ライフステージの変化にはどう備える?

【女性向け】おすすめ転職エージェント16選。1128人の利用者とプロが高く評価したサービスだけを厳選

キャリア
新R25は堀江貴文さんキングコング西野さんなど、各界で活躍されている方々への取材を重ね、ビジネスパーソンに役立つ情報を提供しています。

そんな新R25が、転職エージェントの実態に精通した方々にご協力いただき「新R25キャリア総研」として、実際に利用したことのある約1000人を対象におすすめの転職エージェントについて調査しました
今回は多様な転職エージェントのうち、調査結果をふまえて、女性に特におすすめのものを厳選してご紹介します

調査に協力してくださったのはこちらの2名。
小林さん

小林さん

人材コンサルタントの小林です。法律系人材を取り扱う外資系ヘッドハント会社を経て、人材紹介事業をおこなう会社を設立しました。

2013年から厚労省認定の講師として、人材紹介事業者に対する法定講習を2500社以上に対しおこなっています

転職希望者や転職エージェント、人事とのやりとりをベースに、私の利用経験もふまえてお話します。
松本さん

松本さん

人事・戦略コンサルタントの松本です。

アクセンチュアなどの大手外資系コンサルティング会社に24年勤めて、プリンシパル(部長級)を経て現職に至ります。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上です

さまざまな企業の人事とのつながりがあるので、企業側からの意見をふまえてコメントをします。
※詳細プロフィールは記事の下部に記載しています。
お二方には、おすすめの転職エージェントについてだけではなく、選び方や登録する際の注意点、女性の転職を成功させるコツについても教えていただきました。

〈聞き手=石川みく(新R25編集部)〉

目次

1

転職エージェントは複数登録して、アドバイザーを見て厳選しよう

2

【1128人が評価】女性におすすめの転職エージェントはこれ

3

【1128人が評価】女性におすすめの総合型転職エージェントはこれ

特定のサービスについて知りたい方はこちら

4

【1128人が評価】女性におすすめの特化型転職エージェント

5

女性に特化した転職エージェント

LiBzPARTNERS:女性のキャリアに精通した外部アドバイザーに相談できる

type女性の転職エージェント:女性にうれしい「メイクアップサービス」も

6

ハイクラス転職を目指す女性におすすめの転職エージェント

7

IT/Web業界・エンジニアを目指す女性におすすめの転職エージェント

8

その他の職種/業種への転職におすすめの転職エージェント

9

地域別のおすすめ転職エージェント

10

転職エージェントのよくあるQ&A

Q:転職市場に対する“コロナ”の影響は?

Q:転職エージェントの仕組みはどうなっているの?

Q:登録したらすぐ求人案件を紹介される? すぐ転職するつもりはなくてもいいの?

Q:転職が成功しやすくなる使い方は?

Q:転職サイトと転職エージェントの違いは?

Q:転職エージェントの利用にデメリットはないの?

Q:転職エージェントのうまい活用法が知りたい

Q:おすすめの転職サイトは?

11

女性が“理想の転職”を叶えるためのテクニック

転職先選びの失敗を防ぐためには「ファクトの深掘り」が必須

育休や時短勤務を望む場合は、アドバイザーへ事前に伝えよう

精通者たちの詳細プロフィール

転職エージェントは複数登録して、アドバイザーを見て厳選しよう

石川

石川

転職エージェントってたくさんありますよね。どうやって選べばいいんですか?
松本さん

松本さん

そもそも転職エージェントは、登録前の段階ではそれほど絞り込まないことをおすすめします

まず、転職エージェントは無料で使えるのでたくさん登録しても損がないというのが理由のひとつ。そして何より、担当アドバイザーが成否を分けるからです。

特にはじめての転職の場合、最初に会ったアドバイザーだけが正解だと思い込み、勧められるがままに企業にエントリーしてしまい、結果失敗したという話もよく聞きます。
石川

