職サイト」を目的別に紹介しています。

目次

1

エンジニアの転職は「転職サイトと転職エージェントの併用」が鉄則

2

エンジニアにおすすめの転職サイト&転職エージェントの目次

3

【総合型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェント

特定のサービスについて知りたい方はこちら

4

【特化型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェントの目次

5

IT/Web業界に特化した転職サイトと転職エージェント

レバテックキャリア:納得感の強い提案が期待できる

type転職エージェント:各企業の内情に精通したアドバイザーが多い

type:IT/Web業界のなかでも首都圏に特化

6

ハイクラス転職を目指すエンジニア向けの転職サイトと転職エージェント

7

エンジニアの転職に関するよくある質問

Q:エンジニアにはどんな種類があるの?

Q:未経験からエンジニアになれるってほんと?

Q:プログラミングはどうやって勉強すればいいの?

Q:未経験でエンジニアになれるのは何歳まで?

Q:初心者におすすめのプログラミング言語はどれ?

8

転職サイトの利用フロー&活用テクニック

9

転職サイトのよくあるQ&A

Q:転職市場に対する“コロナ”の影響は?

Q:転職サイトと転職エージェントって何が違うの?

Q:転職サイトと転職エージェント、どちらが有利?

Q:転職サイトは登録するだけでもOK?

Q:転職サイトに登録すると今の会社にバレる?

Q:スカウト機能は“使える”の?

Q:転職サイトの更新日って大事なの?

Q:転職活動の途中で退会してもいいの?

Q:転職エージェントとは何なのか知りたい

Q:転職エージェントのうまい活用法が知りたい

Q:企業口コミサイトはどう使うべき?

精通者たちの詳細プロフィール

エンジニアの転職は「転職サイトと転職エージェントの併用」が鉄則

森

転職サイトってたくさんありますよね。理想の転職に近づける、いい選び方ってありますか?
松本さん

松本さん

前提として、ほとんどの方は転職サイトだけではなく転職エージェントも併用するほうがいいと思います。
森

それは…なぜ?
松本さん

松本さん

転職サイトは求人案件を自分で探して、スピーディに直接応募できるのがメリットです。ただし、選考対策などは自分でしなければならないことが大半です。

一方で転職エージェントは、無料でアドバイザーがキャリアの相談に乗ってくれるサービスです。相性のいい求人案件を提案してくれるのに加えて、過去の実績などをもとに選考のサポートもしてくれます。

転職は慣れていないと自分1人で進めるのは難しいので、合わせて使うといいでしょう。
森

たしかに、人に話すだけで考えがまとまるってこともよくありますよね。

転職エージェントもいろいろあると思うんですが、転職サイトと転職エージェントを併用する場合、どのように選ぶといいんでしょう?
松本さん

松本さん

どちらも求人案件を網羅的に抱えている「総合型」と、特定の領域に特化した「特化型」があります。

総合型の転職サイトと転職エージェントにはそれぞれ必ず1〜2個登録し、さらに転職先の希望が明確であればそこに特化したものも2〜3個合計で3〜6個ぐらいは登録するといいでしょう。

転職先の検討段階ではできるだけ視野を広げたほうがいいので、抱えている求人案件が違う複数のサービスに登録すると、理想の転職が近くなるはずです。
森

転職サイトはそれぞれ特徴がありそうなイメージが湧くのですが、転職エージェントって結局はどんなアドバイザーが担当になってくれるかがキモじゃないですか?
松本さん

松本さん

その通りです。なので転職エージェントは登録前の段階ではそれほど絞り込まないことをおすすめします

まずは複数のものに登録して、担当アドバイザーとの相性などを基準に厳選しましょう。
森

ちなみに、エンジニア向けの転職サイトや転職エージェントもあるんでしょうか?
松本さん

松本さん

もちろんです。IT/Web業界やエンジニアの求人案件を豊富に扱っている転職サイトや、エンジニア経験のあるアドバイザーがたくさんいる転職エージェントがあります。
森