石川

そうならないよう、いろんなアドバイザーに会ってみる必要があるんですね。
松本さん

松本さん

はい。相性などを相対的に比較できるので、まずは複数のサービスに登録してから厳選するのがおすすめです。

なかでも、網羅的に求人案件を抱えている“総合型”と呼ばれている転職エージェントは登録必須。

さらに転職の希望が明確なら、特定の業界・職種に強い“特化型”の転職エージェントを併用するのがおすすめです。
実際に複数の転職エージェントを利用したことがある人に、アンケートをとりました。(サンプル数:807人)
石川

石川

ちなみに、女性向けの転職エージェントもあるんでしょうか?
松本さん

松本さん

ありますよ。女性ならではのライフプランや、キャリアの悩みに精通したアドバイザーが多く在籍しています。

友人や同僚には話しづらいことも相談できるので、今後のキャリアプランに不安がある方は積極的に活用しましょう。

【1128人が評価】女性におすすめの転職エージェントはこれ

【調査概要】

・調査期間
2020/03/30〜2020/04/01
2020/04/02〜2020/04/06

・サンプル数
1128人(554+574)

・調査対象者
性別:指定なし
年齢:20〜39歳
地域:全国
条件:転職エージェントを利用したことがある人
網羅的に求人案件を抱えている「総合型」と、特定の業界・職種に強い「特化型」にわけて、それぞれのおすすめをご紹介します。

【1128人が評価】女性におすすめの総合型転職エージェントはこれ

小林さん

小林さん

正直なところ、総合型は大手であれば抱えている求人案件が似ているので、どれもそれほど大きく変わりません。

なのであまり考えすぎずにいくつか登録して、アドバイザーを相対的に比較するのがおすすめです。
松本さん

松本さん

あえていうなら、社風はアドバイザーの個性にも影響しているかもしれません。

なので一般論として「どういうアドバイザーが多いか」は頭の片隅に入れておくといいでしょう。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型86%相談
する
総合型92%相談
する
総合型89%相談
する
総合型83%相談
する
厳選はNG!?1128人が選ぶおすすめ転職エージェント&プロが語る選び方|新R25転職

厳選はNG!?1128人が選ぶおすすめ転職エージェント&プロが語る選び方|新R25転職

総合型の転職エージェントについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

特定のサービスについて知りたい方はこちら

マイナビエージェントの評判を“転職のプロ”が分析。1128人の利用者による評価も掲載|新R25転職

マイナビエージェントの評判を“転職のプロ”が分析。1128人の利用者による評価も掲載|新R25転職

マイナビエージェントの詳細については、こちらの記事でも解説しています。
リクルートエージェントの評判を“転職のプロ”が分析。1128人の利用者による評価も掲載|新R25転職

リクルートエージェントの評判を“転職のプロ”が分析。1128人の利用者による評価も掲載|新R25転職

リクルートエージェントについてはこちらの記事でも解説しています。

【1128人が評価】女性におすすめの特化型転職エージェント

ここからは、「女性向け」をはじめとした特化型エージェントを厳選してご紹介。あなたのキャリアプランに合いそうな転職エージェントを探してみてください!
松本さん

松本さん

女性向けの転職エージェントは、事務職販売職などの女性に人気の職種に強みがあることが多く、女性ならではの悩みにも寄り添ってもらえます。

一方で、扱っている職種に偏りがあるケースも。もし行きたい業界が決まっている場合は、その業界に強い特化型エージェントも検討しましょう

女性に特化した転職エージェント

種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
女性向け86%相談
する
女性向け-相談
する

LiBzPARTNERS:女性のキャリアに精通した外部アドバイザーに相談できる

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社リブズパートナーズ
求人数:非公開
※「ユーザー満足度」とは「求人の満足度」「アドバイザーの対応力」「その他サポートの充実度」に対する満足度の平均値です
【代表的な利用者の評判】
茨城県/32歳/女性/年収500~599万円:
担当者が優秀な方で、詳しく説明してくださり安心して任せられました。
松本さん