経験者からアドバイスをもらえるのは心強いですね!
松本さん

松本さん

そうですね。エンジニアという仕事は、社風と性格のマッチ度合いが非常に重要です。なので、アドバイザーから企業の内情を詳しく聞いたうえで転職先を選ぶといいでしょう

エンジニア経験のあるアドバイザーは、求職者の希望を的確につかんでくれるので、確度の高いマッチングが期待できます。選考で有利になるアドバイスをもらえる機会も多いでしょう。
【目的別】おすすめ転職エージェントを1128人にガチ調査! 1つだけ使うのはNG!?|新R25

【目的別】おすすめ転職エージェントを1128人にガチ調査! 1つだけ使うのはNG!?|新R25

転職エージェントの選び方や活用法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

エンジニアにおすすめの転職サイト&転職エージェントの目次

【転職サイト調査の概要】
・調査期間
2020/05/08〜2020/05/11

・サンプル数
1163人

・調査対象者
性別:指定なし
年齢:20〜39歳
地域:全国
条件:転職サイトを利用したことがある人


【転職エージェント調査の概要】
・調査期間
2020/03/30〜2020/04/01
2020/04/02〜2020/04/06

・サンプル数
1128人(554+574)

・調査対象者
性別:指定なし
年齢:20〜39歳
地域:全国
条件:転職エージェントを利用したことがある人

【総合型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェント

まずは求人案件を網羅的に抱えていて、エンジニアからの評価も高い総合型の転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

総合型の転職サイトと転職エージェントは、それぞれ1〜2個登録するのがおすすめだそう。

利用者の満足度が特に高いものを厳選しているので、これらすべてに登録してしまってもいいかもしれません。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型
エージェント
92%相談
する
総合型
エージェント
89%相談
する
総合型
サイト
93%サイトを
見る
総合型
サイト
92%サイトを
見る
総合型
エージェント・
サイト一体型
89%サイトを
見る

特定のサービスについて知りたい方はこちら

「マイナビエージェント」の評判を“転職のプロ”が分析。リクルートエージェントとの違いは?|新R25

「マイナビエージェント」の評判を“転職のプロ”が分析。リクルートエージェントとの違いは?|新R25

マイナビエージェントの詳細については、こちらの記事でも解説しています。
「マイナビ転職」の評判を“転職のプロ” が分析。“地方に強い”ってホント?|新R25

「マイナビ転職」の評判を“転職のプロ” が分析。“地方に強い”ってホント?|新R25

マイナビ転職についてはこちらの記事でも解説しています。

【特化型】合計2000人以上がおすすめする転職サイトと転職エージェントの目次

ここからは、エンジニア向けをはじめとした特定の業界・職種などに特化した転職サイトと転職エージェントを厳選してご紹介します。

松本さんによると、総合型に加え、希望する転職先に特化したものも2〜3個、合計で3〜6個ぐらいは登録するといいそう。
森

ちなみに“特化型”って、何が特化しているんですか?
松本さん

松本さん

抱えている求人案件とアドバイザーの知識です。特に転職エージェントの場合はアドバイザーがその業界・業種出身であるなど、より精通している方との出会いが期待できます。
森

だったら使わない手はないですね…!

IT/Web業界に特化した転職サイトと転職エージェント

種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%相談
する
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%相談
する
IT/Web業界・
エンジニア向け
サイト
91%サイトを
見る

レバテックキャリア:納得感の強い提案が期待できる

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:レバテック株式会社
公開求人数:約5000件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
神奈川県/36歳/男性/年収300~399万円:
IT系の求人件数が多く、希望の企業が見つかったので満足できました。

福岡県/30歳/男性/年収1000万円以上:
アドバイザーがこまめに対応してくれて、すごくフットワークがいい印象です。
松本さん

松本さん

IT/Web業界への転職を考えるなら登録必須。業界特化型の転職エージェントで、未経験者より経験者向けの転職案件が多いよう。

エンジニアとして現場で働いてきた方がアドバイザーになっているケースもあり、納得感の強い提案が期待できます

同じ業界でもハイクラス向けの「レバテック エキスパート」や未経験者向けの「レバテック ビギナー」など、多様なサービスを展開をしているので、状況に合わせて使い分けましょう。