松本さん

女性のキャリアに精通した外部アドバイザーが面談し、求人案件を紹介してくれる仕組みが特徴。

忙しい女性の生活に寄り添っており、来社は不要。電話でのキャリアカウンセリングを積極的に受けてくれます。

キャリアアップしたい時期、育児からの社会復帰など「モードチェンジ転職」が叶うことをアピールしているので、女性ならではの要望を汲んだ求人案件の提案が期待できます。
小林さん

小林さん

女性はライフイベントに応じて、転職に対する要望が大きく変わります。結婚・出産などを控えている方は特に、LiBzPARTNERSなどの女性に特化した転職エージェントを頼ると心強いと思います。

一般的な転職エージェントには受け入れてもらいづらい女性の要望にも寄り添ってくれるはずなので、そういうサポートを望む人には向いているでしょう。

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

type女性の転職エージェント:女性にうれしい「メイクアップサービス」も

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
運営会社:株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数:約8000件
※2020年5月19日時点の公式サイトより
松本さん

松本さん

特に販売職、サービス職に強い転職エージェント。首都圏の求人案件が多く、東京で転職を考えている女性にぴったりです。アドバイザーも女性が多いので、気負わずに相談できると思います。

姉妹サービス「女の転職type」が企画・運営する「女の転職イベント」は、女性向けのなかでは最大級のイベント。あわせてチェックするのがおすすめです。

【無料】3分で登録完了

詳細を公式サイトで見る

ハイクラス転職を目指す女性におすすめの転職エージェント

種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
ハイクラス向け89%相談
する
ハイクラス向け85%相談
する
JACリクルートメントの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

JACリクルートメントの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

JACリクルートメントについては、こちらの記事でも解説しています。

IT/Web業界・エンジニアを目指す女性におすすめの転職エージェント

種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
IT/Web業界・
エンジニア向け
87%相談
する
IT/Web業界・
エンジニア向け
83%相談
する
レバテックキャリアの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

レバテックキャリアの評判は? 1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

レバテックキャリアについては、こちらの記事でも解説しています。
type転職エージェントの評判は?1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

type転職エージェントの評判は?1128人へのガチ調査をもとに、業界のプロ達が特徴を解説|新R25転職

type転職エージェントについては、こちらの記事でも解説しています。

その他の職種/業種への転職におすすめの転職エージェント

その他の職種/業種への転職を希望される方は、下記の記事をご覧ください。

地域別のおすすめ転職エージェント

新R25キャリア総研が独自の調査のもと、都道府県別におすすめのサービスを厳選しました。気になる方は記事をご覧ください。

転職エージェントのよくあるQ&A

Q:転職市場に対する“コロナ”の影響は?

Q:転職エージェントの仕組みはどうなっているの?

Q:登録したらすぐ求人案件を紹介される? すぐ転職するつもりはなくてもいいの?

Q:転職が成功しやすくなる使い方は?

Q:転職サイトと転職エージェントの違いは?

Q:転職エージェントの利用にデメリットはないの?

Q:転職エージェントのうまい活用法が知りたい

Q:おすすめの転職サイトは?

新R25では、1163人の転職サイト利用者に調査をおこないました。その結果、利用者の満足度が特に高かったサービスのみを厳選してご紹介します。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型
サイト
93%サイトを
見る
総合型
サイト
92%サイトを
見る
総合型
サイト・
エージェント
一体型
83%サイトを
見る

女性が“理想の転職”を叶えるためのテクニック

転職先選びの失敗を防ぐためには「ファクトの深掘り」が必須

石川

石川

女性が活躍できる転職先を選ぶために、面接でどんなことを聞けばいいんでしょうか?