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る
レバテックキャリアの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

レバテックキャリアの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

レバテックキャリアについては、こちらの記事でも解説しています。

type転職エージェント:各企業の内情に精通したアドバイザーが多い

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数:約8500件(公開求人数の割合は全求人の約20%)
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
神奈川県/34歳/女性/年収300~399万円:
最終面接の前には、担当のアドバイザーが丁寧な模擬面接をしてくれました。

千葉県/26歳/女性/年収~299万円:
自分の経験を活かせる案件を違った視点から提案してくれました。

大阪府/23歳/男性/年収~299万円:
電話のやり取りだけで、上手に希望の仕事を探してくれたので感心しました。
松本さん

松本さん

特に首都圏に特化している分、各企業の内情にも精通しているアドバイザーが多く、厳選した求人案件を紹介してくれて効率よく転職活動を進められるでしょう

IT/Web業界で働く方のための転職相談会や「typeエンジニア転職フェア」など、イベントも定期的に開催しています。

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る
type転職エージェントの評判は?1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

type転職エージェントの評判は?1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

type転職エージェントについては、こちらの記事でも解説しています。

type:IT/Web業界のなかでも首都圏に特化

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社キャリアデザインセンター
求人数:約1600件
※2020年7月時点の公式サイトより
※「ユーザー満足度」とは「求人の数と質」「サイトの使いやすさ」「サービスの充実度に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
東京都/38歳/男性/年収600〜699万円:
黄色中心のサイトで、見やすい。 文字も大きめで分かりやすい作りになっており、数はあまり多くないが質の高い求人が多く、登録して損はないと思います。

千葉県/39歳/男性/年収〜299万円:
特にやりたいことがなく、自分の特性やスキルをどう活かして良いのかわからないため、AIによるオススメがあったのは参考になりました。求人数もそこそこあり、あまりしつこくない感じが使いやすかったと思います。
黒田さん

黒田さん

厳密には総合型ですが、特にIT/Web業界に強みのあるサービスです。

運営元のキャリアデザインセンターは、サイト設立前から「エンジニアtype」という情報誌を発行していたこともあり、昔からエンジニア職に強い人材会社として知られています

IT/Web業界のなかでも首都圏に特化しているので、東京近郊で転職を考えている方におすすめです。
松本さん

松本さん

掲載されている求人案件の約半分をIT/Web業界が占めており、IT系に強い転職サイトとしておなじみです。

「キャリボ」というAIを搭載した求人検索機能があり、精度の高いマッチングが期待できます。

IT/Web業界で働く方のための転職相談会や「エンジニア転職フェア」などのイベントも定期的に開催されています。typeに登録するなら、これらのイベントにぜひ参加してみましょう。

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

ハイクラス転職を目指すエンジニア向けの転職サイトと転職エージェント

種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
30代・
ハイクラス向け
エージェント
85%相談
する
30代・
ハイクラス向け
エージェント
89%相談
する
30代・
ハイクラス向け
サイト
85%サイトを
見る
40代・
ハイクラス向け
サイト
83%サイトを
見る
JACリクルートメントの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

JACリクルートメントの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

JACリクルートメントについては、こちらの記事でも解説しています。
キャリアカーバーの評判は? 1163人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

キャリアカーバーの評判は? 1163人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

キャリアカーバーについては、こちらの記事でも解説しています。
en ミドルの転職の評判は? 1163人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

en ミドルの転職の評判は? 1163人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

en ミドルの転職については、こちらの記事でも解説しています。

エンジニアの転職に関するよくある質問

未経験でもエンジニアへ転職できる」とは聞くものの、専門的で難しそうなイメージが強いですよね。

そもそも、エンジニアとはどんな仕事なの? 本当に未経験でも挑戦できるの…?

プログラミングスクール「CodeCamp」創業メンバーの米田昌悟さんにお話を伺ったこちらの記事から、一部を抜粋してお届けします

Q:エンジニアにはどんな種類があるの?

米田さん

米田さん

一言でいうと、エンジニアとは「アイディアを形にする人」。
そのなかでも「設計する人」と「作る人」の2つに分かれ、それぞれに名前がついています。

設計する人は「システムエンジニア」と呼ばれ、お客さんの要望をヒアリングし、それを実現するための要件を定義するのが仕事。SIerという職種もここに該当します。

実際に作る人は「プログラマー」と呼ばれ、設計された通りに手を動かす人です。
エンジニア
システム
エンジニア
(設計する人)
プログラマー
(作る人)
フロント
エンジニア
サーバーサイド
エンジニア
米田さん

米田さん

プログラマーはさらに2つに分けられます。

みなさんがよく見ているWebの画面を作る人は「フロントエンジニア」。その画面の裏側の仕組みを作る人が、「サーバーサイドエンジニア」です。

ただ、分類の仕方は正式に決まっているわけではなく、企業によって変わることもあります。

Q:未経験からエンジニアになれるってほんと?

米田さん

米田さん

もちろん、なれはしますよ。みんな難しいと思い込みすぎなんです。たとえば「未経験から営業職になれますか?」なんて質問はしないでしょう。

ただ、トップエンジニアになれるかは別の話。トップセールスになれるかどうかは、その人次第なのと一緒です。

新しいプログラミング言語やツールを生み出すようなトップエンジニアは、日本中を探してもそうそういません。

ほとんどのエンジニアは、トップエンジニアが作った言語を使うだけ。ちゃんと勉強をしたら誰でもなれますよ

Q:プログラミングはどうやって勉強すればいいの?

米田さん

米田さん

まず、独学は時間がかかるのでおすすめしません。習えば3週間で習得できることに1年かけてしまうようなこともざらにあります。

特に20代なら、多少はお金をかけてでもすぐに身につけることを優先したほうがいいと思います。

おすすめのパターンは2つ。まず1つは未経験でも教えてくれる企業へ転職すること

エンジニアを欲してる企業が多い昨今は、選り好みさえしなければいくらでも就職先はありますよ。

もう1つは、「CodeCamp(コードキャンプ)」や「TECH::EXPERT(テックエキスパート)」などのプログラミングスクールへ通うことです。

スクールに行けば、技術の習得はもちろん、就職サポートまでしてもらえるので、こちらも手っ取り早くエンジニアになれるはずです。

Q:未経験でエンジニアになれるのは何歳まで?

米田さん

米田さん

どのプログラミングスクールも、20代のうちに受講することを推奨しています。ほかの転職と一緒で、30代だとどうしても不利になってしまうからです。

30代以降の方は、エンジニアになることを目指すのではなく、“今まで築いたキャリアとの掛け算”を考えましょう。

たとえば、現職がマーケターであれば、プログラミングを身につけて分析力を強化し、データサイエンティストになるとか。

自分の技術×プログラミングのほうが絶対に活躍できます

30代はエンジニアという言葉にとらわれすぎないほうが、希少価値の高い人材になれるでしょう。

Q:初心者におすすめのプログラミング言語はどれ?

米田さん

米田さん

最初に学ぶ言語を選ぶ際は、需要がどれぐらいあるかを考慮しましょう。

どの企業もWebサイトは作成するので、サイトづくりに使える「PHP」「JavaScript」「HTML」「CSS」の4つは外せませんね。

一方、メジャーな言語の1つである「Java」は、最初は避けたほうがいいです。難しいうえに新規の需要はあまりないんですよ。必要とされるのは大きいシステムだけですから。
エンジニアの転職についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事もチェックしてみてください。
「未経験からエンジニアへ転職」ってムリじゃない?プログラミング学習のプロに聞いた|新R25

「未経験からエンジニアへ転職」ってムリじゃない?プログラミング学習のプロに聞いた|新R25

未経験からエンジニアへの転職については、こちらの記事で詳しく解説しています。
初心者がプログラミングを独学するのはNG!? プロにおすすめの言語や最短学習法を聞いた|新R25

初心者がプログラミングを独学するのはNG!? プロにおすすめの言語や最短学習法を聞いた|新R25

プログラミングの学び方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

転職サイトの利用フロー&活用テクニック

転職サイトのよくあるQ&A

Q:転職市場に対する“コロナ”の影響は?