社内の男女比率」「女性管理職の割合」「産休・育休後の復帰率」などは確認しておいたほうがいいってよく聞きますが…
松本さん

松本さん

間違ってはないですが、もう一段階ぐらい深掘りして聞いたほうがいいですね。

たとえば、「男女比率」だけでなく「年代ごとの男女比率」を聞いてみましょう。全体の男女比が半々だとしても、実は女性は未婚の20代がほとんどで、結婚・出産を経験した30代以上は退職を余儀なくされている…なんてケースもありえます。
石川

石川

そんな…! ひとつのデータからはなかなか実態が判断しづらいんですね。
松本さん

松本さん

あとは、産休・育休後の復帰率も一緒です。復帰率は高くても、その後の退職率が高いかもしれない。復帰しても退職せざるをえない文化の企業は結構ありますから。

ざっくりしたデータだけで満足せず、できるだけリアルな内情を捉えるように意識しましょう

育休や時短勤務を望む場合は、アドバイザーへ事前に伝えよう

石川

石川

女性の場合、ライフステージの変化がありますよね。「育休を取りたい」「時短勤務したい」などの要望は、どうやって伝えればいいんでしょうか?
松本さん

松本さん

選考が進んでから“後出しじゃんけん”のように伝えるのは、得策ではありません。

アドバイザーとの面談の段階で正直に伝え、該当する条件でOKな企業を紹介してもらうのが一番です。
石川

石川

そういうときに、女性専門の転職エージェントが頼りになりそうですね!
松本さん

松本さん

とはいえ、育休明け・時短勤務の社員の昇進が難しい企業なんかもまだまだ多くあります。この辺の情報も、アドバイザーから仕入れたうえで転職先を選びましょう。

合わせてOpenWorkなどの口コミサイトで、女性のレビューを見るのもおすすめです。
最後に、女性ににおすすめの転職エージェントをおさらい! 気になる転職エージェントにいくつか登録すると、理想の転職が実現できるかもしれません。
種別おすすめの
サービス名
ユーザー
満足度
総合型86%相談する
総合型92%相談する
総合型89%相談する
総合型83%相談する
女性向け86%相談する
女性向け-相談する
ハイクラス向け89%相談する
ハイクラス向け85%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
87%相談する
IT/Web業界・
エンジニア向け
83%相談する
広告・
マスコミ業界向け
70%相談する
管理部門・士業向け70%相談する
金融業界向け87%相談する
外資系向け87%相談する
アパレル業界向け87%相談する
飲食業界向け87%相談する
〈取材・文=石川みく(@newfang298)/ 編集=葛上洋平(@s1greg0k0t1)〉

精通者たちの詳細プロフィール

【松本利明(まつもと・としあき)】人事・戦略コンサルタント。大手外資系コンサルティングファームに24年勤務しプリンシパル(部長級)を経験。人材マネジメントの支援をした企業は600社以上。日本人材マネジメント協会(JSHRM)執行役員も務めている。著書に5万人のリストラと6500名以上のリーダーの選抜と育成をした人の「目利き」。『「いつでも転職できる」を武器にする』(KADOKAWA)『稼げる人稼げない人の習慣』(日経新聞出版社)などベストセラー多数。BBC、TBS、日経新聞、東洋経済などメディア実績多数
【小林毅(こばやし・たけし)】人材コンサルタント。外資系ヘッドハント会社を経て、2010年にホライズン・コンサルティング株式会社を設立。法務系人材を中心に約11年、延べ4400人の相談、サポートをおこない、日系大手企業、ベンチャー企業、外資系企業の採用支援にも従事。2013年より厚労省認定「職業紹介責任者講習」講師として、人材紹介事業者に対する法定講習を延べ2000社に対しおこない、不健全と言われる人材業界全体のボトムアップに尽力している。著書に『転職大全』(朝日新聞出版)、『成功する転職「5%」の法則』(自由国民社)がある

オススメ転職サービス

リクルートエージェント
POINT!
  • ・業界No.1の求人数
  • ・ぐいぐい導いてくれる推進力が魅力
  • ・視野を広げたい人にぴったり
マイナビエージェント
POINT!
  • ・独自調査で満足度No.1
  • ・20代に信頼されてる転職エージェント
  • ・親身に話を聞いてくれるアドバイザーが多い
doda
POINT!
  • ・国内最大級の求人数
  • ・サイト/エージェントのいいとこどりができる

この記事をシェア

オススメサービス5選