Q:転職サイトと転職エージェントって何が違うの?

Q:転職サイトと転職エージェント、どちらが有利?

Q:転職サイトは登録するだけでもOK?

Q:転職サイトに登録すると今の会社にバレる?

Q:スカウト機能は“使える”の?

Q:転職サイトの更新日って大事なの?

Q:転職活動の途中で退会してもいいの?

黒田さん

黒田さん

もちろん大丈夫です。設定ページからいつでも退会できますので、使ってみて合わないと感じた場合や、不要になった場合は気軽に退会しましょう

ちなみに、一度退会したサービスの再登録もできますが、過去の会員情報は消えてしまうのでご注意を。

Q:転職エージェントとは何なのか知りたい

Q:転職エージェントのうまい活用法が知りたい

Q:企業口コミサイトはどう使うべき?

最後に、エンジニアにおすすめの転職サイト&転職エージェントをまとめてご紹介。気になるサービスにいくつか登録すると、理想の転職・就職が実現できるかもしれません。
種別おすすめのサービス名ユーザー満足度
総合型
エージェント
92%相談する
総合型
エージェント
89%相談する
総合型
サイト
93%サイトを
見る
総合型
サイト
92%サイトを
見る
総合型
エージェント・
サイト一体型
89%サイトを
見る
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
エージェント
83%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
サイト
91%サイトを
見る
ハイクラス向け
エージェント
85%相談する
ハイクラス向け
サイト
89%サイトを
見る
ハイクラス向け
サイト
85%サイトを
見る
ハイクラス向け
サイト
85%サイトを
見る
〈文=森かおる(@orca_tweet1) 取材・編集=石川みく(@newfang298)〉

精通者たちの詳細プロフィール

【黒田真行(くろだ・まさゆき)】1988年、リクルート入社。2006年から2013年まで「リクナビNEXT」編集長、その後「リクルートエージェント」ネットマーケティング企画部長、「リクルートメディカルキャリア」取締役などを歴任。2014年、ルーセントドアーズ株式会社を設立し、35歳以上のミドル世代を対象とした転職支援サービス「CareerRelease40」を運営。著書に『転職に向いている人転職してはいけない人』(日本経済新聞出版社)、『40歳からの「転職格差」まだ間に合う人、もう手遅れな人』(PHPビジネス新書)がある
【松本利明(まつもと・としあき)】人事・戦略コンサルタント。大手外資系コンサルティングファームに24年勤務しプリンシパル(部長級)を経験。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上。HR総研の客員研究員も務めている。著書に5万人のリストラと6500名以上のリーダーの選抜と育成をした人の「目利き」。『「いつでも転職できる」を武器にする』(KADOKAWA)『稼げる人稼げない人の習慣』(日経新聞出版社)などベストセラー多数。BBC、TBS、日本経済新聞、東洋経済などメディア実績多数

オススメ転職サービス

リクルートエージェント
POINT!
  • ・業界No.1の求人数
  • ・ぐいぐい導いてくれる推進力が魅力
  • ・視野を広げたい人にぴったり
マイナビエージェント
POINT!
  • ・独自調査で満足度No.1
  • ・20代に信頼されてる転職エージェント
  • ・親身に話を聞いてくれるアドバイザーが多い
doda
POINT!
  • ・国内最大級の求人数
  • ・サイト/エージェントのいいとこどりができる

この記事をシェア

オススメサービス5選